件数統計 読込エラー===select * from homonkensu where kubun='No1'TOTOわいふぁい TOTOワイファイ なんでも投稿
「なんでも投稿」どんな内容でも構いません。皆さん大歓迎です。
投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。
検索ワード  すべて満足
表示方法指定投稿日逆順(最近のものが上に)   投稿番号順(古いものが上に)  画像のサイズ小
  (検索ワードは コンテンツ、タイトル、写真の説明、投稿番号、投稿者すべてを対象に検索します)

   ホーム   投稿と閲覧の説明

  対象379件  [1/76]    検索条件 ( ) 「投稿番号も検索キーワードにできます」
1 2020年09月20日19時14分  投稿者:小山 榮   投稿番号 596894_00
タイトル:呼野の彼岸花
呼野の彼岸花はほぼ満開でした。ただ、今年は「ウンカ」の被害がひどく実をつけないまま枯れた田んぼもありました。レンタル菜園の周りの被害はさほどではありませんでしたので井手浦や呼野の様子を見て驚きました。水害や害虫被害と農家は大変です。


彼岸花と列車とカルスト台地。五時前だと後ろにある山や花の咲いてる畦道の影が目立ちます。もう少し早めの時間帯が良いようです

ウンカ被害にあった田んぼ。実をつけずに枯れている。

コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2020年09月23日 09時33分
22日、日田彦山線沿いに彼岸花の撮影に行ってきました。 場所によって違いますが、全般的には今週後半が満開のようです。 添付は採銅所駅北方の観音地区で撮影しました。
   
コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2020年09月20日 21時05分
害虫の被害がひどかったようですね。 ことしは彼岸花の開花が遅れていて、今週末くらいだろうと聞いていたのですが、 ここは満開でしたか。
2 2020年09月17日14時55分  投稿者:松本 達雄   投稿番号 322152_00
タイトル:幸せを呼ぶブルービー
今年もまた小倉北区中央公園のお花畑にブルービーを撮りに行きました。体長10~15ミリの小さな蜂ですが、日が当たると美しいブルーに光ります。希少昆虫になっており、これを見つけると幸せになると言われていますが、ここには毎年、来るようです。実物よりも写真の方が綺麗に見えます。400mm望遠レンズで高速連写で撮りました。 もっと綺麗な宝石バチもいるのですが、今年はまだ見かけません。


飛んでいるところを綺麗に捉えました。

ピントがきちっと合って羽音が聞こえるようです。


2匹を一緒に捉えたと喜びましたが、残念ながら2匹の位置関係が良くない。

3 2020年09月14日23時32分  投稿者:清末義和   投稿番号 093946_00
タイトル:ことこと列車
 9月11日 NHK-TV Japan Railway Journal で放映されました。引用してご紹介します。動画7分もご覧ください。
ここをクリックすると url s://www.facebook.com/yoshikazu.kiyosue/posts/1637539513091297?__cft__[0]=AZUc6X2u0_QK9bbxwNMsV1hSheAMGR0085E6lQ_jJzTv8BuXV8BWnIDjVLy8odjBNpkqIlHNNdg5UDI39zb_9fRU3E2kpZc0Lc0UtDeg2nU6n3dSbDfWwZ3rL7OFezbv_nJFUyYT4p5zWvtRwsNUrR9N&__tn__=%2CO%2CP-R にリンク
  

平成筑豊鉄道レストラン列車
ゆっくり、たのしい、おいしい、沿線の風景も楽しめる
楽しい列車。直方→田川伊田→行橋を3時間半
で走行する。ここをクリックすると url ://www.heichiku.net/cotocoto_train/ にリンク

フレンチ料理コース6品の内の一つ。コトコトボックス-沿線の市町村の食材使用

石坂トンネル
1895年に建設された現存する九州最古の鉄道トンネル。
第一トンネル(延長33.2m)、第二トンネル(延長74.2m)と2本で石坂トンネルを成しています。
赤レンガ造りの芸術作品であり、現在も建設当時の姿を良好に保っています。
1999年に、文部省(現文部科学省)登録文化財となりました。
ここをクリックすると url ://www.nhk.or.jp/kitakyushu/furusato_tanbo/tagawa_yukuhashi_01.html にリンク

田川線の赤駅 - 内田駅間に所在する橋長13m、スパン長3.35mの三連アーチ橋である。
本橋梁の特徴として、内田川の下流(橋梁西)側は煉瓦積み、上流(橋梁東)側は切石積みとなっている。
煉瓦積みのほうは将来の複線化の際の橋梁増設を考慮して煉瓦を交互に突き出させた「げた歯構造」と呼ばれ
る積み方で、縞模様および市松模様に見える。
本橋梁は1999年(平成11年)11月18日に、国の登録有形文化財に登録された。
ここをクリックすると url s://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E7%94%B0%E4%B8%89%E9%80%A3%E6%A9%8B%E6%A2%81 にリンク

