件数統計 読込エラー===select * from homonkensu where kubun='No1'TOTOわいふぁい TOTOワイファイ なんでも投稿
「なんでも投稿」どんな内容でも構いません。皆さん大歓迎です。
投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。
検索ワード  すべて満足
表示方法指定投稿日逆順(最近のものが上に)   投稿番号順(古いものが上に)  画像のサイズ小
  (検索ワードは コンテンツ、タイトル、写真の説明、投稿番号、投稿者すべてを対象に検索します)

   ホーム   投稿と閲覧の説明

  対象201件  [1/67]    検索条件 ( ) 「投稿番号も検索キーワードにできます」
1 2018年05月25日18時54分  投稿者:松本 達雄   投稿番号 242075_00
タイトル:マリンワールドの生き物他
写真クラブの撮影旅行で福岡のマリンワールドと動物園に行きました。当日はあいにくの雨でしたが、水族館のイカやクラゲの写真をいかにきれいに撮るか腐心しました。動物園では雨のせいかあまり表に出ていなくてお猿の写真しか撮れませんでした。


イカの透明感がとても綺麗であった。

クラゲがまるでパラシュートのようであった。

バックが暗いのでクラゲが光り輝いて見える。

猿の家族の表情がとても良かった。

2 2018年05月22日09時48分  投稿者:清末義和   投稿番号 950100_00
タイトル:国東旅行2018/0519~20
 大分県日出町のホテルソラージュで親戚の集いがあり参加。
往路は小倉から高速道を通り杵築駅にて親戚と合流し杵築・日出観光後ホテル宿泊。
翌日復路は国東の六郷満山3寺、昭和の町(豊後高田市)、安徳天皇慰霊碑のある安楽院(宇佐市)を訪れた。
六郷満山とは国東半島の六郷にある寺院で八幡信仰と山岳信仰の文化を受け継ぐ65の寺院の総称である。
FB版もご覧ください。ID未登録なら「後で」をクリック。
ここをクリックすると url s://www.facebook.com/yoshikazu.kiyosue/posts/952171644961424 にリンク 
 

重光葵邸 杵築駅の東約2km 日本の変革期に名を残す名外相「重光葵(まもる)」が幼少期に過ごした屋敷。 1945年9月2日東京湾上に停泊の米国戦艦ミズーリ号甲板にて降伏文書に署名した。                                           入館料100円。説明員が懇切に説明してくれた。

天念寺の鬼会が行われる講堂。
六郷満山の二大古典行事は「修正鬼会」と「峰入り」である。
修正鬼会は鬼走り行事と火祭り行事が組み合わさっている。旧暦新年初頭に行われる。各寺院毎に行われていたが、今では西満山は天念寺(豊後高田市)が毎年と東満山は国東市の岩戸寺、成佛寺が隔年に行われているのみである。
ここをクリックすると url ://www.tabirai.net/sightseeing/column/0008310.aspx にリンク 天念寺の修正鬼会


昭和の町 (豊後高田市)  昭和30年代の高度成長期以前の旧い街並みを保存した。これにより人口流出が止まり観光客が増え活気を取り戻した。

安徳天皇慰霊碑 安楽院の境内にある十三塔 (宇佐市) 壇ノ浦で海に沈んだ安徳天皇には生存伝説が多々あるが、その一つに「すり替え説」がある。 図書「安徳天皇はすり替えられていた」宇佐公康著(1990年発行)によると宇佐八幡宮大宮司の宇佐家に代々伝わる「宇佐家伝承の備忘録」にその記載があるという。当時の大宮司宇佐公通の妻は建礼門院の妹でその子公仲は安徳天皇と従妹同士であり年も同じであった。平家が都を追われ宇佐神宮に立ち寄った折り、すり替わり宇佐公仲として存命した、と驚くべき事実が生々しくつづられている。  

