件数統計 読込エラー===select * from homonkensu where kubun='No1'TOTOわいふぁい TOTOワイファイ なんでも投稿
「なんでも投稿」どんな内容でも構いません。皆さん大歓迎です。
投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。
検索ワード  すべて満足
表示方法指定投稿日逆順(最近のものが上に)   投稿番号順(古いものが上に)  画像のサイズ小
  (検索ワードは コンテンツ、タイトル、写真の説明、投稿番号、投稿者すべてを対象に検索します)

   ホーム   投稿と閲覧の説明

  対象233件  [1/47]    検索条件 ( ) 「投稿番号も検索キーワードにできます」
1 2018年09月19日17時09分  投稿者:小山 榮   投稿番号 344566_00
タイトル:彼岸花
今月に入って持病や眼の痛み、口内炎と立て続けに発症し病院通いが続きました。特に口内炎は原因不明でとてつもない痛みを伴い久しぶりにうんうんと唸りました。尿路結石とは違った痛みです。日頃の行いが悪いのか休日前に発症し苦しみます。今回は痛み止めの予備が手元にありましたので痛みがピークになった際服用し何とかしのげました。週明け朝一番に歯医者と耳鼻咽喉科に駆け付けました。いろいろ調べていただきましたが、とりあえずということで感染治療の抗生物質、口内の炎症を抑える薬などを処方していただき3日でほぼ直りました。やれやれと思ったらすぐに秋らしくなりコスモスが咲き始めました。レンタル菜園では彼岸花も畔を賑わせ始めました。明日から雨模様とのことなので、いつもの年よりも少し早めですが今日井手浦に様子を見に行ってきました。ほぼ満開でした。これはまずいと思い織田さんに教えていただいていた呼野にそのまま脚を延ばして来ました。列車時刻の下調べや撮影ポイントのおさらい無しで行きましたので、ついたとたんに登り列車がやってきて慌てました。さすがにダメでしたので下りを待って撮ってきました。準備不足だと良い写真撮れませんが、状況をお知らせできるかなと思いアップとしました。


井手浦の彼岸花 クロアゲハが登り口にはいたのですが・・・・・

日田英彦山線呼野駅の近くの彼岸花と列車 背景は平尾台の石灰岩の採石場

コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2018年09月20日 16時31分
織田さんいよいよリッターカーに乗り換えられるのですね。安全装置も整備され燃費もよく4WDとなるとどこにでも安心して出かけられそうです。安全装置を考えると早めに乗り換えたほうが良いように思っています。リンク先で白鷲がとまっている写真を拝見しました。樹上にとまるところを見ましたので飛び立たないかと暫く待ちましたが向きを少し変えたのみでした。 白川さん釣りもいいですね。私は舟に弱いので小鯵のサビキ釣りで卒業しました。たまには鯛や鰈が釣れないと喜ばれません。富士山に見立てた高崎山を眺めながらとは洒落た釣りでした。
コメント 投稿者 白川 伸一  投稿日時 2018年09月20日 12時05分
 こんにちは~! 皆さん! 小山さ~ん! 織田さ~ん! お二人共、体調がすぐれない中、素敵な彼岸花の写真が撮れましたね~! 年を重ねると色々と体調不良が出てきますね~! 私も彼岸花を撮りに行こうと思っていたところ、釣りの誘いがあり、釣りの方へ行ってしまいました。 彼岸が近くなると全国から棚田などの彼岸花の便りが届きますが、今年は秋雨前線の影響か、スカーとした秋晴れがやって来ませんね~! 今も雨が激しくなって来ました。 かって飢饉の際の非常食用に! 又、根が丈夫である為、モグラの穴掘り防止に田んぼの畔道に彼岸花が多く植えられのだと、BSプレミアム「ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅」で説明されてました。 画像は釣りの時、別府湾から高崎山方面を写したものです。 雲が低く、たち込めて、富士山みたいで、別府湾からの高崎山も捨てたものじゃないな~と感じたしだいです。 釣りのブログを添付しておきます。宜しければ御覧下さい。 ここをクリックすると url s://blog.goo.ne.jp/hokuto-shinichi にリンク
   
コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年09月20日 11時30分
 井手浦ですが、小山さんの後ろから追いかけるような感じだったようです。
下の方の田んぼの稲刈りが終わったばかりだったのが残念でした。
当方の車は、茶色のフィットで高齢者マークを付けています。
来年走行10万キロを超えますので、人生最後になるであろう新車へ乗り換える予定です。
一回り小さな1000ccで、安全装置がたくさん付いたものにする予定です。
ここをクリックすると url ://blowinthewind.net/tanada/2018/ideura.htm にリンク
   
コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2018年09月20日 08時52分
午前中は晴れ間も見えていましたので朝のうちにとも思ったのですが、井手浦は午後(夕方)のほうが好きなので4時から出かけけることにしました。ところが、どんどん雲が増えてきましたので予定を変えて1時過ぎに出かけました。棚田の上まで登って左側に下る周回コースで二時半頃降りました。すると道路脇に駐車していたのは私の車だけだったのが3台に増えていました。時間帯からすると2台のどちらかが織田さんの車だったのではと思います。登った道をそのまま下っていたらお会いできたのではと残念です。そのうちに機会があることを期待しています。
コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年09月19日 20時37分
70歳を過ぎるといろいろな病気が出てきて、ほんとにこまりますね。今、3種類の病気で、6種類の薬を飲んでいます。 薬を飲めが完治するわけではなく、薬で抑え込んでいるだけですから、いつ悪化するか分かりません。 体調不十分ながら、彼岸花の誘惑に負けて撮影に出かけました。実は当方も今日出かけました。 午前中10時頃から昼頃まで採銅所北で撮影し、午後は小山さんも撮影された呼野北のポイントへ。 最後に井手浦の棚田をたずねました。井手浦に着いた2時頃は曇っていました。小山さんとは行き違いになったようです。 添付は、採銅所北で撮影したものです。呼野もそうですが、この辺りは稲刈りが早く、彼岸花が開花する前に稲が刈り取られてしまいます。
   
2 2018年09月06日13時41分  投稿者:松本 達雄   投稿番号 208896_00
タイトル:オオスカシバに遭遇
9/5 またブルービーの写真を撮ろうとして小倉北区の中央公園に行ったところ、織田さんに教えていただいた蛾の一種であるオオスカシバが偶然にも現れました。体長3cmくらいあるし、非常に目立つ姿をしていますのですぐにわかりました。ブルービーもいましたが、オオスカシバを必死で追いかけました。こんなにも早く遭遇できるとは夢にも思いませんでした。透明の羽根でとてもきれいです。


百日草の蜜を吸うオオスカシバの透明な羽根が美しい。

横に大きく広げた透明の羽根が美しい。

シャッタースピード1/800にして羽根の動きを強調しています。また目もバッチリ写っています。

今度は向きを変えました。

コメント 投稿者 松本 達雄  投稿日時 2018年09月07日 20時52分
白川さんへ  私もNHKのプロフェッショナルで平戸の昆虫写真家 栗林先生の番組を見ました。実は私も長崎県の平戸出身です。平戸に栗林先生が発起人で作られた「たびら昆虫自然園」と言うのが あり、一昨年5月頃初めて訪ね、栗林先生の一日昆虫写真教室に参加しました。その際、写した写真を栗林先生に褒めていただき、昆虫写真に興味を持つようになりました。その年10月の第24回昆虫写真コンテストに初めて応募したところ、いきなり最優秀賞をいただきました。昨年も応募したところ、今度は優秀賞でした。(自慢になって申し訳ありません。)25年の歴史があり、応募数も400~500点あり、力作も多く、それなりのコンテストです。今年も応募しようと思っていますが、今年はもうダメかも。 小山さんへ  オオスカシバのホバリングの写真も2枚ありますが、ちょっとピントが甘いので載せませんでした。
コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2018年09月06日 18時21分
もう出会えましたか。行動力が流石60代です。どれも可愛く撮れています。得意のホバーリングは今回はダメでしたか ❓
コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年09月06日 18時00分
オオスカシバに出会えましたか。この昆虫、ちょっとごつい感じがしますが、なかなか絵になります。来月になると、アサギマダラが南下してきます。添付は、2013年に白野江植物公園で撮影したアサギマダラです。
   
コメント 投稿者 白川 伸一  投稿日時 2018年09月06日 17時00分
今日は~! 皆さ~ん! 松本さ~ん! オオスカシバ綺麗に撮れてますね~! 黄色と赤と黒と透明の羽! バックの黄色の雄蕊雌蕊とピンクの花びら、コントラストが良いですね~! 子供の頃はオオスカシバも色んな処で見かけたのですが、この頃はどの昆虫も少なくなってきましたね。 NHK・「プロフェショナル」で平戸の昆虫写真家、栗林慧氏の撮影活動が放送されてましたね~! まだ、暗くないのに、曇り空のせいでしょうか? 今、遠くで「キョキョキョ」とヨタカが鳴いています。
3 2018年09月05日16時52分  投稿者:織田寧人   投稿番号 133978_00
タイトル:ここ20年の通信技術の進歩は目覚ましいものでした。
 ホームページをはじめたのは20年前で、そのころ、インターネットは電話回線にその都度接続していました。
回線が遅いので大きな画像を使用するとダウンロードに時間がかかるため、小さな画像を使用していました。
したがって、この頃作成したホームページの画像は小さく、迫力がありません。
気が向いたときに画像の入れ替えを行っていますが、当時の旅の記憶をたどりながらの作業は楽しいものです。
今、棚田のページの画像を入れ替えていますが、リバーサルフィルムからのスキャンは時間がかかります。
ここをクリックすると url ://blowinthewind.net/atanada.htm にリンク