コメント 投稿者 清末義和  投稿日時 2020年09月16日 19時25分
 小山さん、織田さん、コメントありがとうございます。
NHK ワールドのサイトは英語版ですので、投稿動画の前後を日本語版として
追加しました。コロナが落ち着いたら、私も乗車してみたいと思っています。
続 立ち上げ編 8分
ここをクリックすると url s://www.facebook.com/yoshikazu.kiyosue/posts/1639228752922373?__cft__[0]=AZUkfGGT9P8zyTNIhoD5Hf2fMBXkA5UQ9tNkDNRUepqkXzlRhbMA45I7ObFHpU9ykcNaHPsB61Nr59lsj1gTx1KylW_xjgHpXhquNoupq48msU7IMkEq1Jjnut17DFn1qO9tnYq8-4skKXPh4U4Gc44u&__tn__=%2CO%2CP-R にリンク
続々 戦略編 10分
ここをクリックすると url s://www.facebook.com/yoshikazu.kiyosue/posts/1639239016254680?__cft__[0]=AZVdHdtPAwY1M_LyEj4xfxv5jOc4V3YzpDBy8HnWtOu5vLfZX3r7lAQMqyeSncrh74lK_QsH94JGGEZUKa2Gxbru9crMazqY2CxEoeMRXEs1yBDFSCWv-iCNLY425JdPINOJXwpDNkGTEQeBDy7pbnzP&__tn__=%2CO%2CP-R にリンク
コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2020年09月16日 02時38分
 涼しくなってきました。お変わりありませんか。
NHKのホームページで見ました。
ここをクリックすると url s://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/2049089/ にリンク
平成筑豊鉄道へは月に1回くらいのペースで撮影に出かけています。
   
コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2020年09月15日 19時24分
「ことこと列車」の番組は私も見ました。三連アーチ橋を走る姿は撮影ポイントと思います。コロナの収束具合によりますが、gotoトラベルの期間中に乗ってみたいと思いました。
4 2020年09月13日17時14分  投稿者:小山 榮   投稿番号 984856_00
タイトル:もう稲刈り
レンタル菜園の近くの田んぼの稲刈りが始まりました。コンバインの活躍はすばらしく刈り取られていく田んぼが時間単位で増えていきます。スマホのカメラなので動きのあるシラサギは取り込めませんでしたが、飛び立つ昆虫が狙いで傍を飛び回っていました。あっという間に刈り取られたコメは軽トラに移されます。自宅に戻り乾燥機にかけられるのでしょう。投稿の素材が乏しく今回は場繋ぎです。そういえば昔宴会の場繋ぎの上手な人がいました。


収穫の様子

コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2020年09月16日 02時49分
今年は稲刈りが早かったようです。害虫被害があったとか。
   
5 2020年09月07日16時30分  投稿者:織田寧人   投稿番号 463832_00
タイトル:台風一過
台風の風の音はすごかったですが、被害は少なくて済んだようです。 みなさんのところで何らかの被害がありましたら、お見舞い申し上げます。 わたしのところは、夜中に停電があったのか、朝インターネットがつながりませんでした。 色々やって見たのですがうまく行かず、Wi-Fi機器の電源をOFFにし、しばらくしてからONにしましたら回復しました。 今月は撮影に出かけていませんので、先月撮影したものから1枚添付します。


平成筑豊鉄道 犀川~東犀川三四郎 高屋川の流れ

コメント 投稿者 小山 榮  投稿日時 2020年09月07日 17時42分
織田さん早速の投稿ありがとうございます。近場の平成筑豊鉄道にも素晴らしい景色がたくさんありますね。夏のトップに加えさせていただきます。 今度の台風は事前に大変脅されましたのでしっかり備えました。おかげで私の家にはほとんど被害を残すことなく通り過ぎてくれました。 ところで今回のサーバー移行は、サーバー管理側にも利用者である私にも明らかな間違いがなかったことで解決に時間がかかりました。移行ツールや移行後のサーバー機能は十分検証されていたようで移行もその後の運用にも自信を持たれていました。実際、かなり大幅な改善がされていますが、順調に運用されています。ただ、利用者からすると管理画面のレイアウト変更はもちろんサポートされる機能が強化されて、すぐには使いこなせない状態からのスタートになりました。この面からのトラブルと一番の難問はこれまでうまく処理されていたテーブル定義が、サーバーのバージョンアップで拒否されるようになったことです。そのために、複数のテーブルの移行ができませんでした。サーバー管理側は移行ツールは正しい、私の方も何年も使いこんできたので間違いはないという暗黙の主張がかみ合わず結果としてエラーの原因がつかめない状態が続きました。お互いが正しい思っていると問題の特定化はできません。最終的には、私の用意していた移行を兼ねたバックアップツールを使うことで「これまで処理できていたものが新サーバーではエラー」になっていることが判明し問題解消につながりました。やれやれです。この辺りの面倒にぶつかるというのが、フリーソフトの弱点と思います。ただ、こんなに安価にオンラインの仕組みが開発でき公開できることに感激し感謝しています。 気が付いたら9月、彼岸花の季節がもうすぐです。楽しみです。


 [1/76]      ページのトップへ戻る     ホーム

投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。