件数統計 読込エラー===select * from homonkensu where kubun='No1'TOTOわいふぁい TOTOワイファイ なんでも投稿
「なんでも投稿」どんな内容でも構いません。皆さん大歓迎です。
投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。
検索ワード  すべて満足
表示方法指定投稿日逆順(最近のものが上に)   投稿番号順(古いものが上に)  画像のサイズ小
  (検索ワードは コンテンツ、タイトル、写真の説明、投稿番号、投稿者すべてを対象に検索します)

   ホーム   投稿と閲覧の説明

  対象1件   検索条件 ( 1536133978) 「投稿番号も検索キーワードにできます」
1 2018年09月05日16時52分  投稿者:織田寧人   投稿番号 133978_00
タイトル:ここ20年の通信技術の進歩は目覚ましいものでした。
 ホームページをはじめたのは20年前で、そのころ、インターネットは電話回線にその都度接続していました。
回線が遅いので大きな画像を使用するとダウンロードに時間がかかるため、小さな画像を使用していました。
したがって、この頃作成したホームページの画像は小さく、迫力がありません。
気が向いたときに画像の入れ替えを行っていますが、当時の旅の記憶をたどりながらの作業は楽しいものです。
今、棚田のページの画像を入れ替えていますが、リバーサルフィルムからのスキャンは時間がかかります。
ここをクリックすると url ://blowinthewind.net/atanada.htm にリンク


日本の棚田百選・最北、岩手県大東町山吹の棚田

コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年09月07日 10時58分
小山さん、テレビの音が聞きづらいとのこと、新しく購入された商品が問題解消してくれるといいですね。 私の方は眼の調子がまだ不十分で遠出は無理です。 スマホの充電ですが、旅行に出た時は、ホテルか車のシガーソケットで充電しています。 今までモバイルバッテリーを使わないで済んでいるということは、災害がないということなのでそれはそれでいいことです。
コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2018年09月07日 09時35分
リニューアルされた棚田の写真ときどき拝見しています。今も同じ風景が維持されているかどうかわかりませんが、写真のサイズを変えられたことで最近の様子と錯覚します。棚田の風景のみでもたくさん掲載されていますから昔の旅を辿る作業もなかなか大変でしょうが遠出がむつかしいときの宅内旅行と洒落こまれると私も含めて織田さんのHPの愛好者にも喜ばれると思います。
ところで、スマホの充電用のバッテリーは私も備えていますが、せいぜい2日分です。復旧に長期間かかる天災が増えてきました。大丈夫と思っている対策や備えについても見直しの必要性を感じます。
最近テレビドラマの台詞が聞きづらくなり手許で聞ける装置をネットで購入しました。今日届きます。ニュース番組は大丈夫ですし、小型のTVのみの現象なのでTVの性能のせいと思っていましたが、もう一台のTVでも似た現象が起こり始めました。やはり自分の問題だとようやく思えるようになり試しに使ってみることにしました。問題解消になるかどうか楽しみです。
コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年09月06日 17時53分
白川さん、コメントありがとうございます。私も、技術の進歩に合わせて、カメラやパソコンを次々と買い換えました。話は変わりますが、本日未明の北海道の地震で停電が発生しました。大量の冷凍食品が無駄になったことでしょう。スマホの充電にも苦労されているようです。非常時に備え、乾電池でスマホを充電できるモバイルバッテリーを持っていますが、まだ一度も使ったことがありません。
コメント 投稿者 白川 伸一  投稿日時 2018年09月06日 16時05分
今日は~! 皆さ~ん! 織田さ~ん! 御意! 右に同じ! インターネットの奔り、 私もリバーサルフイルムをスキャンしHpに載せてましたよ~! Windows・95・~Xp・7~10へと、当時は手間取り、遅かったですね~! カメラもフィルムからデジタルと安価で手軽になった為に女性・おばちゃんのカメラマンが多くなり、SNSやHp女性の方が多いみたいですね! デジタルカメラも次から次へとレベルアップ購買意欲を掻き立てますね! 皆さんもそうでしょうが、パソコン・銀塩カメラ・デジタルカメラもレベルアップして買替えていきましたね~! 最初に買ったデジタルカメラが オリンパス! 世界で最初のデジタル一眼レフカメラ! どんなものかと手に入れましたが、これが何んと! オモチャ! 当時としては先駆けの触りですかね~!


    ページのトップへ戻る     ホーム

投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。