日本の棚田百選・最北、岩手県大東町山吹の棚田

コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年09月07日 10時58分
小山さん、テレビの音が聞きづらいとのこと、新しく購入された商品が問題解消してくれるといいですね。 私の方は眼の調子がまだ不十分で遠出は無理です。 スマホの充電ですが、旅行に出た時は、ホテルか車のシガーソケットで充電しています。 今までモバイルバッテリーを使わないで済んでいるということは、災害がないということなのでそれはそれでいいことです。
コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2018年09月07日 09時35分
リニューアルされた棚田の写真ときどき拝見しています。今も同じ風景が維持されているかどうかわかりませんが、写真のサイズを変えられたことで最近の様子と錯覚します。棚田の風景のみでもたくさん掲載されていますから昔の旅を辿る作業もなかなか大変でしょうが遠出がむつかしいときの宅内旅行と洒落こまれると私も含めて織田さんのHPの愛好者にも喜ばれると思います。
ところで、スマホの充電用のバッテリーは私も備えていますが、せいぜい2日分です。復旧に長期間かかる天災が増えてきました。大丈夫と思っている対策や備えについても見直しの必要性を感じます。
最近テレビドラマの台詞が聞きづらくなり手許で聞ける装置をネットで購入しました。今日届きます。ニュース番組は大丈夫ですし、小型のTVのみの現象なのでTVの性能のせいと思っていましたが、もう一台のTVでも似た現象が起こり始めました。やはり自分の問題だとようやく思えるようになり試しに使ってみることにしました。問題解消になるかどうか楽しみです。
コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年09月06日 17時53分
白川さん、コメントありがとうございます。私も、技術の進歩に合わせて、カメラやパソコンを次々と買い換えました。話は変わりますが、本日未明の北海道の地震で停電が発生しました。大量の冷凍食品が無駄になったことでしょう。スマホの充電にも苦労されているようです。非常時に備え、乾電池でスマホを充電できるモバイルバッテリーを持っていますが、まだ一度も使ったことがありません。
コメント 投稿者 白川 伸一  投稿日時 2018年09月06日 16時05分
今日は~! 皆さ~ん! 織田さ~ん! 御意! 右に同じ! インターネットの奔り、 私もリバーサルフイルムをスキャンしHpに載せてましたよ~! Windows・95・~Xp・7~10へと、当時は手間取り、遅かったですね~! カメラもフィルムからデジタルと安価で手軽になった為に女性・おばちゃんのカメラマンが多くなり、SNSやHp女性の方が多いみたいですね! デジタルカメラも次から次へとレベルアップ購買意欲を掻き立てますね! 皆さんもそうでしょうが、パソコン・銀塩カメラ・デジタルカメラもレベルアップして買替えていきましたね~! 最初に買ったデジタルカメラが オリンパス! 世界で最初のデジタル一眼レフカメラ! どんなものかと手に入れましたが、これが何んと! オモチャ! 当時としては先駆けの触りですかね~!
4 2018年09月02日23時11分  投稿者:松本 達雄   投稿番号 897491_00
タイトル:「幸せを運ぶ蜂」ブルービー
8/25,29の2回、小倉北区の中央公園の花畑にブルービーの写真を撮りに行きました。ブルービーは体調1.5cm程度で 絶滅危惧種に指定されており、その姿を目撃するのは年々難しくなっており、これを見かけると「幸せを運ぶ」と言われています。中央公園には毎年、来ているようです。8/29には行ってすぐ4~5匹のブルービーが飛び回り、100分程、必死で400ミリ望遠レンズで追いかけ、とても疲れました。しかしながら、チャンスにも恵まれ、いろいろなシーンを撮ることができました。高速連写で撮ったため、2400枚も撮り、後でチェック、削除するのが大変でした。


