件数統計 読込エラー===select * from homonkensu where kubun='No1'TOTOわいふぁい TOTOワイファイ 俳句 季語

著名な俳句の検索
著名な作者の作品集です。書籍やWEBサイトを参考にしながら整備中です。
検索条件
検索文字 すべて満足
表示順序を指定   作者順   俳句順   投稿順
   (検索ワードは 俳句 作者 説明を対象に検索します)     

  対象7689件  [1/8]     俳句メニュー

検索条件 (すべて対象
作品番号 作者  俳句説明
 1 子規  同じ事を廻燈籠のまはりけり 
 2 子規  秋三月馬鹿を尽して別れけり 
 3 子規  行く秋の我に神無し仏無し 
 4 子規  大仏の足もとに寝る夜寒哉 
 5 子規  秋立てば淋し立たねばあつくるし 
 6 子規  若竹や豆腐一丁米二合 
 7 子規  柿の花土塀の上にこぼれけり 
 8 子規  鳴きやめて飛ぶ時蝉のみゆる也 
 9 子規  夏山にもたれてあるじ何を詠む 
 10 子規  夕立ちや砂に突き立つ青松葉 
 11 子規  この二日五月雨なんど降るべからず 
 12 子規  絶えずしも白雲おこる氷室哉 
 13 子規  すゞみがてら君を送らんそこら迠 
 14 子規  夏羽織われをはなれて飛ばんとす 
 15 子規  うれしさに涼しさに須磨の恋しさに 
 16 子規  短夜を眠がる人の別れかな 
 17 子規  短夜や一寸のびる桐の苗 
 18 子規  菜の花の四角に咲きぬ麦の中 
 19 子規  行かばわれ筆の花散る処まで 
 20 子規  出陣や桜見ながら宇品迠 
 21 子規  春の月枯木の中を上りけり 
 22 子規  大国の山皆低きかすみ哉 
 23 子規  日本のぽっちり見ゆる霞哉 
 24 子規  畑打ちよこゝらあたりは打ち残せ 
 25 子規  無病なる人のいたがる二日灸 
 26 子規  春や昔古白といへる男あり 
 27 子規  石手寺へまはれば春の日暮れたり 
 28 子規  霜の夜や赤子に似たる猫の声 
 29 子規  凩の中より月の升りけり 
 30 子規  箒さはる琴のそら音や冬籠り 
 31 子規  冬の日の苅田のはてに暮れんとす 
 32 子規  鶏頭や油ぎったる花の色 
 33 子規  朝顔や入谷あたりの只の家 
 34 子規  団栗や屋根をころげて手水鉢 
 35 子規  我袖に来てはね返る螽かな 螽:いなご
 36 子規  秋の蝉子にとらるゝもあはれ也 
 37 子規  生きて帰れ露の命と言ひながら 
 38 子規  幅広き葉を流れけり朝の露 
 39 子規  砧打てばほろほろと星のこぼれける 砧:きぬた 洗濯した布を生乾きの状態で台にのせ、棒や槌でたたいて柔らかくしたり、皺をのばすための道具
 40 子規  わきかへる藪蚊の中や家一つ 
 41 子規  桜咲てお白粉売りや紅粉売や 
 42 子規  観音の大悲の桜咲きにけり 
 43 子規  行く人の霞になってしまひけり 
 44 子規  大仏に草餅あげて戻りけり 
 45 子規  鳥の声春は緑に暮れて行 
 46 子規  冬枯や大きな鳥の飛んで行く 
 47 子規  寒ければ木の葉衣を参らせん 
 48 子規  あの中に鬼やまじらん寒念仏 
 49 子規  寒さうに母の寝給ふ蒲団哉 
 50 子規  薪をわるいもうと一人冬籠 
 51 子規  一ツ目も三つ目も光る寒さ哉 百鬼夜行の図
 52 子規  蕣に今朝は朝寝の亭主あり 蕣:あさがお
 53 子規  冬の日の筆の林に暮れて行く 
 54 子規  秋の蚊や死ぬる覚期でわれを刺す 
 55 子規  秋の蠅二尺のうちを立ち去らず 
 56 子規  秋の蠅叩かれやすく成にけり 
 57 子規  秋風の吹きひろげけり川の幅 
 58 子規  稲妻をしきりにこぼす夕哉 
 59 子規  天の川高燈籠にかゝりけり 
 60 子規  笠の端に山かさなりて秋の風 
 61 子規  うれしさや七夕竹の中を行く 
 62 子規  花のあとにはや見えそむる胡瓜哉 
 63 子規  藍干や一筋あけてはいり口 
 64 子規  牡丹咲て美人の鼾聞えけり 
 65 子規  墓は皆涼しさうなり杉木立 
 66 子規  梅のみの落て黄なるあり青きあり 
 67 子規  水馬流れんとして飛び返る 水馬:あめんぼう
 68 子規  一雨にのびるや鹿のふくろ角 
 69 子規  蘆原の中に家あり行々子 行々子:ぎょうぎょうし ヨシキリのこと
 70 子規  夏川や水の中なる立ち咄し 
 71 子規  静かさは砂吹きあぐる泉哉 
 72 子規  青松葉見えつゝ沈む泉哉 
 73 子規  岩つかみ方手に結ぶ清水哉 
 74 子規  其底に木葉年ふる清水哉 
 75 子規  夕立ちにうたるゝ鯉のかしらかな 
 76 子規  心太水にもならず明けにけり 
 77 子規  正宗の眼もあらん土用干 
 78 子規  幟たてゝ嵐のほしき日なりけり 
 79 子規  猶熱し骨と皮とになりてさえ 
 80 子規  雨折々あつさをなぶる山家哉 
 81 子規  犬の子の草に寝ねたる熱さ哉 
 82 子規  ぐるりからいとしがらるゝ熱さ哉 
 83 子規  ずんずんと夏を流すや最上河 
 84 子規  風吹て山吹蝶をはね返し 
 85 子規  山吹や人形かわく一むしろ 
 86 子規  野辺の草草履の裏に芳しき 
 87 子規  蛤の荷よりこぼるゝうしほ哉 
 88 子規  爼板に鱗ちりしく桜鯛 
 89 子規  白魚や惋の中にも角田川 
 90 子規  から臼に落て消たる雲雀哉 
 91 子規  鶯より鶯多き根岸哉 
 92 子規  鶯や朝寝を起こす人もなし 
 93 子規  草の戸や春ををしみに人のくる 
 94 子規  紙雛や恋したさうな顔許り 
 95 子規  万歳や黒き手を出し足を出し 
 96 子規  鶯や東よりくる庵の春 
 97 子規  菜の花や利休の像を床の上 
 98 蕪村  うづみ火や終には煮ゆる鍋のもの 終:つひ
 99 川端茅舎  漬ゆるまで柿は机上に置かれけり 漬ゆる:つゆる
 100 蕪村  茂山やさては家ある柿若葉 茂山:しげやま
 101 子規  つり鐘の蔕のところが渋かりき 蔕:へた
 102 子規  ものゝふの河豚にくはるゝ悲しさよ 
 103 子規  蓮の露ころがる度にふとりけり 
 104 子規  茗荷よりかしこさうなり茗荷の子 
 105 子規  手の内に蛍つめたき光かな 
 106 子規  金時も熊も来てのむ清水哉 
 107 子規  白無垢の一竿すゞし土用干 
 108 子規  大仏にはらわたのなき涼しさよ 
 109 子規  蛍狩袋の中の闇夜かな 
 110 子規  鹿の角ふりむく時に落にけり 
 111 子規  秋に形あらば糸瓜に似たるべし 
 112 子規  秋風やはりこの亀のぶらんぶらん 
 113 子規  白魚や氷の中に生れけむ 
 114 子規  我宿にはいりさう也昇る月  
 115 子規  菜の花やはつとあかるき町はつれ 
 116 子規  柿くふや道灌山の婆が茶屋 
