件数統計 読込エラー===select * from homonkensu where kubun='No1'TOTOわいふぁい TOTOワイファイ なんでも投稿
「なんでも投稿」一覧表
投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。
なんでも投稿の一覧です。この画面では検索機能や並べ替え機能はありません。
写真やコメントも含めてご覧になりたいときは タイトルの横にある「投稿番号」をクリックしてください。

   ホーム

  対象158件  [1/4] 
1 2017年11月09日11時20分  投稿者:織田寧人
タイトル:久しぶりに遠出してきました     投稿番号 194011_00
 久しぶりに遠出してきました。最遠地は横須賀です。 
横須賀から九州へ戻る形で、信州を中心に8日間の旅でした。 
旅の疲れが取れないうちに、先週の土曜日は小学生の孫娘二人といっしょに英彦山へ登りました。 
添付は、長野県池田町大峰高原で撮影した七色大カエデです。 
 
話は変わりますが、3年前に買ったパソコンの動きが悪くて困っていました。 
メモリーは8GBなのですが、1万円投資して16GBにメモリーを増設しましたら、動きが快適になりました。 
 
 
2 2017年11月05日15時44分  投稿者:清末義和
タイトル:八幡製鉄所見学他 JRウォーク戸畑駅 2017/11/03     投稿番号 864276_00
 八幡製鉄所高炉等見学と牧山海岸ウォークにでかけました。 
コースは戸畑駅を9:00頃スタートして八幡製鉄所高炉、戸畑ポンプ場、ニッスイパイオニア館等見学、牧山海岸散策してゴールの戸畑駅へ。ウォーク距離6km 
 
3 2017年10月19日14時40分  投稿者:織田寧人
タイトル:旅する蝶アサギマダラ     投稿番号 391620_00
 今年は、小倉南区の農事センター、下関市の東行庵、山陽小野田市の花の海、3か所に行きました。 
下関市と山陽小野田市は飛来数が少なくてダメでした。農事センターが一番でした。 
ここをクリックすると http://blowinthewind.net/digitalshot/shot135-asagimadara.html にリンク 
4 2017年10月16日17時25分  投稿者:清末義和
タイトル:JR小倉総合車両センター見学     投稿番号 142343_00
 2017/10/15 JRウォーキング小倉駅→南小倉駅に参加しました。 
途中JR小倉総合車両センターの工場まつりを観覧しました 
。当日は終日小雨の天気でしたが、完歩できました。 
アルバムhttps://photos.app.goo.gl/OyfKDzQjeWavg6kA3 
(chrome:URLをドラッグして右クリックでリンク可) 
5 2017年10月10日21時07分  投稿者:清末義和
タイトル:黒崎一夜城     投稿番号 637262_00
  作10月9日、JR九州ウォーキングに参加して黒崎一夜城を見学してきました。 
毎年秋に行われる筑前黒崎宿場まつりに合わせてこの黒崎一夜城が城山緑地公園 
に作成されるようです。一夜城の由来は秀吉が小田原征伐時一夜にして石垣城を 
構築した故事等に由来するようです。 
 