コメント 投稿者 清末義和  投稿日時 2018年05月24日 11時48分
白川さん、小山さん、コメント有難うございます。 杵築は城と坂は有名ですが、重光邸と中野酒造はJRウォークマップで知りました。 ソラージュ日出は国東観光の拠点になるのではと思いました。 真木大堂と富貴寺は人気のあるお寺ですね。 天念寺は修正鬼会の外に無明橋を渡りたいという声をよく聞きます。 昭和の町は豊後高田市一番の観光スポットになりました。 「安徳天皇は身代りだった」の中で平清経の自殺は身代りの引き金になったと記載されています。 .太平洋戦争は中2(15歳)で軍人(予科練)となり出陣したのですね。
コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2018年05月23日 19時23分
国東の寺巡りは織田さんのHPに刺激され15年くらい前に泊りがけで何度か行きました。最初は目的の寺を探すのに難儀しましたが、清末さんのFBで紹介されている川中不動や天念寺、富貴寺それに両子寺のほかに文殊仙寺、岩戸寺、双子寺なども巡りました。清末さんの投稿で懐かしく思い出しました。
コメント 投稿者 白川 伸一  投稿日時 2018年05月22日 11時12分
国東旅行お疲れ様で~す! 国東は京都・奈良にはかないませんが、古代から昭和までいろいろな趣きがあり、奈良平安の宇佐、鎌倉時代の寺社仏閣、江戸の城下町、戦時中の史跡、昭和の町、花畑など・変化のある半島ですよね。 ホテル・ソラージュ、海側の客室は広い窓ガラスで天気が良いと別府湾からの日の出には心が癒されますね。
3 2018年05月21日10時26分  投稿者:白川 伸一   投稿番号 865984_00
タイトル:桜前線・北上の旅。 安曇野を訪れました。
 皆さん! 今日は! 桜前線・北上の旅! 長野県安曇野わさび園を訪れました。 黒沢明監督作品の「夢」で安曇野が一躍世界で有名になり。 特にフランスの人達が好きなようです。 今回訪れた時もフランス人達が多く訪れていました。 画像はワサビ畑と途中での桜と奥秩父の山です。 ブログに訪れた画像を載せました。 宜しければ御覧下さい。
ここをクリックすると url s://blog.goo.ne.jp/hokuto-shinichi にリンク




コメント 投稿者 白川 伸一  投稿日時 2018年05月22日 11時05分
こんにちは~!皆さん! 小山さ~ん! 先日、日曜日のNHKの「小さな旅」で山口県・清流線が放送されていました。 この清流線が開設された歴史、沿線の見どころ、郷土の祭り、人間模様が紹介され、飽きずに興味深く見入ってしまいました。 桜の錦帯橋は訪れた事がありますが、この路線は訪れた事が無く、訪れたく思いました。伊豆は若い頃、三島から旧下田街道を下り河津まで歩き、川側の温泉で体を温めながら浄蓮の滝で泳いだ事がありました。  清末さ~ん!私も登山で甲信越は度々訪れましたが、 甲信越には歴史を感じさせる地名が沢山ありね。 千曲川、笛吹川、蓼科、戸隠、沓掛、馬籠、妻籠などなど、一方、軽井沢・安曇野などは清末さんが言われるよう西洋的なロマンを感じますね。
コメント 投稿者 清末義和  投稿日時 2018年05月21日 21時22分
 安曇野はロマンチックな地名ですね。青春時代、松本から大糸線で通過したことがありました。
先週末、国東旅行で、宇佐海軍航空隊遺跡の一つにも立ち寄りました。
ここをクリックすると url s://www.facebook.com/photo.php?fbid=952170588294863&set=pcb.952171644961424&type=3&theater にリンク 
コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2018年05月21日 19時25分
白川さん、行かれてからしばらく時間が経ったようですが、いずれの場所にも行ってみたくなる風景です。先週のブラタモリで伊豆の「浄蓮の滝」近辺のわさび畑を紹介していましたが、安曇野のわさび園のほうが広々しています。GOOブログの写真も拝見しました。どれもいいですね、愛犬シェーンがうらやましいです。


 [1/67]      ページのトップへ戻る     ホーム

投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。