 117 虚子  野に遊ぶ金米糖をおてのくぼ 
 118 夏目漱石  秋風のひとりを吹くや海の上 
 119 原石鼎  夜のかなた甘酒売りの声あはれ 
 120 松瀬青々  日盛りに蝶のふれ合ふ音すなり 
 121 虚子  つぷしたる苺流るる乳の中 
 122 河東碧梧桐  乳鉢に紅すりつぶすいちごかな 
 123 子規  いちごとる手もとを群山走りけり 
 124 子規  まだ青きいちごや花の咲き残り 
 125 子規  葉かくれに小さし夏の桜餅 
 126 子規  林檎くふて又者物写す夜半哉 
 127 原石鼎  蝶の影二つとなりし土筆かな 
 128 子規  病床を三里離れて土筆取 
 129 子規  看病や土筆摘むのも何年目 
 130 森澄雄  無事は是貴人と言へり蕪蒸 
 131 渡辺水巴  どれもどれも淋しう光る小蕪かな 
 132 子規  たんほゝをちらしに青む春野哉 
 133 子規  長閑さや障子の穴に海見えて 
 134 子規  蜩や椎の實ひろふ日は長き 
 135 子規  草も木も竹も動くやけさの秋 
 136 子規  山々は萌黄淺黄やほとゝきす 
 137 子規  一日の旅路しるきや蝸牛 
 138 子規  春の月一重の雲にかくれけり 
 139 子規  山の花下より見れば花の山 
 140 山口青邨  柊を挿すひびも古り軒柱 
 141 水原秋櫻子  古りし宿柊挿すをわすれざり 
 142 水原秋櫻子  俄か寒おでん煮えつつゆるびけり 
 143 水原秋櫻子  落ち葉焚くけむりまとひて人きたる 
 144 石原八束  橇去りてより鈴きこゆ木魂とも 
 145 水原秋櫻子  柴漬や古利根今日の日を沈む 
 146 蕪村  葱買うて枯木の中を帰りけり 
 147 高野素十  枯れ果てし真菰の水や日い短か 
 148 久保田万太郎  波白き海の極月来りけり 
 149 鷹羽狩行  枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 
 150 子規  吹きたまる落葉や町の行き止り 
 151 鷹羽狩行  鉄橋を一塊として虎落笛 
 152 芭蕉  住みつかぬ旅の心や置火燵 
 153 鈴木真砂女  東京をふるさととして菊膾 
 154 蕪村  村百戸菊なき門も見えぬかな 
 155 松本たかし  沈丁の香を吐きつくしありしかな 
 156 加藤楸邨  山茶花のこぼれつぐなり夜も見ゆ 
 157 蕪村  ひつぢ田の案山子もあちらこちらむき 
 158 富安風生  今日も見る昨日の道の穴惑 
 159 阿波野青畝  一本の塀のきんかん数知らず 
 160 中村汀女  秋雨の瓦斯が飛びつく燐寸かな 
 161 森澄雄  弥彦より尾を引きて飛ぶ夜這星 夜這星:流れ星のこと
 162 子規  中天に並ぶ巌あり霧の奥 
 163 原石鼎  かんなづき月は軒端にありながら 
 164 山口青邨  藁の栓してみちのくの濁酒 
 165 加藤楸邨  秋刀魚焼く匂ひの底へ日は落ちぬ 
 166 河東碧梧桐  燕去んで部屋部屋ともす夜となりぬ 
 167 虚子  力なく毛見のすみたる田を眺め 毛見:けみ 検見 けんみ 田畑の立毛(たちげ)(農作物)を見分・坪刈りし,作柄に応じて租税を決定すること。
 168 一茶  吾木香さし出て花のつもりかな 吾木香:われもこう
 169 鷹羽狩行  爽やかや風のことばを波が継ぎ 
 170 芭蕉  白露もこぼさぬ萩のうねりかな 
 171 鷹羽狩行  昼は日を夜は月をあげ大花野 
 172 渡辺水巴  望の月雨を尽くして雲去りし 
 173 星野立子  下萌えて土中に楽のおこりたる 
 174 高野素十  端居してただ居る父の怖ろしき 
 175 一茶  栖より四五寸高きしをにかな 栖:ねぐら。鳥の巣  しをに:紫苑 草の名。秋、長い茎の上部に薄紫色の花が密集して咲く 花を見ると心に思ったことを忘れないという。思い草。鬼の醜草(しこぐさ)
 176 阿波野青畝  手触れなば裂けむ桔梗の蕾かな 
 177 向井去来  稲妻のかきまぜて行く闇夜かな 
 178 大野林火  足許にゆふぐれながら韮の花 
 179 星野立子  年の瀬の忙しといひつ遊ぶなり 
 180 石田八束  一振りのあと鈴虫のしぐれ啼き 
 181 原石鼎  霍乱のさめたる父や蚊帳の中 霍乱:日射病のこと。ふだんきわめて健康な人が珍しく病気になることのたとえ。
 182 石原八束  夕凪ぎて原子禍の町音絶えし 
 183 蕪村  静けさや清水ふみわる武者草鞋 草鞋:わらじ
 184 蕪村  静けさに堪へて水澄む田にしかな 
 185 石原八束  人去りしほほづき市のさびれ雨 
 186 向井去来  こけざまにほうと抱ゆる西瓜かな 
 187 飯田蛇笏  形代やたもとかはして浮き沈み 
 188 加藤楸邨  青き胡瓜ひとり噛みたり酔さめて 
 189 鷹羽狩行  空蝉のなほ苦しみを負ふかたち 
 190 芭蕉  草の葉を落るより飛蛍哉 
 191 子規  紫陽花やはなだにかはるきのふけふ 
 192 久保田万太郎  どぜう汁神輿待つ間にすゝりけり 
 193 能村登四郎  ごきぶりを打ち損じたる余力かな 
 194 芭蕉  掬ふよりはや歯にひびく泉かな 
 195 富安風生  書淫の目あげて卯の花腐しかな 書淫:しょいん 読書にふけること。非常に書物が好きなこと  腐し:くだし くたし
 196 子規  美服して牡丹に媚びる心あり 
 197 蕪村  燭の火を燭にうつすや春の夕 
 198 渡辺水巴  海苔掻は他を見ず岩を見て去りぬ 
 199 子規  裏溝やお玉杓子の水ぬるむ 
 200 富安風生  かげろふと字にかくやうにかげろへる 
 201 虚子  日に酔ひて死にたる如し日向ぼこ 
 202 蕪村  梅咲きぬどれがむめやらうめぢゃやら 
 203 夏目漱石  落ちざまに虻を伏せたる椿かな 
 204 久保田万太郎  節分や灰をならしてしづごころ 
 205 虚子  海女とても陸こそよけれ桃の花 
 206 子規  海松刈る君が姿ぞなつかしき 海松:みるめ
 207 森澄雄  天女より人女がよけれ吾亦紅 
 208 渡辺水巴  新月の光めく鮎寂しけれ 
 209 中村汀女  風鈴のもつるるほどに涼しけれ 
 210 虚子  ががんぽの脚の一つが悲しけれ 
 211 鷹羽狩行  大寒といふ一枚の落し蓋 
 212 蕪村  宿かせと刀投げ出す雪吹かな 
 213 竹下しづの女  書初やおさなおぼえの万葉歌 
 214 山口青邨  ほんだはらなのりそといふ名はいとし 
 215 中村汀女  年重ねきていやまさる初景色 
 216 山口青邨  春雨に鳥の古巣の濡るゝさま 
 217 山口青邨  草庵の塵掃き落す馬酔木かな 
 218 山口青邨  摘草や土筆全くのびにけり 
 219 山口青邨  石段を下るが嬉し初詣 
 220 山口青邨  初凪や波に戯れ二少年 
 221 星野立子  すぐあとに日のさしてくる時雨かな 
 222 星野立子  戸を繰れば欅落葉の一しきり 
 223 星野立子  風に揺るるげんげの花の畦づたひ 