6 2017年10月09日15時09分  投稿者:小山 榮
タイトル:横代神楽     投稿番号 529377_00
 昨夕近くの高倉神社の神楽を見てきました。徒歩でほぼ八千歩の夜道の往復でした。祭りといっても近所の人達のみで行っているようで道路には人の気配はありません。境内に入るまで日を間違えたのではないかと心配になったほどです。神楽は先月の合馬に続いて二度目である。前回失敗したホワイトバランスの設定を織田さんにガイドいただいたオートと色温度3000度で撮影しました。どちらも同じように撮れました。どうも前回は晴天に設定していたように思われます。 
神楽舞の出し物はほぼ同じです。ただ、衣装が少し地味なのと、踊り手が高齢者で合馬に比べると動きが少なく迫力に欠けていたように思います。豊前神楽の一つとして県指定無形民俗文化財(昭和43年2月3日)として指定されていますが、平成28年3月に国指定重要無形民俗文化財にも登録されています。伝統はこちらの方が勝ります。 
7 2017年10月01日11時09分  投稿者:清末義和
タイトル:曽根のいいとこ満喫ウォーキング     投稿番号 823774_00
 織田さん、小山さん、いい写真を御撮りですね。涼しくなりましたので 
2017/09/30JRウォーキング下曽根駅に参加しました。コースは下曽根駅をスタートし、 
曽根海岸を経由して朽網駅がゴールの距離約6.5kmのコースです。途中、歴史ある醤油店、 
バードウォッチ、兜蟹自慢館、スィーツの店、漬物店等に立ち寄りました。 
アルバムここをクリックすると http://www.geocities.jp/barrel8888/sone170930.html にリンク 
8 2017年09月29日17時27分  投稿者:小山 榮
タイトル:呼野近辺を調べてきました。     投稿番号 673646_00
 織田さんの彼岸花の写真と同じものが撮りたくて、今年はだめでも来年はと思い、JA東谷支店(石原町駅の前)にレンタル菜園用の籾殻を買いに行ったついでに呼野近辺を探してみました。たぶん、お聞きしても自分で調べておかないと簡単には見つからないと思ったのと近くまで行ったついでの事前調査のつもりです。ところどころ数本単位で彼岸花は残っていましたが、撮り込むのは難しい状態でした。代わりに、民家の隣の空地にコスモスが咲いていましたので、この花を入れてみました。どれもいまいちですが、今回は織田さんの彼岸花の写真の場所を確認させていただきたくてアップしました。 
9 2017年09月25日19時39分  投稿者:織田寧人
タイトル:彼岸花     投稿番号 335974_00
 毎年、秋分の日が近づくと彼岸花が気になり始めます。 
去年はこの時期、体調不良で撮影に出かけられませんでしたが、今年は彼岸花を見ることができました。 
日田彦山線沿いで撮影した2枚を添付します。 
10 2017年09月11日13時03分  投稿者:小山 榮
タイトル:合馬の神楽     投稿番号 102582_00
 リビング北九州で紹介されていた「合馬神楽」を鑑賞してきました。昭和53年に市の「無形民俗文化財」に指定されています。一時中断していたものを京都郡系の神楽から伝授を受け復活したということで、豊前神楽の流れを継承しています。4つの演目があり、鯛釣は鯛を吊り上げる仕草を舞いますが、腰に下げた魚籠からお菓子を撒きます。子供たちにとって一番の人気演目です。山の中の小さな舞台の踊りですから、あまり混まずゆっくり堪能できます。私も含めて「祭りの写真の撮り方を練習」にきたシルバーの仲間が地元の人達に数名加わった感じでした。写真は動きが激しくフラッシュも迷惑になるということで焚けず添付写真のような出来栄えです。ホワイトバランスの設定もしわすれ電灯の色になりました。 
11 2017年08月31日15時25分  投稿者:小山 榮
タイトル:ようやく夏も終わりが見えてきました     投稿番号 160727_00
 さすがに8月も末になってくると朝夕はだいぶ涼しくなってきました。日中もかなりしのぎやすくなりましたので、ちょっと出かけてきました。もう花は終わっているだろうと覚悟のうえで、他に手ごろなところを思いつかず、稲童と畑冷泉の蓮沼に写真を撮りに行ってきました。予想に反し蓮の花は沼いっぱいに咲いていました。 
12 2017年08月04日10時46分  投稿者:織田寧人
タイトル:貴船神社夏祭り     投稿番号 811190_00
 ごぶさたしています。 
連日35度超えの暑さで、撮影に出かける回数が激減しています。 
そんな中、山口県周南市の貴船神社夏祭りに行ってきました。 
2015年は台風の接近で中止になり、2016年は体調不良で行けませんでした。 
ここをクリックすると http://blowinthewind.net/digitalshot/shot134-kifunejinjya.html にリンク 
13 2017年08月02日21時43分  投稿者:清末義和
タイトル:海水浴場     投稿番号 677799_00
                    猛暑が続いておりますが、小山さんお元気でなによりですね。 
                   私は夏の日中は出掛けることはありませんが。昨年夏はイタリアへ旅行しました。 
                   写真はイタリア南部アマルフィ海岸の海水浴場の風景です。 
                   2016年8月30日(火)午後3時(現地時間)、当日の最高気温31度。 
 
