件数統計 読込エラー===select * from homonkensu where kubun='No1'TOTOわいふぁい TOTOワイファイ なんでも投稿
「なんでも投稿」どんな内容でも構いません。皆さん大歓迎です。
投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。
検索ワード  すべて満足
表示方法指定投稿日逆順(最近のものが上に)   投稿番号順(古いものが上に)  画像のサイズ小
  (検索ワードは コンテンツ、タイトル、写真の説明、投稿番号、投稿者すべてを対象に検索します)

   ホーム   投稿と閲覧の説明

  対象1件   検索条件 ( 1537344566) 「投稿番号も検索キーワードにできます」
1 2018年09月19日17時09分  投稿者:小山 榮   投稿番号 344566_00
タイトル:彼岸花
今月に入って持病や眼の痛み、口内炎と立て続けに発症し病院通いが続きました。特に口内炎は原因不明でとてつもない痛みを伴い久しぶりにうんうんと唸りました。尿路結石とは違った痛みです。日頃の行いが悪いのか休日前に発症し苦しみます。今回は痛み止めの予備が手元にありましたので痛みがピークになった際服用し何とかしのげました。週明け朝一番に歯医者と耳鼻咽喉科に駆け付けました。いろいろ調べていただきましたが、とりあえずということで感染治療の抗生物質、口内の炎症を抑える薬などを処方していただき3日でほぼ直りました。やれやれと思ったらすぐに秋らしくなりコスモスが咲き始めました。レンタル菜園では彼岸花も畔を賑わせ始めました。明日から雨模様とのことなので、いつもの年よりも少し早めですが今日井手浦に様子を見に行ってきました。ほぼ満開でした。これはまずいと思い織田さんに教えていただいていた呼野にそのまま脚を延ばして来ました。列車時刻の下調べや撮影ポイントのおさらい無しで行きましたので、ついたとたんに登り列車がやってきて慌てました。さすがにダメでしたので下りを待って撮ってきました。準備不足だと良い写真撮れませんが、状況をお知らせできるかなと思いアップとしました。


井手浦の彼岸花 クロアゲハが登り口にはいたのですが・・・・・

日田英彦山線呼野駅の近くの彼岸花と列車 背景は平尾台の石灰岩の採石場

コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2018年09月20日 16時31分
織田さんいよいよリッターカーに乗り換えられるのですね。安全装置も整備され燃費もよく4WDとなるとどこにでも安心して出かけられそうです。安全装置を考えると早めに乗り換えたほうが良いように思っています。リンク先で白鷲がとまっている写真を拝見しました。樹上にとまるところを見ましたので飛び立たないかと暫く待ちましたが向きを少し変えたのみでした。 白川さん釣りもいいですね。私は舟に弱いので小鯵のサビキ釣りで卒業しました。たまには鯛や鰈が釣れないと喜ばれません。富士山に見立てた高崎山を眺めながらとは洒落た釣りでした。
コメント 投稿者 白川 伸一  投稿日時 2018年09月20日 12時05分
 こんにちは~! 皆さん! 小山さ~ん! 織田さ~ん! お二人共、体調がすぐれない中、素敵な彼岸花の写真が撮れましたね~! 年を重ねると色々と体調不良が出てきますね~! 私も彼岸花を撮りに行こうと思っていたところ、釣りの誘いがあり、釣りの方へ行ってしまいました。 彼岸が近くなると全国から棚田などの彼岸花の便りが届きますが、今年は秋雨前線の影響か、スカーとした秋晴れがやって来ませんね~! 今も雨が激しくなって来ました。 かって飢饉の際の非常食用に! 又、根が丈夫である為、モグラの穴掘り防止に田んぼの畔道に彼岸花が多く植えられのだと、BSプレミアム「ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅」で説明されてました。 画像は釣りの時、別府湾から高崎山方面を写したものです。 雲が低く、たち込めて、富士山みたいで、別府湾からの高崎山も捨てたものじゃないな~と感じたしだいです。 釣りのブログを添付しておきます。宜しければ御覧下さい。 ここをクリックすると url s://blog.goo.ne.jp/hokuto-shinichi にリンク
   
コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年09月20日 11時30分
 井手浦ですが、小山さんの後ろから追いかけるような感じだったようです。
下の方の田んぼの稲刈りが終わったばかりだったのが残念でした。
当方の車は、茶色のフィットで高齢者マークを付けています。
来年走行10万キロを超えますので、人生最後になるであろう新車へ乗り換える予定です。
一回り小さな1000ccで、安全装置がたくさん付いたものにする予定です。
ここをクリックすると url ://blowinthewind.net/tanada/2018/ideura.htm にリンク
   
コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2018年09月20日 08時52分
午前中は晴れ間も見えていましたので朝のうちにとも思ったのですが、井手浦は午後(夕方)のほうが好きなので4時から出かけけることにしました。ところが、どんどん雲が増えてきましたので予定を変えて1時過ぎに出かけました。棚田の上まで登って左側に下る周回コースで二時半頃降りました。すると道路脇に駐車していたのは私の車だけだったのが3台に増えていました。時間帯からすると2台のどちらかが織田さんの車だったのではと思います。登った道をそのまま下っていたらお会いできたのではと残念です。そのうちに機会があることを期待しています。
コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年09月19日 20時37分
70歳を過ぎるといろいろな病気が出てきて、ほんとにこまりますね。今、3種類の病気で、6種類の薬を飲んでいます。 薬を飲めが完治するわけではなく、薬で抑え込んでいるだけですから、いつ悪化するか分かりません。 体調不十分ながら、彼岸花の誘惑に負けて撮影に出かけました。実は当方も今日出かけました。 午前中10時頃から昼頃まで採銅所北で撮影し、午後は小山さんも撮影された呼野北のポイントへ。 最後に井手浦の棚田をたずねました。井手浦に着いた2時頃は曇っていました。小山さんとは行き違いになったようです。 添付は、採銅所北で撮影したものです。呼野もそうですが、この辺りは稲刈りが早く、彼岸花が開花する前に稲が刈り取られてしまいます。
   


    ページのトップへ戻る     ホーム

投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。