 224 星野立子  烈風に花一房の落花かな 
 225 星野立子  軒下に雨よけて見る牡丹かな 
 226 星野立子  水引にひつかゝりたる芙蓉かな 
 227 星野立子  椋鳥の群落しゆく木の実かな 
 228 星野立子  今落ちしばかりの葛は赤きかな 
 229 星野立子  古家の屋根より高き大芭蕉 
 230 星野立子  遙かなる新樹の中に塔二つ 
 231 星野立子  おほばこの花の影あり草の上 
 232 星野立子  睡蓮の泥まみれなる浮葉かな 
 233 星野立子  一ならび睡蓮の葉の吹かれ立つ 
 234 星野立子  吹き立ちし睡蓮の葉しづまりぬ 
 235 山口青邨  野分繚乱美しきもの疲れたり 
 236 山口青邨  ドラム罐くづるる如し野分濤濤 
 237 山口青邨  わが庭の猪も出づべく野分吹く 
 238 山口青邨  こんぶてふ駅に野分の残りをり 
 239 子規  星飛んであとは淋しき野分哉 
 240 子規  押しつける大竹原の野分哉 
 241 子規  峠より眞下におろす野分哉 
 242 子規  山鳥の尾を吹かれたる野分哉 
 243 子規  大鳴門野分のあとの靜かなり 
 244 子規  大道の人吹きちらす野分かな 
 245 子規  大石の山道ふさぐ野分かな  
 246 子規  大木の道に倒るゝ野分哉 
 247 子規  大佛を一夜寐させぬ野分哉 
 248 子規  傘一ツあつかひかぬる野分哉 
 249 子規  はねかえす野分のあとの薄哉 
 250 子規  すさましや野分の塔のきしる音 
 251 子規  すごすごと月さし上る野分哉 
 252 子規  しづしづと野分のあとの旭かな 
 253 子規  さりげなき野分の跡やふしの山 
 254 子規  くたびれて野分のあとの草木哉 
 255 子規  あら鷲の吹きかへさるゝ野分哉 
 256 子規  せんつばや野分のあとの花白し 
 257 蕪村  不尽一つ埋み残して若葉かな 不尽:ふじ
 258 蕪村  絶頂の城たのもしき若葉かな 
 259 子規  夏帽の対なるをかぶり二三人 
 260 子規  潮あびる裸の上の藁帽子 
 261 子規  夏帽の白きをかぶり八字髯 
 262 蕪村  さみだれや田ごとの闇と成にけり 成:なり
 263 子規  書に倦みて燈下に柿をむく半夜 
 264 子規  夜を寒み背骨のいたき机かな 
 265 子規  夜を寒み俳書の山の中に座す 
 266 子規  歌書俳書紛然として昼寝哉 
 267 子規  柿落ちて犬吠ゆる奈良の横町かな 
 268 河東碧梧桐  乳あらはに女房の単衣襟浅き 
 269 河東碧梧桐  葉鶏頭と鶏頭とある垣根かな 
 270 子規  朧夜や悪い宿屋を立ち出づる 
 271 杉田久女  書肆の灯にそゞろ読む書も秋めけり 書肆:しょし 出版社、書店、本屋
 272 子規  柿赤く稲田みのれり塀の内 
 273 子規  渋柿やあら壁つゞく奈良の町 
 274 山口青邨  矢桶よりとつてたまはる破魔矢かな 
 275 原石鼎  咲きのこる薔薇の花壇に夕立かな 
 276 山口青邨  縁台を濡らして過ぎし夕立かな 
 277 山口青邨  病葉をおとしおとして梅古木 
 278 山口青邨  草を焼く煙流れて梅白し 
 279 山口青邨  天高く畑打つ人や奥吉野 
 280 山口青邨  大木の一枝垂れて芽ぐみたる 
 281 山口青邨  雑炊もみちのくぶりにあはれなり 
 282 山口青邨  牡丹の芽に雪が降る雨が降る 
 283 山口青邨  雪の野のふたりの人のつひにあふ 
 284 山口青邨  一面の露一面の野菊かな 
 285 山口青邨  白き花一枚敷ける新樹かな 
 286 山口青邨  餅花を飾れば書屋山家めき 
 287 山口青邨  福笹をかつげば肩に小判かな 
 288 山口青邨  餅花や夕月はやも軒の端に 
 289 鈴木真砂女  なりはいや鰺を叩くに七五調 
 290 鈴木真砂女  来てみれば花野の果ては海なりし 
 291 能村登四郎  子にみやげなき秋の夜の肩車 
 292 虚子  やり羽子や油のやうな京言葉 
 293 村上鬼城  痩馬にあはれ灸や小六月 灸:やいと
 294 松本たかし  外の面より煙這入り来秋の風 這入り:はいり
 295 星野立子  一山をおほへる葛に秋の風 
 296 虚子  せはしなく暮れ行く老の短き日 
 297 鈴木真砂女  鰯雲鰯いよいよ旬に入る 
 298 渡辺水巴  うそ寒の身をおしつける机かな 
 299 秋元不死男  やや寒の頬突いて出す紫煙の輪 
 300 星野立子  水澄みて水澄みて人新たなり 
 301 長谷川素逝  いちまいの刈田となりてただ日なた 
 302 夏目漱石  日あたりや熟柿の如き心地あり 
 303 能村登四郎  何も言はず妻倚り坐る夜の秋 
 304 能村登四郎  寡作なる人の二月の畑仕事 
 305 能村登四郎  咳了へてほのかに来る人の息 
 306 能村登四郎  鳥食に似てひとりなる夜食かな 
 307 森澄雄  寒鯉を雲のごとくに食はず飼ふ 
 308 森澄雄  向日葵や起きて妻すぐ母の声 
 309 森澄雄  水平ら安曇は空に田を植うる 
 310 森澄雄  白梅に昔むかしの月夜かな 
 311 森澄雄  さるすべり美しかりし与謝郡 
 312 能村登四郎  暁紅に露の藁屋根合掌す 
 313 星野立子  緑陰を流れ出て来る水迅し 
 314 松本たかし  金粉をこぼして火蛾やすさまじき 
 315 加藤楸邨  雉子の眸のかうかうとして売られけり 
 316 日野草城  春の灯や女は持たぬのどぽとけ 
 317 阿波野青畝  葛城の山懐に寝釈迦かな 
 318 山口誓子  ピストルがプールの硬き面にひびき  
 319 虚子  夏行とは句を作ること選むこと 
 320 虚子  夜話遂に句会となりぬリラの花 
 321 鷹羽狩行  春雷や岬はひしと湾を抱き 
 322 加藤楸邨  落葉松はいつめざめても雪降りをり 
 323 藤田湘子  あめんぼと雨とあめんぼと雨と 
 324 一茶  亡母や海見る度に見る度に 亡母:なきはは
 325 芭蕉  世にふるもさらに宗祇のやどり哉 宗祇:そうぎ 室町時代の連歌師
 326 富安風生  赤富士を終へし枕を返しけり 
 327 富安風生  赤富士を見よともろ鳥告げわたる 
 328 富安風生  赤富士に針葉の露団々と 
 329 富安風生  赤富士に万籟を絶つ露の天 万籟:ばんらい 種々のものが風に吹かれて立てる音。すべての物音。
 330 富安風生  赤富士に露の満天満地かな 
 331 飯田蛇笏  万緑になじむ風鈴昼も夜も 
 332 橋本多佳子  万緑やおどろきやすき仔鹿ゐて 
 333 山口青邨  万緑の中さやさやと楓あり 
 334 加藤楸邨  寂として万緑の中紙魚は食ふ 
 335 石田波郷  万緑を顧みるべし山毛欅峠 山毛欅:ぶな
 336 石田波郷  万物に女の浴身さんらんと 
 337 虚子  万緑の万物の中大仏 
 338 加藤楸邨  天の川鷹は飼はれて眠りおり 