14 2017年08月01日16時38分  投稿者:小山 榮
タイトル:菅生の滝     投稿番号 573098_00
 暑中お見舞い申し上げます。 
この時期暑すぎて出かけるのは買い物ぐらいになりますが、梅雨明け直後の比較的水量の多いタイミングを見計らって菅生の滝を撮りにいってきました。菅生の滝は周辺の地蔵さまや滝を横切るケーブルなど写真にすると気になる障害物がいくつかありクラブでは人気のない場所です。今回は、夏休みの始まる直前でまだ子供たちの出番前であり、梅雨明け直後で水量も多めが期待できると思い午前中早めに行ってきました。珍しく三段の滝が撮れました。その後で下流の沢にも降りてみました。今話題のヤマカガシが目の前の流れを向こう岸に向かって逃げて行きました。ヤマカガシは地域により色や柄が違うようですが、赤と黒のまだら模様でした。いたずらしなければ襲ってくることはないようです。 
15 2017年06月19日16時42分  投稿者:清末義和
タイトル:JR若松ウォーク 2017/06/18     投稿番号 858154_00
 若松南海岸通りの大正期の建造物を散策しながら、石炭産業最盛期の史料館を見学し、県内でも有数のあ じさいが咲きほこる高塔山山頂へ。山頂から、若戸大橋、北九州市を一望して若松駅へ向かうコースです。 
アルバムここをクリックすると http://www.geocities.jp/barrel8888/wakawalk20170618.html にリンク 
16 2017年06月11日09時17分  投稿者:小山 榮
タイトル:     投稿番号 140221_00
 以前の当コーナーで清末さんが心配されていました「海ポチャ」第一号が10日の北九州市ミクニワールドスタジアムの試合(ギラヴァンツ北九州対ガンバ大阪U-23)で生まれたそうです。GK高橋拓也選手が大きくクリアしたボールでした。このニュースを見てそろそろ観戦に行こうかという気になっています。 
清末さんと織田さんの「団塊世代のアクティブシニア」を凌ぐ行動力にいつもながら感服しております。私は、最近カメラを織田さんから以前推奨いただいていたEOS7D-MK2に替えました。発売当初の半値程度になってきたのと10年前の機種ではさすがに質の見劣りが目立ってきたのでようやく決断しました。6Dの新機種が噂になっていますので発売を待っていたのですが、待ちきれなくなったのも理由の一つです。現在、なんでも撮って使いこなせるようになろうと奮闘中です。 
大きめのサイズの写真は ここをクリックすると http://www.toto-wifi.info/largesize/komayuri.html にリンク 
17 2017年06月09日13時04分  投稿者:織田寧人
タイトル:梅雨に入りました。5月よりも涼しいですね。     投稿番号 981064_00
 ご無沙汰しています。 
清末さんが行かれているJRウォークは人気があるようですね。 
 
5月中旬に高野山への街道を歩いてきました。 
麓にある南海高野線の学文路駅付近から高野山の入口にある女人堂まで高野街道を6時間、 
女人堂から奥の院前まで高野山女人道を3時間、合計9時間かかりました。 
今回は2時間おきくらいにアミノ酸(商品名アミノバイタル)を補給した効果があったのか、 
あまり疲れが残りませんでした。 
ここをクリックすると http://blowinthewind.net/kaido/koyasan/koyakaido1.htm にリンク 
18 2017年06月04日23時11分  投稿者:清末義和
タイトル:めがね橋、棚田、湧水の里山をウォーク JRウォーク東峰村(宝珠山駅→筑前岩屋駅)2017/6/3     投稿番号 585487_00
 東峰村は平成の大合併で宝珠山村と小石原村が合併した村である。人口約2000人。 
九州で唯一県境がホームを通る宝珠山駅をスタートし、宝珠山炭坑の社交クラブを移築したいぶき館、めがね橋 を経由して“ほたる祭”会場の棚田親水公園へ。お祭りとホタル観賞を楽しみながらゴールするコースです。ウォーク受付は15:30-18:30。ゴール受付は21:00まで 
今回のウォークの前にNHKBSプレミアム放映の「JR九州各駅車窓旅」を見た。東峰村部分を撮影し動画にした。https://youtu.be/lMLdQlq39Zc 
アルバムここをクリックすると http://www.geocities.jp/barrel8888/tohowalk170603.html にリンク  
 
19 2017年05月22日12時05分  投稿者:清末義和
タイトル:少年の頃の思い出の地を歩く。JRウォーク大分     投稿番号 422315_00
 今回のウォークは大分市の上野丘陵(うえのきゅうりょう)が含まれていた。同地区は大分駅の南方にあり実家があった地区である。ここで戦中・戦後の18年を過ごした。 
今は父母は死去、兄弟は地元を離れており無縁の地区となったが、少年時代の想い出深い地区なのでウォークに参加した。 
ウォークコースは 
大分駅→城址公園→遊歩公園→(上野丘陵地区へ入る)→若宮八幡宮→(実家跡地)→大臣塚→上原館→宝戒寺→大分市美術館→(上野丘陵地区を出る)→いこいの道広場→大分駅。ウォーク距離9km。 
城址公園、遊歩公園はスキップした。 
ウォークは午前9時に始まり午後2時に終わった。 
 
アルバムhttps://goo.gl/photos/EYrnSofcMibaxQfL7  
20 2017年05月06日00時07分  投稿者:清末義和
タイトル:秋吉 晃さん 創元展へ出展     投稿番号 996825_00
 会期 6月1日~6月6日 
 
   時間 10時 ~ 20時 但し最終日は 18時まで 
 
   場所 福岡アジア美術館 (福岡市下川端町 リバレインセンタービル 7階) 
 
秋吉さんは、創元会の正会員(会員717名)。創元会は1940年創設。油絵を中心とする作品作りに邁進し、芸術文化振興に寄与する団体。 
 
参考サイト(秋吉晃スケッチ画) 
中国ここをクリックすると http://www.asahi-net.or.jp/~KX2Y-KYSE/tansai/hikaru-1.htm にリンク 
スイスここをクリックすると http://www.ne.jp/asahi/kiyosue/jp6fuw/suisu/index.htm にリンク 
 