オミナエシの花に群がるブルービー。青いスジが美しい。

別の種類の蜂も飛んで来て2匹をシャープに捉えることができた。

飛んでいる美しい後ろ姿を捉えた。

2匹が揃って飛んでいる姿を捉えた。

2匹のブルービーの近くに大きな別の蜂が飛んできた瞬間を捉えた。

3匹のブルービーが飛んでいる姿をシャープに捉えることができた。

コメント 投稿者 松本 達雄  投稿日時 2018年09月03日 22時35分
織田さん、小山さん、白川さん、ブルービーの写真を褒めていただきありがとうございます。今回は本当にチャンスに恵まれました。昆虫でも野鳥でも素早く動く生き物を撮るには「運」も非常に大きな要素を占めると思います。なかなか来ないことも大いにあるし、来てもなかなかシャッターチャンスに恵まれないこともあります。それを避けるにはこれらの被写体が本当に好きで粘り強く接触することだと思っています。ところで織田さんに紹介していただいたオオスカシバも本当にきれいですね。いままで存在を知りませんでしたが、透明の羽根、独特の顔が気に入りました。いつか撮ってみたいと思います。
コメント 投稿者 白川 伸一  投稿日時 2018年09月03日 21時07分
今晩は~! 皆さん! 松本さん! 幸せを呼ぶブルービー! 素敵な写真が撮れましたね! 昨年の10月、ワンコを連れて散歩中、思いがけずブルービーを見つける事が出来ました。 生憎、その日はスマホしか持っておらず、 そーと近づき撮ってみました。出会うと幸せがあると言われているので、それだけでも、まあ!良いかと納得したしだいです。
コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2018年09月03日 19時19分
松本さん ブルービー初めて見ました。それぞれの写真に狙いが感じられ選別に苦労された様子がうかがえます。クラブでは昆虫の写真は目の捉え方が評価のポイントの一つになりますが、この蜂横についているようで面白いと思います。織田さんのオオスカシバ絶滅危惧種には指定されていないようですが、最近見掛けなくなりました。動きの早い昆虫を撮るのは大変なので画像のすべてをじっくり拝見させていただきました。
コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年09月03日 12時34分
松本さん、いつも素晴らしい作品を拝見しています。ブルービーですか、確かに青いですね。1枚目がいいと思いました。当方はあまり生き物は撮影しないのですが、かなり以前にオオスカシバを撮ったことがあります。ピントが甘いですが添付しておきます。
   
5 2018年08月29日08時38分  投稿者:織田寧人   投稿番号 499500_00
タイトル:朝鮮通信使行列
 25日に行われた下関馬関まつりの朝鮮通信使行列の撮影に行ってきました。
この夏は暑さと体調不良で引きこもり状態で、約2か月ぶりにカメラを手にしました。
朝鮮通信使行列は8月上旬に行われる対馬市厳原が有名ですが、韓国からの参加者が多いのは下関です。
ここをクリックすると url ://blowinthewind.net/digitalshot/shot149-chosentsushinshi.html にリンク



コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年09月03日 08時25分
呉市下蒲刈、瀬戸内市牛窓でも、朝鮮通信使行列があります。 どちらも朝鮮通信使が宿泊したところで、2010年に取材でたずねました。 今年は、下蒲刈が10月21日、牛窓が11月4日に予定されていて、韓国からも多数参加されます。 添付画像は下蒲刈の風景ですが、石畳の道を朝鮮通信使行列が進むようです。
   
コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2018年09月01日 18時56分
織田さんのおかけで朝鮮通信使行列が対馬までいかなくても見物できることを知りました。艶やかな衣装に美人の踊り子ですから行列や踊りの輪に釘付けになりそうです。早速下関馬関まつり をネットで調べてみました。朝鮮通信使行列の他に平家踊総踊り大会や花火大会などいろいろなイベントがいくつもの広場で繰りひろげられていることが分かりました。唐戸には関門連絡船で行くのがよさそうです。来年は行ってみたいと思います。
コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2018年08月30日 13時44分
白川さん、コメントありがとうございます。シンウンジユ舞踊団はあちこちのイベントに出ているようですね。「英雄たちの選択」、テーマに興味があればみています。10月中旬には、呉市下蒲刈で朝鮮通信使行列があります。
コメント 投稿者 白川 伸一  投稿日時 2018年08月30日 09時45分
まだまだ、暑いですね~!皆さん! この暑さですもん! 若い者のも熱中症でダウンしてますね~! 織田さ~ん! 久しぶりの投稿! 元気になられ、なによりです~! 朝鮮通信使の行列は見た事がありませんが、幸恩珠(シンウンジユ)舞踊団は「百万踊り」や「どんたく」に出演したときに見た事があります。 使節の行列も趣があるでしょうね。 金子みすゞ氏の生家を訪れた事がありますが純真な詩を沢山、詠んでいますね。 皆さんご存知ですが、磯田道史氏が司会を務めるNHKの「英雄たちの選択」で対馬の宋義智氏が秀吉を欺き、苦労して朝鮮通信使を謁見再開させてますね。 毎週タイトルが変わりますが、ゲスト達がその立場だったら如何するか選択していくのも面白いです。 視聴者にもメールなり投稿させるのも面白い番組になるのにと思う次第です。 長くなりました~!


 [1/47]      ページのトップへ戻る     ホーム

投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。