 339 芭蕉  数ならぬ身となおおもひそ玉祭 
 340 石田波郷  七夕竹借命の文字隠れなし 
 341 虚子  路のべに阿波の遍路の墓あはれ 
 342 星野立子  雛飾りつゝふと命惜しきかな 
 343 橋本多佳子  月光にいのち死にゆくひとと寝る 
 344 虚子  東山静かに羽子の舞ひ落ちぬ 
 345 阿波野青畝  葛飾の山懐に寝釈迦かな 
 346 水原秋櫻子  葛飾や桃の籬も水田べり 籬:まがき 竹や柴などで目を粗く編んだ垣根
 347 原石鼎  蔓踏んで一山の露動きけり 
 348 村上鬼城  治聾酒の酔ふほどもなくさめにけり 治聾酒:じろうしゅ 春の社日(立春から第五の戌の日)に飲む酒。この日に酒を飲むと聾が治るといわれている。
 349 渡辺水巴  白日は我が霊なりし落葉かな 
 350 虚子  この池の生々流転蝌蚪の紐 
 351 虚子  茎右左往菓子器のさくらんぼ 
 352 虚子  而して蠅叩さへ新しき 而して:しこうして それにしても 新婚家庭の様子
 353 一茶  雪とけて村一ぱいの子どもかな 
 354 各務支考  馬の耳すぼめて寒し梨の花  
 355 宝井其角  小傾城行きてなぶらん年の暮 
 356 一茶  花の陰寝まじ未来が恐しき 
 357 一茶  瓜西瓜ねんねんころりころり哉 
 358 一茶  ふらんどや桜の花をもちながら ふらんど:ぶらんこ
 359 蕪村  しら梅や誰むかしより垣の外 誰;たが
 360 蕪村  夏河を越すうれしさよ手に草履 
 361 芭蕉  櫓の声波をうって腸氷る夜や涙 腸:はらわた
 362 蕪村  凧きのふの空のありどころ 凧:いかのぼり
 363 向井去来  凩の地にも落さぬしぐれ哉 
 364 芥川龍之介  蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな 
 365 鷹羽狩行  寸鉄のヘアピンを挿し炎天へ 
 366 子規  咲き満ちてこぼるゝ花もなかりけり 
 367 鷹羽狩行  怒るとき生あざやかに白絣 
 368 川端茅舎  芋腹をたゝいて歓喜童子かな 
 369 石田波郷  よろめきて孤絶の蚊帳をつらんとす 
 370 富安風生  街の雨鶯餅がもう出たか 
 371 高野素十  雁の声のしばらく空に満ち 
 372 野沢凡兆  時雨るるや黒木つむ屋の窓明り 
 373 阿部みどり女  リラに鼻つけて踝をかへしけり 踝:きびす
 374 阿部みどり女  物言はぬ独りが易し胡瓜もみ 
 375 阿部みどり女  春夜の子起しておけばいつまでも 春夜:しゅんや
 376 阿部みどり女  ざらざらと櫛にありけり花ぼこり 
 377 各務支考  はぜ釣や角前髪の上手がほ 
 378 各務支考  一は闇二は月かけの華表かな 
 379 各務支考  柿ぬしの野分かゝえて旅ねかな 
 380 阿部みどり女  光陰は竹の一節蝸牛 一節:ひとふし
 381 阿部みどり女  黄を尽したんぽぽ絮となりにけり 絮:わた
 382 阿部みどり女  幻のまぶたにかへる春の闇 
 383 阿部みどり女  まなうらは火の海となる日向ぼこ 
 384 阿部みどり女  月下美人あしたに伏して命あり 
 385 阿部みどり女  夢に見し人遂に来ず六月尽く 
 386 秋元不死男  口中へ涙こつんと冷やかに 
 387 秋元不死男  卒業や楊枝で渡すチーズの旗 
 388 秋元不死男  瀬の岩へ跳んで錢鳴る二月盡 
 389 秋元不死男  煌々と夏場所終りまた老ゆる 
 390 秋元不死男  礁打つ浪に八月傷むかな 
 391 秋元不死男  鳥渡るこきこきこきと罐切れば 
 392 秋元不死男  七夕やまだ指折つて句をつくる 
 393 秋元不死男  蝿生れ早や遁走の翅使ふ 
 394 秋元不死男  縛されて念力光る兜虫 
 395 秋元不死男  靴裏に都会は固し啄木忌 
 396 秋元不死男  ちらと笑む赤子の昼寝通り雨 
 397 秋元不死男  終戦日妻子入れむと風呂洗ふ 
 398 高野素十  年酒酌むふるさと遠き二人かな 
 399 阿波野青畝  汝の年酒一升一升又一升 
 400 阿波野青畝  土用鰻店ぢゆう水を流しをり 
 401 阿波野青畝  折りかへすマラソンに散る柳かな 
 402 阿波野青畝  畑打つや土よろこんでくだけけり 
 403 阿波野青畝  我老いて柿の葉鮓の物語 
 404 阿波野青畝  息白き子のひらめかす叡智かな 
 405 阿波野青畝  ゐのししの鍋のせ炎おさへつけ 
 406 阿波野青畝  爪に火をともす育ちの老の春 
 407 阿波野青畝  襖除り杜鵑花あかりに圧されけり ふすまとりさつきあかりにおされけり
 408 阿波野青畝  居酒屋の灯に佇める雪だるま 
 409 阿波野青畝  秋の灯のテールランプが地に満てり 
 410 阿波野青畝  月下美人膾になつて了ひけり 
 411 富安風生  紅梅に彳ちて美し人の老  彳:た
 412 富安風生  かゞやきて神ながらなる樟若葉 
 413 富安風生  この道をこゝにふみそめ草の花 
 414 富安風生  霧さむし深山燕の鋭き谺 
 415 富安風生   道ばたに大森彦七曼珠沙華 
 416 富安風生  野牡丹の散華無情とはかく美しき 
 417 富安風生  この宿に汝もあまえ鳴く雨蛙 
 418 富安風生  冬草や黙々たりし父の愛  
 419 富安風生  秋更や茶園春よりみどりにて 
 420 富安風生  芽ぐみたる枝賑はしや影法師 
 421 富安風生  湖浮び芒に沈む荘の屋根 
 422 富安風生  松の上に蜻蛉高き日和かな 
 423 富安風生  山道の掃いてありたる初詣 
 424 富安風生  見つめをる月よりな何かこぼれけり 
 425 富安風生  里川の若木の花もなつかしく 
 426 富安風生  茸山にあそびて左右の海二つ  
 427 富安風生  石鎚も南瓜の花も大いなり 
 428 富安風生  郭公を待てば応ふるはるかかな 
 429 富安風生  郭公のさも郭公といふ遠さ 
 430 富安風生  行く道のままに高きに登りけり 
 431 富安風生  枯蓮にわれ等が佇てば里の子も 
 432 富安風生  蓮枯れて眺めてふものなき眺め 
 433 富安風生  枯蓮の折れたる影は折れてをる 
 434 富安風生  天日にさらして枯るる蓮かな 
 435 中村草田男  夏雲観るすべての家を背になして 
 436 富安風生  夏空に雲のらくがき奔放に 
 437 原石鼎  爆竹や瀬々を流るる山の影 
 438 原石鼎  鉞に裂く木ねばしや鵙の声 
 439 原石鼎  とんぼうの薄羽ならしし虚空かな 
 440 原石鼎  花烏賊の腹ぬくためや女の手 
 441 原石鼎  雪峰の月は霰を落しけり 
 442 原石鼎  月とてる星高々と涼しけれ 
 443 原石鼎  節分の高張立ちぬ大鳥居 
 444 原石鼎  七草に入りたきさまの野菊かな 
 445 原石鼎  春陰や眠る田螺の一ゆるぎ 
 446 原石鼎  けさ秋の一帆生みぬ中の海 