 
21 2017年04月21日10時27分  投稿者:小山 榮
タイトル:南小国前原の一本桜     投稿番号 738029_00
 織田さんのHPでも拝見していましたが、一昨年フォトクラブの先輩が訪れて素晴らしい写真を撮られていたので行ってみたいと思っていました。今年は開花が遅く18日ごろ満開になりそうとのネット情報があり、天気は17日は雨、18日より晴れの予報でしたので急遽出かけることにしました。早朝の写真が良かったので、南小国近辺のホテルを探したところ黒川温泉が近いこともあり泊まれればよいという要望に応じてくれるホテルはありませんでした。あきらめずに探したところ「森のコテージ」を見つけました。素泊まりですが安く上がりました。ただ、平日で花の季節も終わりですので黒川や瀬の本近辺のレストランや食堂は昼のみ営業で夜は閉店でした。南小国まで出るのも面倒なのでコンビニ弁当で済ませました。賞味時間切れが近かったようで半額にしてくれました。 
では、本来の前原の一本桜の様子です。駐車場から見ると2分咲き?と思わせるような枝の色が目立つ感じでした。まだ、早かったのかと半分あきらめの気持ちになりました。ところが、近づいてみると咲いている枝は満開でした。花や葉がついている枝が少ないのです。樹勢がかなり衰えていました。さほど樹齢のある木ではありませんので、虫害か最近の猛暑で弱ったのかも知れません。そのうえ、農場の中にポツンとあり個人所有ですので手入れも難しいのだろうと察します。残念でしたが、桜が元気になるまで待ちたいと思います。結局、一本桜の朝の訪問はやめて滝巡りをしてきました。 
22 2017年04月10日21時46分  投稿者:清末義和
タイトル:維新海峡ウォークと桜 2017/04/09     投稿番号 828385_00
 維新海峡ウォークには過去数回参加したことがある。ここ10年程は参加していない。80を過ぎ、脚力も落ち全行程26~28km無理だとは思ったが歩けるだけ歩いて見ようとの思いで今回参加した。このウォークは高杉晋作と騎兵隊を記念として行われるものでコースは晋作の墓がある東行庵(下関市吉田)をスタートし、王喜、小月、清末、王司、長府、みもすそ川を経由してシーモール下関、または門司港駅をゴールとするものである。ウォークといえば年配者が多いが、このウォークは若年層が多い。当日の天気は霧雨まじりの曇天だったが、雨具を使うことはなかった。午前9時半に吉田小学校をスタートしゴールの門司港西海岸には午後4時半に到着した。途中王司→長府、長府→みもすそ川はバス乗車。歩行距離は約16kmだった。いずれの桜は満開だった。 
アルバムここをクリックすると http://www.geocities.jp/barrel8888/kaikyowalk170409.html にリンク 
23 2017年04月07日20時57分  投稿者:小山 榮
タイトル:草場川の桜     投稿番号 566277_00
 久しぶりの投稿です。 
近くの桜が八分咲きになりましたので、そろそろ良いのではと思い「織田さんがHPで紹介されている筑前町の草場川の桜」を見てきました。土日は混みますし、月曜日は定期検診で予定が入っていますので、天候より開花状況に期待して出掛けました。予報は曇りとなっていましたが、小雨模様でした。桜はちょうど満開で川岸に咲く菜の花と小川のような流れをカメラにおさめながら上流から下流へとぐるりと歩いてきました。万歩計はここだけで8000歩をカウントしていました。 
24 2017年03月16日20時15分  投稿者:織田寧人
タイトル:地下の茶山     投稿番号 662952_00
 OBのみなさん、いろいろ趣味を持たれて楽しんでいるようですね。 
 
先日南九州へ行ってきましたので、小山さんも行かれた延岡市の地下の茶山に立ち寄ってきました。 
狭い道を登って展望所から撮影しました。 
ここをクリックすると http://blowinthewind.net/digitalshot/shot130-dige.html にリンク 
25 2017年03月10日10時10分  投稿者:清末義和
タイトル:TOTO現役・OB、OG作品展(第9回)     投稿番号 108249_00
  三月九日、作品展を観覧した。  
TOTO現役・OB、OG作品展の会場は  
リバーウォーク北九州5F市民ギャラリー 期間は3月9日~14日 
写真、絵画、陶芸、彫刻、ちぎり絵、クラフト 86点展示されていました。  
その内の5点をご紹介します。本人掲載了解済。 
26 2017年02月28日20時58分  投稿者:清末義和
タイトル:飯塚観光ウォーク:嘉穂劇場、歴史資料館、麻生大浦荘     投稿番号 283097_00
 2月25日(土)JRウォーキング新飯塚駅に参加した。コースは新飯塚駅→本町商店街→東町商店街→千鳥屋本店→嘉穂劇場→歴史資料館→麻生大浦荘→新飯塚駅 
コース距離は5km。 
ウォークのアルバムここをクリックすると http://www.geocities.jp/barrel8888/iidukawalk170225.html にリンク 
 
27 2017年02月24日15時42分  投稿者:織田寧人
タイトル:高齢運転者標識(高齢者マーク)     投稿番号 918527_00
 マラソンとは無縁の生活で、たまにテレビで国際女子マラソンを見るくらいです。 
 
ところで、高齢者マークを付けていますか。 
わたしは眼の調子があまりよくないので最近付け始めました。 
添付の画像は私の車の高齢者マークです。 
70歳以上は任意で付けることになっていますが、付けている人の割合は低いのではないでしょうか。 
テレビで高齢者の事故のニュースを見ますが、高齢者マークが付いているのを見たことがありません。 
自分が高齢者であることを自覚するためにも高齢者マークを付けるのは有効かもしれません。 
28 2017年02月20日15時47分  投稿者:清末義和
タイトル:ミクニワールドスタジアム北九州見学他2017/02/19     投稿番号 573265_00
 2月19日(日)小倉駅北口に出掛けた。北九州マラソン観戦、ランラン食フェスティバル参加、そしてミクニワールドスタジアム北九州内覧会参加のためである。 
29 2017年02月15日14時50分  投稿者:織田寧人
タイトル:久しぶりの大雪でした     投稿番号 137803_00
 ご無沙汰しています。 
先週末は久しぶりの大雪でした。2月11日、日田彦山線を志井から彦山まで撮影しました。 
当日の画像を2枚添付させていただきます。 
30 2017年01月29日17時29分  投稿者:清末義和
タイトル:JRウォーク01/28 北九州スタジアム見学(外観)     投稿番号 678561_00
 2017/01/28 JRウォークに参加した。コースは「北九州スタジアム」と歴史ある寺社巡りである。小倉駅をスタートして、西顕寺、北九州スタジアム、あさの汐風公園、紫川大橋、常盤橋、永照寺(大手町)、菅原神社、旦過市場、小倉駅がゴールである。距離8km。当日の天気は快晴で気温も3月並みで快適なウォークであった。 
ウォークの詳細はアルバムここをクリックすると http://www.geocities.jp/barrel8888/kokurawalk170128.htmlをご覧下さい。 にリンク 
 
31 2017年01月12日12時36分  投稿者:織田寧人
タイトル:西日本新聞筑豊版、『青春の門』記事     投稿番号 192205_00
 新聞がようやく送られてきました。 
ここをクリックすると http://blowinthewind.net/haikyo/kawara/kawara2.htm#nishinippon にリンク 
リンクページから拡大画像を見られるようにしています。 
32 2017年01月01日21時53分  投稿者:清末義和
タイトル:謹賀新年2017     投稿番号 275194_00
 年末年始は大分県九重町宝泉寺温泉へ一泊旅行しました。 
年末は九重夢大吊橋を渡りました。 
年始は宇佐神宮を初詣しました。 
33 2016年12月28日08時51分  投稿者:織田寧人
タイトル:2016年も残り少なくなりました。     投稿番号 882665_00
 2016年は体調を崩し受難の年でした。特に桜が終わるころから撮影回数が激減しました。 
2017年は体調の回復を期待したいところですが果たしてどうなりますか。 
 
さて、添付しましたのは1980年に撮影した香春岳・日本セメント香春工場・ボタ山の風景です。 
香春岳は掘削され低くなり、ボタ山は撤去され、セメント工場は2004年に生産を中止しました。 
日本セメントは門司港にもありましたが、2008年暮れには更地になりました。 
ここをクリックすると http://blowinthewind.net/haikyo/nipponsemento/nipponsemento.htm にリンク 
 
日本セメント香春工場はセメントの生産はしていませんが、香春岳からコンベアで送られてきた 
石灰岩をここからトラックで運搬して販売しているようです。 
やがて、必要最小限の設備を残して撤去されるものと思われます。 
ここをクリックすると http://blowinthewind.net/haikyo/kawara/kawara.htm にリンク 
 
余談ですが、西日本新聞が新年号で「青春の門」の特集をするそうで、写真を貸してほしいという依頼 
があり、1974年に撮影した後藤寺線中元寺川橋梁の写真が掲載されることになりました。 
それでは、来年が今年よりもいい年でありますように。 
 