 447 原石鼎  美しき鳥来といへど障子内 
 448 原石鼎  夕闇の既に牡丹の中にあり 
 449 原石鼎  夕月に七月の蝶のぼりけり 
 450 原石鼎  黒栄に水汲み入るゝ戸口かな 
 451 原石鼎  雪に来て美事な鳥のだまり居る 
 452 原石鼎  秋風や模様のちがふ皿二つ 
 453 原石鼎  花影婆娑と踏むべくありぬ岨の月 
 454 富安風生  秋の灯の遠くかたまるかなしさよ 
 455 秋元不死男  口中に涙こつんと冷やかに 
 456 星野立子  尻高くはね上げ小犬園小春 
 457 原石鼎  秋風に殺すと来る人もがな 
 458 原石鼎  炎帝の下さはやかに蛭泳ぐ 
 459 阿波野青畝  蟻地獄みな生きてゐる伽藍かな 
 460 長谷川かな女  長陽や惋の蒔絵のことごとし 
 461 虚子  月の雨こらへ切れずに大振りに 
 462 阿部みどり女  鈴虫のいつか遠のく眠りかな 
 463 森澄雄  西国の畔曼珠沙華曼珠沙華 
 464 富安風生  岐れてもまた岐れても花野みち 岐れ:わかれ
 465 野沢凡兆  鷲の巣の樟の枯枝に日は入りぬ 
 466 虚子  その日死ぬる此身と蒲団かな 
 467 虚子  死神を蹴る力なき蒲団かな 
 468 虚子  霜降れば霜を楯とす法の城 
 469 原石鼎  山川に高浪を見し野分かな 
 470 子規  山吹に一閑張の机かな 一閑張:いっかんばり 漆器の素地製法の一種 木地に紙を張重ねて漆塗りをしたものも一閑張と言う
 471 各務支考  片枝に脈や通ひて梅の花 
 472 内藤丈草  我事と鰌の逃げし根芹かな 
 473 森川許六  十団子も小粒になりぬ秋の風 十団子:とだんご 和菓子の一種で、団子または類するものを紐や串でつなげたもの
 474 宝井其角  秋の空尾上の杉に離れけり 
 475 向井去来  何事ぞ花見る人の長刀 
 476 芭蕉  初時雨猿も小蓑をほしげなり 
 477 芭蕉  海士の家は小海老に交るいとゞかな 
 478 宝井其角  顔にもの着てうたゝねの月 
 479 芭蕉  油かすりて宵寝する秋 
 480 野沢凡兆  灰汁桶の雫やみけりきりぎりす 
 481 蕪村  宿の梅折取るほどになりにけり 
 482 野沢凡兆  呼かへす鮒売見えぬあられかな 
 483 炭太祇  春風や殿待うくる船かざり 
 484 蕪村  うき我に砧うて今は又止みね 砧:きぬた 「うて」と「止みね」:命令詩
 485 蕪村  去年より又淋しいぞ秋の暮 
 486 蕪村  冬籠燈光風の眼を射る 眼:まなこ
 487 向井去来  鉢たゝき来ぬ夜となれば朧なり 
 488 宝井其角  菊を切る跡まばらにもなかりけり 
 489 炭太祇  長閑さや早き月日を忘れたる 
 490 芭蕉  草臥て宿かる頃や藤の花 草臥:くたびれ
 491 宝井其角  鶯の身を逆様に初音かな 逆様:さかさま
 492 蕪村  春雨や人住て煙壁を洩る 
 493 野沢凡兆  鶏の声も聞こゆる山桜 
 494 石田波郷  金雀枝や基督に抱かると思へ 金雀枝:えにしだ
 495 石田波郷  雁の束の間に蕎麦刈られけり 雁:かりがね
 496 野沢凡兆  あさ露や鬱金畠の秋の風邪 鬱金:うこん
 497 野沢凡兆  灰捨て白梅うるむ垣ねかな 
 498 野沢凡兆  下京や雪つむ上の夜の雨 
 499 虚子  世の中を遊びごゝろや氷柱折る 
 500 虚子  春の山屍をうめて空しかり 
 501 石田波郷  霜の墓抱き起さるゝとき見たり 
 502 石田波郷  雨がちに端午ちかづく父子かな 父子:おやこ
 503 内藤丈草  町中の山や五月ののぼり雲 
 504 三浦樗良  立臼のぐるりはくらし夕時雨 
 505 三浦樗良  春の雪風ふきあれて日の暮るる 
 506 三浦樗良  秋のあはれ忘んとすれは初しくれ 
 507 三浦樗良  見かへればうしろを覆ふ桜かな 
 508 富安風生  枯数珠玉畦に奏でて恵方道 
 509 富安風生  恵方道故里人と話しつれ 
 510 森澄雄  ゆくほどに雪嶺囲ひや恵方道 
 511 水原秋櫻子  めでたさや恵方詣の酔ひ戻り 
 512 富安風生  いやなこといやで通して老の春 
 513 富安風生  麦架けて那須野ケ原の一軒家 
 514 富安風生  ここに立てばかなたにしだれざくらかな 
 515 富安風生  蔦の葉に働く汗をふりこぼす 
 516 富安風生  寒雀顔見知るまで親しみぬ 
 517 富安風生  命ありまた一齢を授かりぬ 
 518 富安風生  授かりし寿をかい懐き恵方道 
 519 富安風生  九十一の一をしつかり初硯 
 520 富安風生  藻の花やわが生き方をわが生きて 
 521 富安風生  生きることたのしくなりぬ老いの春 
 522 富安風生  夜半寒くわがため覚めて妻愛し 
 523 富安風生  残生のいよいよ愛し年酒酌む 
 524 富安風生  郭公の四山にこだま返るなし 
 525 富安風生  柔らかに春風の吹く命惜し 
 526 富安風生  枯野道ゆく外はなし行きにけり 
 527 富安風生  かかる日のまためぐり来て野菊晴 
 528 富安風生  舟ゆけば筑波したがふ芦の花 
 529 富安風生  みちのくの伊達の群の春田かな  
 530 富安風生  ひややかにわれを遠くにおきて見る 
 531 富安風生  むつかしき辞表の辞の字冬夕焼け 
 532 富安風生  富士にのみ富士の容に雲涼し 
 533 富安風生  勝負せずして七十九年老の春 
 534 富安風生  春の雨街濡れSHELLと紅く濡れ 
 535 富安風生  老いはいや死ぬこともいや年忘れ 
 536 富安風生  春の町帯のごとくに坂を垂れ 
 537 富安風生  工女帰る浴衣に赤い帯しめて 
 538 富安風生  しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 
 539 富安風生  廚の灯おのづから点き暮早し 
 540 富安風生  地芝居のお軽に用や楽屋口 
 541 富安風生  退屈なガソリンガール柳の芽 
 542 富安風生  すずかけ落葉ネオンパと赤くパと青く 
 543 富安風生  年の内に春立つといふ古歌のまま 
 544 富安風生  柔かく女豹がふみて岩灼くる 
 545 富安風生  秋晴の運動会をしてゐるよ 
 546 松瀬青々  鞦韆にこぼれて見ゆる胸乳かな 鞦韆:しゅうせん ぶらんこ
 547 松瀬青々  年玉やかちかち山の本一つ 
 548 松瀬青々  かの岡に稚き時の棗かな 
 549 松瀬青々  風呂吹にとろりと味噌の流れけり 
 550 松本たかし  とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 
 551 松本たかし  羅をゆるやかに著て崩れざる 羅:うすもの
 552 松本たかし  月光の走れる杖をはこびけり 
 553 松本たかし  濃山吹墨をすりつゝ流し目に 
 554 松本たかし  あなどりし四百四病の脚気病む 