34 2016年12月16日18時57分  投稿者:小山 榮
タイトル:しび着せ祭り     投稿番号 882234_00
 旧豊前の3奇祭のひとつとされている隠蓑のしびきせ祭りを見てきました。地名「隠蓑」について冊子を100円で配布していたので入手してきました。それによると「企救郡誌で隠蓑(かくれみの)」謂れについて次のように説明しています。 
「この村、名書に見えず。福相寺山(丸ケ口城山とも云う)西北の谷間なり。土俗の伝えに昔平家の大将、安徳天皇を守護し、此の村に忍び給いしに、里人、常人ならざる事を知りて、蓑を敷て隠し奉りしに仍て隠蓑村と云う。今、此の村人の土俗、産土神(うぶすながみ)を祭るに村人集まりて、祭主、或は村役の人等は藁をかぶらせ覆いて蒸すを例(しきたり)とす。天皇を藁にて隠せし余波なりとぞ。 
しびきせ祭りは、神主と氏子が安徳天皇御陵の前でお祓いをして、「しび着せ祭り」の会場に神主、親に抱かれた安徳天皇と見立てた幼児、祭りに参列した学童の順に入場し、見せ場の「しび着せ」に続きます。今もされているのかどうかは分りませんが、餅を憑いたり、祭り料理をつくったり、お土産として「餅で作った御クツガタ、ハシ、御ヨウシ゜、網代、安徳天皇を模した新米で作った人形の形のムスピ」をお客に持ち帰らせるとか準備も大変だったようです。 
祭りは、13時から14時までの一時間程度でアマチュアカメラマン待望の「しび着せ」と「藁遊び」は、最後の30分で行われます。しび着せの写真が撮りやすいように180度回りながら披露してくれます。 
観客はほとんどがカメラマンといったところで数十名でした。、今年は雨模様で特別少なかったようです。運良く、しび着せの始まる前まで降っていた雨が児童たちが到着する直前に上がりました。雨が降るとテントの下で行うとのことでした。今回は、雨が上がったので直前に私も協力してテントを移動しました。 
驚いたのは、来客全員にお結び2個とお茶がふるまわれたことです。早めに食事を済ませていったので遠慮しましたが、お構いなしに手渡されました。昔のお祭りでは、お土産を持たせたとあったのでその名残りかもしれません。新米のお結びは持ち帰って食べましたが、大変おいしくいただきました。 
35 2016年12月15日10時21分  投稿者:織田寧人
タイトル:青の洞門     投稿番号 764906_00
 紅葉の季節が終わり、2週間で新年です。 
眼の調子は良かったり悪かったりでままなりません。 
 
先週、院内から耶馬渓をまわってきました。 
近くを何度も通りながら立ち寄ったことがない青の洞門を見てきました。 
耶馬渓も紅葉のピークはすぎていましたが、韓国からの観光客でにぎわっていました。 
ここをクリックすると http://blowinthewind.net/haikyo/aonodomon/aonodomon.htm にリンク 
 
ところで、ブラウザは何を主に使われていますか。 
わたしはchromeとIEを併用していますが、今はchromeを使うことが多いです。 
36 2016年12月03日09時49分  投稿者:小山 榮
タイトル:長府の紅葉     投稿番号 726170_00
 11月28日の清末さんの「白野江植物園の紅葉はまだまだ」とのコメントから長府もまだ大丈夫ではと思い行ってきました。この時期何度も訪れている「長府庭園」「覚苑寺」「功山寺」のコースを巡ってきました。それぞれ違った趣があります。 
37 2016年11月28日00時03分  投稿者:清末義和
タイトル:JR九州ウォーク門司港駅(レトロマラソン、旧桜トンネル通行、白野江植物園紅葉祭)     投稿番号 259008_00
 11月27日(日)門司港駅を出発し、西海岸からレトロマラソンのスタート風景を見て、旧桜トンネルを通り、白野江植物園まで7kmのウォークであった。当日は生憎の雨となったが正午頃に雨は上がった。 
 
門司港駅を出て、雨の中、西海岸へ向かう。レトロマラソンのスタートを見るためである。20歳ほど若ければ私も出場できたのではないか。5キロコースなら30分程で走れたはずだと思いながら。 
 
県道25号線(行橋・門司道路)を桜トンネル目指して坂を登って行く。桜トンネルの東側に旧桜トンネルがある。私にとって初めて見るトンネルである。 
 
黒川交差点を左折して白野江へ向かい植物園到着。入園して芝生広場で一休みし、昼食弁当をとる。芝生広場で「そよかぜコンサート」を見物。帰路は西鉄バス(臨時バス)にて門司港駅前へ。 
38 2016年11月20日10時00分  投稿者:清末義和
タイトル:農林水産まつり・モノレール車両基地見学     投稿番号 603651_00
 JR九州ウォーク(下曽根駅→小倉駅)2016.11.19に参加しました。 
今回の目玉は北九州市立総合農事センターでの農林水産まつり見学と 
モノレール車両基地見学でした。この日はJR九州ウォークの申込みでの見学会でした。 
農林水産まつりでは特別参加の釜石産サケの塩焼き 先着1000人無料に行列ができていました。 
駐車場も無料で臨時駐車場も二ヶ所設けていました。 
 