 555 松本たかし  水浅し影もとどめず山葵生ふ 
 556 松本たかし  枯菊と言い捨てんには情あり 
 557 松本たかし  ふと羨し日記買ひ去る少年よ 
 558 松本たかし  秋風のユーカリ大樹吹きしぼり 
 559 森澄雄  永き日のこころ乗せをり雲の上 
 560 森澄雄  たましひの出で入りしては日向ぼこ 
 561 森澄雄  菜の花の風まぶしくて畔蛙 
 562 森澄雄  新緑や濯ぐばかりに肘若し 
 563 森澄雄  暮れ際の紫紺の五月来りけり 
 564 森澄雄  水打つてあそびごころの見えており 
 565 石田波郷  琅玕や一月沼の横たはり 琅玕:ろうかん  美しい玉。硬玉・軟玉などの宝石
 566 鷹羽狩行  大いなる柄杓星出てお水取 
 567 鷹羽狩行  蓮根掘モーゼの杖を掴み出す 
 568 金子兜太  華麗な墓原女陰あらわに村眠り 
 569 川端茅舎  河骨の金鈴ふるふ流れかな 
 570 森澄雄  木の実のごとき臍もちき死なしめき 臍:へそ
 571 川端茅舎  花馬鈴薯鼠のごとく雀ゐて 
 572 川端茅舎  芭蕉葉や破船のごとく草の中 
 573 川端茅舎  しぐるゝや笛のごとくに火吹竹 
 574 川端茅舎  牡丹雪林泉鉄のごときかな 林泉:木立や流水・池泉などのある庭園
 575 芥川龍之介  兎も片耳垂るる暑さかな 
 576 水原秋櫻子  寒鯉を真白しと見れば鰭の藍 鰭:ひれ
 577 水原秋櫻子  初日さす松はむさし野にのこる松 
 578 虚子  凡そ天下に去来程の小さき墓に参りけり 
 579 石田波郷  鳰の岸女いよいよあはれなり 
 580 石田波郷  女来と帯纏き出づる百日紅 来:き 纏き:まき
 581 石田波郷  綿虫やそこは屍の出てゆく門 屍:かばね
 582 虚子  来る人に我は行く人慈善鍋 
 583 虚子  なりふりもかまはずなりて着膨れて 
 584 山口青邨  香取より鹿島はさびし木の実落つ 
 585 水原秋櫻子  桑の芽や雪嶺のぞく峡の奥 峡:かい
 586 子規  稲の穂や南に凌雲閣低し 
 587 森澄雄  火にのせて草のにほひす初諸子 
 588 金子兜太  焚火に混るゴムのにおいや夏去りぬ 
 589 中村草田男  秋の航一大紺円盤の中 
 590 富安風生  蛍火や山のやうなる百姓家 
 591 波多野爽波  掛稲のすぐそこにある湯呑かな 
 592 波多野爽波  巻尺を伸ばしてゆけば源五郎 
 593 波多野爽波  チューリップ花びら外れかけてをり 
 594 波多野爽波  菱採りしあたりの水のぐったりと 
 595 波多野爽波  帚木が帚木を押し傾けて 
 596 高野素十  大榾をかへせば裏は一面火 榾:ほた 囲炉裏や竈かまどでたく薪たきぎ
 597 高野素十  泡のびて一動きしぬ薄氷 
 598 高野素十  ばらばらに飛んで向うへ初鴉 
 599 石田波郷  牡丹雪その夜の妻のにほふかな 
 600 野沢凡兆  市中は物のにほひや夏の月 
 601 水原秋櫻子  高嶺星蚕飼の村は寝しづまり 蚕飼:こかい
 602 渡辺水巴  日輪を送りて月の牡丹かな 
 603 原石鼎  淋しさにまた銅鑼うつや鹿火屋守 
 604 河東碧梧桐  蝶そゝくさと飛ぶ田あり森は祭にや 
 605 加藤楸邨  春さむく海女にもの問ふ渚かな 
 606 芝不器男  蟬時雨つくつく法師きこえそめぬ 
 607 芝不器男  郭公や国の真洞は夕茜 
 608 芝不器男  学生の一泊行や露の秋 
 609 芝不器男  北風や青空ながら暮れはてて 
 610 芝不器男  うちまもる母のまろ寝や法師蟬 
 611 松本たかし  鳥雲に身は老眼の読書生 
 612 松本たかし  雨音のかむさりにけり虫の宿 
 613 松本たかし  鈴虫は鳴きやすむなり虫時雨 
 614 松本たかし  蝌蚪生れて未だ覚めざる彼岸かな 
 615 右城暮石  一身に虻引受けて樹下の牛 
 616 右城暮石  水中に逃げて蛙が蛇忘る 
 617 右城暮石  草矢よく飛びたり水につきささる 
 618 大野林火  鶏頭を抜けばくるもの風と雪 
 619 大野林火  鳴き鳴きて囮は霧につつまれし 
 620 大野林火  紙漉のこの婆死ねば一人減る 
 621 大野林火  淡墨桜風たてば白湧きいづる 
 622 大野林火  人の行く方へゆくなり秋の暮 
 623 大野林火  こがらしの樫をとらへしひびきかな 
 624 渡辺水巴  八月のうぐひす幽し嶽の裏 
 625 渡辺水巴  月光にぶつかつて行く山路かな 
 626 渡辺水巴  うすめても花の匂ひの葛湯かな 
 627 松瀬青々  苗代の水のつゞきや鳰の海 
 628 松瀬青々  苗代や月かすかなる水の闇 
 629 松瀬青々  桃の花を満面に見る女かな 
 630 鷹羽狩行  スケートの濡れ刃携へ人妻よ 
 631 金子兜太  二十のテレビにスタートダッシュの黒人ばかり 
 632 星野立子  春寒し赤鉛筆は六角形 
 633 虚子  独り句の推敲をして遅き日を 
 634 虚子  浪音の由比ケ浜より初電車 
 635 星野立子  電車いままっしぐらなり桐の花 
 636 中村草田男  なんでもいいやい知らねえやい 
 637 大野林火  ねむりても旅の花火の胸にひらく 
 638 山口青邨  みちのくの鮭は醜し吾もみちのく 
 639 松瀬青々  甘酒屋打出の浜におろしけり 
 640 鷹羽狩行  苺摘む花また花を摘むごとく 
 641 松本たかし  雲されば月の歩みのゆるみつつ 
 642 原石鼎  秋蝶の驚きやすきつばさかな 
 643 村上鬼城  高浪をくゞりて秋の蝶黄なり 
 644 星野立子  バルサ待つ湧き立つ秋の蝶の中 ブラジル旅行
 645 高野素十  秋風の吹けば蝶々むらがれる 
 646 中村汀女  秋風にある噴水のたふれぐせ 
 647 原石鼎  己が庵に火かけて見むや秋の風 
 648 川端茅舎  鵙の野に鉄塔エレキ通はする 
 649 渡辺水巴  山百合に雹を降らすは天狗かな 雹:ひょう
 650 飯田蛇笏  たましひのたとへば秋のほたる哉 
 651 子規  ほろほろと雨吹きこむや青簾 
 652 飯田蛇笏  西日さす天皇の碑に葡萄熟る 
 653 飯田龍太  満月に浮かれ出でしは山ざくら 
 654 飯田龍太  水澄みて四方に関ある甲斐の国 
 655 飯田蛇笏  青草をいっぱいつめしほかる籠 
 656 鈴木真砂女  新涼や尾にも塩ふる焼肴 肴:さかな
 657 鈴木真砂女  鮟鱇の吊し切とはいたましや 
 658 鈴木真砂女  死にし人別れし人や遠花火 
 659 鈴木真砂女  ふるさとの波音高き祭かな 
 660 芝不器男  ぬば玉の閨かいまみぬ嫁が君 嫁が君:ねずみ
 661 石田波郷  前髪にちらつく雪や初不動 
 662 村上鬼城  白雲のしづかに行きて恵方かな 
 663 蕪村  七くさや袴の紐の片むすび 
 664 鷹羽狩行  数といふうつくしきもの手毬唄 
 665 水原秋櫻子  羽子板や子はまぼろしのすみだ川 