私は農事センター見学からウォークに参加し、高倉八幡神社参拝し企救丘まで4kmをウオークしモノレール車両基地を見学しました。 
39 2016年11月18日15時34分  投稿者:織田寧人
タイトル:天空の城     投稿番号 450843_00
 笹栗の探訪記など楽しく拝見しました。 
先週末に岡山へ鉄道を撮りに行き、ついでにあちこち立ち寄ってきました。 
行きはほぼ標準時間くらいで走行できたのですが、かなりバテてたのか、帰りは休憩ばかりして時間がかかりました。 
その際に、天空の城として知られている備中松山城を遠望してきました。 
ここをクリックすると http://blowinthewind.net/digitalshot/shot128-tenku.html にリンク 
40 2016年11月17日22時32分  投稿者:清末義和
タイトル:篠栗遍路 その四、五     投稿番号 389546_00
 2016年10月30日と11月6日の二日、篠栗四国88遍路した。5回に分けた5巡目の遍路が完結した。 
篠栗へは車を使った。北九州市小倉南区の自宅から九州自動車道、国道200号バイパス、八木山バイパスを通り約1時間半で到達した。 
二日間で札所30(寺院6、堂24)遍路した。歩き遍路距離は二日間で17キロであった。 
アルバムもご覧ください。 
No.4 山手、中河内、御田原、桐ノ木谷、田ノ浦コース ここをクリックすると http://www.geocities.jp/barrel8888/sasa4.html にリンク 
No.5 篠栗、高田、金出、観音坂コース ここをクリックすると http://www.geocities.jp/barrel8888/sasa5.html にリンク 
41 2016年11月14日09時56分  投稿者:清末義和
タイトル:案山子と文化祭     投稿番号 084993_00
 11月13日、散歩の途中で見かけた案山子の風景。北九州市小倉南区沼本町三丁目交差点近くにありました。案山子は22体ありました。 
沼区公民館文化祭(11月12-13日開催)の宣伝のために作られたものです。沼区公民館は戦前から住み続けている人たちの集落にあります。農家が多い集落です。 
公民館の中に入ってみました。焼き物、絵画などの作品が展示されていました。柿などの果物なども即売していました。 
42 2016年11月13日11時06分  投稿者:清末義和
タイトル:名古屋駅 金の時計 銀の時計     投稿番号 002780_00
 11月12日親戚の法事で名古屋を訪れた。 
名古屋駅に金の時計、銀の時計という名所(待合場所)ができていた。 
帰路、新幹線で明石地区を通過の際、西の空に沈む夕日を見る事が出来た。 
43 2016年11月05日10時54分  投稿者:織田寧人
タイトル:池島炭鉱跡へ     投稿番号 310853_00
 先週の日曜日に、眼を高速道路の運転になじませるために佐賀に立ち寄ってから長崎まで行ってきました。 
いろいろ見ましたが、添付しましたのは池島炭鉱跡の画像です。 
ここをクリックすると http://blowinthewind.net/haikyo/ikeshima/ikeshima.htm にリンク 
閉山から15年が経過していますが、建物はまだかなり残っていました。 
廃墟散策の観光客が増えているようです。 
44 2016年10月21日22時10分  投稿者:小山 榮
タイトル:四国の西端一回り     投稿番号 055419_00
 2泊3日で宇和島と四万十川と足摺岬を回ってきました。佐賀関から三崎のフェリーも高知県に足を踏み入れたのも初めてです。これで全国の1道1都2府43県のどこかに足跡を残すことができました。ただ、高知県と和歌山県はいずれも西の端をかすめただけの訪問です。途中で多くの遍路さんに出会いました。 
四万十川は、織田さんのHPを拝見していてぜひ行ってみたかった場所の一つでした。やっと3橋のみ回れました。途中道路が狭く対向車が来ないことを願いながらの運転でした。九州ではなかなか出会えない景色ですが、何度も行くのは大変な気がします。 
45 2016年10月01日11時04分  投稿者:小山 榮
タイトル:上田さんの水彩画     投稿番号 287482_00
 先日同郷の仲間の集まりがありました。当コーナーに以前投稿されている上田さんにも再会しました。最近、同好者の会にも参加され水彩画の腕前をどんどんあげられています。B4で描れているものをデジカメで撮影しLサイズにプリントした写真でお借りしました。それをスキャンナーで処理しましたので流石に粗くなりました。いずれデジタル画像をいただき差し替えたいと思いますが、雰囲気のみでもお楽しみいただれるかと思いアップしました。 
46 2016年09月27日09時19分  投稿者:小山 榮
タイトル:今年の井手浦の彼岸花     投稿番号 935549_00
 今年は彼岸花の開花が早かったので柿の実の熟し具合や柿紅葉の様子がどんなものか見てこようと思い出かけてきました。まだ彼岸花は盛りで黒アゲハが蜜を求めて飛び交っており猫じゃらしとともにデジカメに納まってくれました。近場でも出かけると楽しませてくれるなにかと出会えます。 
47 2016年09月12日17時31分  投稿者:清末義和
タイトル:ローマ 2016.8.31     投稿番号 669103_00
 ツァー最終日の五日目はローマ観光である。 
8:30 ナポリ発ツァーバスで。途中SAで休憩 
11:50 ローマ着 猛烈なにわか雨、その間ローマ三越で休憩 
12:20 雨上がり、ローマ三越発途中昼食を取り大聖堂へ向かう。 
 