 666 長谷川かな女  羽子板の重きが嬉し突かで立つ 
 667 飯田蛇笏  わらんべの溺るゝばかり初湯かな 
 668 森澄雄  観音の頤仰ぐ淑気かな 頤:おとがひ  下顎
 669 金子兜太  暁闇に褌代えて初日待つ 褌:たふさぎ ふんどし
 670 山口青邨  初空の藍と茜と満たしあふ 
 671 鈴木真砂女  ふるさとの海の香にあり三ケ日 
 672 鈴木真砂女  石蕗咲いていよいよ海の紺たしか 
 673 松本たかし  薄目あけ人嫌ひなり炬燵猫 
 674 鷹羽狩行  廻されて電球ともる一葉忌 
 675 秋元不死男  へろへろとワンタンすするクリスマス 
 676 石田波郷  百万に餓鬼うづくまる除夜の鐘 
 677 虚子  うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 
 678 橋本多佳子  干大根人かげのして訪はれけり 
 679 山口青邨  実朝の歌ちらと見ゆ日記買ふ 
 680 水原秋櫻子  宵寝して年越蕎麦に起さるゝ 
 681 右城暮石  スリッパの数見事なり忘年会 
 682 星野立子  煤払終へ祖父の部屋母の部屋 
 683 鷹羽狩行  みちのくの星入り氷柱われに呉れよ 
 684 久保田万太郎  叱られて目をつぶる猫春隣 
 685 波多野爽波  手が冷た頬に当てれば頬冷た 
 686 川端茅舎  約束の寒の土筆を煮て下さい 
 687 森澄雄  大年の法然院に笹子ゐる 笹子:笹鳴きをしているウグイス
 688 鷹羽狩行  数へ日の数へるほどもなくなりぬ 
 689 芭蕉  年暮ぬ笠きて草鞋はきながら 
 690 山口青邨  極月の人々人々道にあり 
 691 長谷川かな女  亡き母を知る人来たり十二月 
 692 加藤楸邨  雪待月ひそかに梢もえゐたり 
 693 中村草田男  あたゝかき十一月もすみにけり 
 694 水原秋櫻子  朝市に磯もの多し神無月 
 695 星野立子  何といふ淋しきところ宇治の冬 
 696 石田波郷  葛咲くや嬬恋村の字いくつ 
 697 三橋鷹女  この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉 
 698 鷹羽狩行  胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 
 699 中村草田男  空は太初の青さ妻より林檎うく 
 700 森澄雄  雁の数渡りて空に水尾もなし 水尾:みお 水尾の痕跡もなし
 701 飯田蛇笏  流燈や一つにはかにさかのぼる 
 702 中村汀女  あひふれし子の手とりたる門火かな 
 703 渡辺水巴  草市のあとかたもなき月夜かな 
 704 鷹羽狩行  竿灯が揺れ止み天地ゆれはじむ 
 705 山口青邨  七夕の一粒の雨ふりにけり 
 706 石原八束  ひと夜母のふた夜は妻の切籠かな 切籠:きりこ 
 707 鈴木真砂女  今生のいまが倖せ衣被 衣被:きぬかずき きぬかつぎ 里芋の子芋を皮のままゆでたり蒸したりしたもの
 708 鷹羽狩行  とつくんのあととくとくと今年酒 
 709 能村登四郎  満月の花野ゆき花すこし摘む 
 710 中村草田男  白墨の手を洗ひをる野分かな 
 711 星野立子  新涼や起きてすぐ書く文一つ 
 712 芭蕉  文月や六日も常の夜には似ず 
 713 飯田龍太  鎌倉をぬけて海ある初秋かな 
 714 石田波郷  昼顔のほとりによべの渚あり 
 715 三橋鷹女  昼顔に電流かよひゐはせぬか 
 716 石田波郷  雷の下キャベツ抱きて走り出す 
 717 富安風生  夕顔の一つの花に夫婦かな 
 718 松本たかし  芥子咲けばまぬがれたく病みにけり 
 719 鷹羽狩行  摩天楼より新緑がパセリほど 
 720 蕪村  不二ひとつうづみのこして若葉かな 
 721 鷹羽狩行  夜の新樹詩の行間をゆくごとし 
 722 水原秋櫻子  夜の雲に噴煙うつる新樹かな 
 723 虚子  大風に湧き立つてをる新樹かな 
 724 上田五千石  あけぼのや泰山木は蝋の花 
 725 山口青邨  玉虫の羽のみどりは推古より 
 726 橋本多佳子  袋角鬱々と枝を岐ちをり 鬱々:うつうつ 岐ち:わかち
 727 子規  祇園会や二階に顔のうづたかき 
 728 鷹羽狩行  母の日のてのひらの味塩むすび 
 729 飯田蛇笏  鈴の音のかすかにひゞく日傘かな 
 730 富安風生  一生の楽しきころのソーダ水 
 731 能村登四郎  梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 
 732 飯田龍太  梅を干す真昼小さな母の音 
 733 能村登四郎  白地着て血のみ潔く子に遺す 
 734 石原八束  血を喀いて眼玉の乾く油照り 喀いて:はいて
 735 森澄雄  炎天より僧ひとり乗り岐阜羽島 
 736 高野素十  春の月ありしところに梅雨の月 
 737 加藤楸邨  おのれ吐く雲と灼けをり駒ケ嶽 
 738 中村汀女  街の上にマスト見えゐる薄暑かな 
 739 星野立子  初夏の一日一日と庭のさま 
 740 虚子  明易や花鳥諷詠南無阿弥陀  明易:あけやす
 741 中村汀女  柔らかに岸踏みしなふ芦の角 
 742 秋元不死男  跳ぶ妻のどこ受けとめむ水草生ふ 
 743 水原秋櫻子  金色の仏ぞおはす蕨かな 蕨:わらび
 744 星野立子  まゝ事の飯もおさいも土筆かな 
 745 川端茅舎  花杏受胎告知の翅音びび 翅音:はおと
 746 鈴木真砂女  戒名は真砂女でよろし紫木蓮 
 747 杉田久女  うそ寒や黒髮へりて枕ぐせ  
 748 山口誓子  凍鶴は夜天に堪えず啼くなめり  
 749 杉田久女  仰ぎ見る吾に鈴懸惠むなり 
 750 杉田久女  われに借す本抱へ来よ夜長人 
 751 杉田久女  椿流るゝ行衞を遠くおもひけり  
 752 杉田久女  ぬかづきしわれに春光盡天地  盡天地:じんてんち 天地が渾然一体になっている様
 753 石田波郷  ほしいまま旅したまひき西行忌 
 754 橋本多佳子  仏母たりとも女人は悲し灌仏会 灌仏会:かんぶつえ 仏生会
 755 芭蕉  水とりや氷の僧の沓の音 水とり:お水取り
 756 阿波野青畝  なつかしの濁世の雨や涅槃像 濁世:じょくせ
 757 鷹羽狩行  つねに一二片そのために花篝 花篝:はなかがり 夜桜を見るために焚かれる篝火
 758 上田五千石  高野へと雲を見送る接木かな 
 759 山口青邨  天近く畑打つ人や奥吉野 
 760 森澄雄  若狭には仏多くて蒸鰈 
 761 芝不器男  卒業の兄と来ている堤かな 
 762 松瀬青々  暁や北斗を浸す春の潮 
 763 金子兜太  どれも口美し晩夏のジャズ一団 
 764 中村草田男  晩夏光バットの函に詩を誌す 
 765 虚子  これよりは恋や事業や水温む 高商卒業生を送る
 766 波多野爽波  末黒野に雨の切尖限りなし 末黒野:すぐるの 焼野 切尖:きっさき