14:00 大聖堂着 検査厳しく1時間待ちで入場  
15:00 ~15:30大聖堂観光 
 
16:00~17:30 コロッセ、 スペイン広場 トレビの泉を観光。 
19:00 ホテル着 
 
総集編「イタリア紀行2016」はこちらです。ここをクリックすると http://www.geocities.jp/barrel8888/italy2016/italy2016.html#start にリンク 
48 2016年09月10日23時02分  投稿者:清末義和
タイトル:マテーラ、ベルベロベッロ 2016.8.29     投稿番号 516149_00
 世界遺産(1993、1996)に登録されたマテーラの洞窟住居「サッシ」とベルベロベッロのとんがり屋根住居「トゥルッリ」を訪ねた。 
マテーラはナポリの東200kmに位置する。さらに東に60kmでペルベロベッロである。 
 
ナポリ発  7:15 ツァーバスで出発。マテーラ着 10:45 
中世、東方からイスラム勢力に追われた人々が石灰岩地層を掘削して住み着いたといわれる。 
有料の見学サッシに入ってみた。外側は石を積み上げ、屋根も付いるので一見洞窟住居には見えない。中に入って見ると天井や壁は洞窟であると分かる。一階は居間、台所、井戸。地下は物置、家畜小屋となっている。 
 
谷を挟んで向かい側に古い洞窟が見える。このような穴だけの洞窟に扉、屋根、壁を付けて道路も整備して今の「サッシ」ができたのであろう。 
 
現在は電気・水道・下水道もあり水洗トイレもある。夏暑くなく、冬暖かいそうだが住居としているのは一部で大半は廃屋となっているという。世界遺産に登録されているので観光客が多数訪れ、賑やかな街並みとなっている。 
 
マテーラ発 11:45 途中昼食 
 
アルベロベッロ着  15:45 
「トゥルッリ」と呼ばれるとんがり屋根の伝統的な家屋が約1500軒あるという。1700年頃この地を支配していたのはナポリ王国、ナポリ王国はスペインの支配下にあった。スペイン人総督が派遣されており、家屋毎に課税した。領主は課税を逃れるため屋根をすぐ取り壊せるように農民に命じた。それでこのような屋根の家が出来たのだという。 
20年前までは普通に住んでいたが、世界遺産に登録されて土産物店が増えおしゃれな観光地に変身したという。 
 
アルベロベッロ発  16:45 ナポリ着 21:00 
49 2016年09月10日10時46分  投稿者:清末義和
タイトル:フィレンツェ 2016.8.28     投稿番号 472002_00
 ツァー2日目はフィレンツェ観光である。 
ホテル発8:00ツァーバスで新市街の公園でバスを降りる。バスは旧市街乗り入れ禁止のため。 
バスは我々のスーツケースを載せて次の観光地ナポリへ直行した。フィレンツェ~ナポリは400km以上ある。特急なら3時間だがバスならそれ以上かかるので先行したのである。 
約1キロ歩き、ウフィツィ美術館へ。 
 
ウフィツィ美術館 9:30~10:30 
美術館を出て、シニョリーア広場でダビテの像など観る。そしてドォーモ(大聖堂)を観て昼食。 
 
その後フィレンツェ駅(サンタ・マリア・ノヴェツラ)まで歩いた。2km以上は歩いたようだ。 
 
50 2016年09月07日18時36分  投稿者:清末義和
タイトル:ベネチア、ピサ 2016.8.27     投稿番号 241004_00
 イタリア観光の初日はベネチアとピサである。 
07:30 本土にあるマルコポーロ空港近くのホテルを出発。ツァーバスでベネチア本島へ向かう。リベルタ橋を渡り、本島入口で降り、水上タクシーに乗り換えサンマルコ広場へ向かう。 
08:30 サンマルコ広場、サンマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿、溜め息橋、ガラス工房、ゴンドラ乗り体験し、水上タクシーで戻る。 
11:00 ベネチアを後にしてピサへ向かう。途中昼食。名物のイカ墨パスターを食べる。 
17:30 トスカーナ州のピサ到着。斜塔と大聖堂を観光。フィレンツェへ向かう。 
21:00 フィレンツェ近くのホテル着。 
 
ベネチアには見どころは沢山ある。サンマルコタワー、リアルと橋、博物館なども見学したかったのだが、今回は時間が少なかったのは残念であった。 


 [1/4]      ページのトップへ戻る     ホーム

投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。