 767 鷹羽狩行  啓蟄の土著けて蟻闘へり 著けて:しるけて 著しいこと
 768 村上鬼城  世を恋うて人を怖るゝ余寒かな 
 769 竹下しづの女  霧の海大博多港の燈を蔵す 
 770 竹下しづの女  額づけば秋冷至るうじなかな 
 771 竹下しづの女  稲刈のしぐるゝ妻を叱り居り 
 772 竹下しづの女  祭人降り続くなり汀まで 
 773 竹下しづの女  流木に紅葉とぼしき双の岸 
 774 竹下しづの女  旅衣時雨るゝがまゝ干るがまゝ 干る:ひる
 775 竹下しづの女  弾っ放して誰そ我がピアノ夏埃 
 776 竹下しづの女  山火炎ゆ嘗て幼なの吾に炎えし 
 777 竹下しづの女  山火炎ゆ乾坤の闇ゆるぎなく 
 778 竹下しづの女  怖ろしき一つの跫音蟻は識る 跫音:あしおと
 779 竹下しづの女  蚊の声の中に思索の糸を獲し 
 780 杉田久女  門限に連れ立ち去りし夜長かな 
 781 杉田久女  瓜一つ殘暑の草を敷き伏せし 
 782 杉田久女  赤き月はげ山登る旱かな 
 783 杉田久女  色どれど淋しき頬やな花芙蓉 
 784 杉田久女  仰臥して腰骨いたき夜長かな 
 785 杉田久女  窓掛をさす月もがな夜長病む  
 786 杉田久女  落ち杏踏みつぶすべくいらだてり 
 787 杉田久女  七夕竹を病む子の室に横たへぬ 
 788 杉田久女  病める手の爪美くしや秋海棠 
 789 杉田久女  芋の如肥えて血うすき汝かな 
 790 杉田久女  こほろぎや鼾靜かに看護人 
 791 杉田久女  葡萄投げて我儘つのる病婦かな 
 792 杉田久女  新涼やほの明るみし柿の數 
 793 杉田久女  水上げぬ紫陽花忌むや看る子に 
 794 杉田久女  掘つて來し大俎板の新牛蒡 
 795 杉田久女   新蕎麥を打つてもてなす髮鄙び 
 796 杉田久女  草いきれ連山襞濃く刻みけり 
 797 杉田久女  山馴れで母戀しきか三日月 
 798 杉田久女  九月盡日ねもす降りて誰も來ず 
 799 杉田久女  寢返れば暫し身安き夜長かな 
 800 杉田久女  秋夕やいつも塀外を豆腐賣 
 801 杉田久女  栗むくや夜行にて發つ夫淋し 
 802 杉田久女  外出して看護婦遲し夜半の秋 
 803 杉田久女   秋晴や栗むきくれる兄と姉 
 804 杉田久女  老顏に秋の曇りや母來ます 
 805 杉田久女  退院の足袋の白さよ秋袷 
 806 杉田久女   帶重く締めて疲れぬ秋袷 
 807 杉田久女  毛蟲の子莖を這ひゐし芒かな 
 808 杉田久女  枯野菊廊下に出して寢たりけり 
 809 杉田久女  泣きしあとの心すがすがし菊畠 
 810 杉田久女  櫛卷にかもじ乾ける菊の垣 
 811 杉田久女  御僧に蕪汁あつし三囘忌 
 812 杉田久女   秋山に映りて消えし花火かな 
 813 杉田久女  潮干人を松に佇み見下せり 
 814 杉田久女  燭とりて菊根の雪をかき取りぬ 
 815 杉田久女  夏羽織とり出すうれし旅鞄 
 816 杉田久女  忘れめや實葛の丘の榻二つ 
 817 杉田久女  芋畠に沈める納屋の露けき灯 
 818 杉田久女  藻に弄ぶ指蒼ざめぬ秋の水 
 819 杉田久女  水莊の蚊帳にとまりし螢かな 
 820 杉田久女  鷄頭大きく倒れ浸りぬに潦 
 821 杉田久女  遊船のみよしの月に出でたちし 
 822 杉田久女  鶯や螺鈿古りたる小衝立  
 823 杉田久女  縁起圖繪よむ一行に梅さかり 
 824 杉田久女  芹すゝぐ一枚岩のありにけり 
 825 杉田久女  梅林のそゞろ歩きや筧鳴る 
 826 杉田久女  熱涙拭ふ袂の緋絹や秋袷 
 827 杉田久女   舟人や秋水叩く刈藻竿 
 828 杉田久女  上陸やわが夏足袋のうすよごれ 
 829 杉田久女  山かげの紅葉たく火にあたりけり 
 830 杉田久女  卒業の子に電報すよきあした 
 831 杉田久女  莊守も芝生の春を惜みけり 
 832 杉田久女  春寒の銀屏ひきよせ語りけり 
 833 杉田久女  故里の藁屋の花をたづねけり 
 834 杉田久女  汲み濁る家主の井底水飢饉 
 835 杉田久女  目の下の煙都は冥し鯉幟 
 836 杉田久女  盛會を祈りて花にゆく遠く 
 837 杉田久女  煙あげて鹽屋は低し鯉幟 
 838 杉田久女   早苗水走り流るゝ籬に沿ひ 
 839 杉田久女  潮あびの戻りて夕餉賑かに 
 840 杉田久女  歸省子と歩むも久し夜の町 
 841 杉田久女   藁づとをほどいて活けし牡丹かな 
 842 杉田久女  薔薇むしる垣外の子らをとがめまじ 
 843 杉田久女  炊き上げてうすき綠や嫁菜飯 
 844 杉田久女  青き踏む靴新らしき處女ごころ 
 845 杉田久女  火なき火鉢並ぶ夜寒の廊下かな 
 846 杉田久女  秋朝や痛がりとかす縺れ髮 
 847 杉田久女  雨降れば暮るゝ早さよ九月盡 
 848 杉田久女  柿熟るゝや臥して迎へし神無月 
 849 杉田久女  草いきれ妖星さめず赤きかな 
 850 杉田久女  山の温泉や居殘つて病む秋の蚊帳 
 851 杉田久女   朝な梳く母の切髮花芙蓉 
 852 杉田久女  深耶馬の空は瑠璃なり紅葉狩 
 853 杉田久女  夏雨に爐邊なつかしき夕餉かな 
 854 杉田久女  椀一つ足らずと探す寒さかな 
 855 杉田久女  子等は寢し簷端の月に涼みけり 
 856 竹下しづの女  かはほりに学窓秘史の燈をかかぐ かはほり:蝙蝠 こうもり
 857 竹下しづの女  芳草の香に咽せび寝ぬあばらやの 芳草:ほうそう よいかおりのする草。また、春の草
 858 竹下しづの女  肩に背にまつはる蝶や薊剪る 
 859 杉田久女  端居して月の牡丹に風ほのか 
 860 杉田久女  紅苺垣根してより摘む子來ず 
 861 杉田久女  晴天に廣葉をあほつ芭蕉かな 
 862 杉田久女  窓明けて見渡す山もむら若葉 
 863 杉田久女  歸り來て天地明るし四方若葉 
 864 杉田久女  欄涼し鎔爐明りのかの樹立 
 865 杉田久女   ころぶして語るも久し走馬燈 
 866 杉田久女  降り歇まぬ雨雲低し枇杷熟れる  
 867 杉田久女  稻妻に水田はひろく湛えたる 
 868 杉田久女  一人居の岐阜提灯も灯さざり 
 869 杉田久女  蟲をきく月の衣手ほのしめり 
 870 杉田久女  野菊むらかゞめば風の強からず 
 871 杉田久女  人やがて木に登りもぐ棗かな 
 872 杉田久女  わけ入りて孤りがたのし椎拾ふ 
 873 杉田久女  邸内の木の實の宮に歩みつれ 
 874 杉田久女  菊花摘む新種の名づけたのまれて 
 875 杉田久女   菊摘むや廣壽の月といふ新種 
 876 杉田久女  大輪のかわきおそさよ菊筵 
 877 杉田久女   今年ゐて菊咲く頃の我家かな  
 878 杉田久女  冬濱のすゝ枯れ松を惜みけり  
 879 杉田久女  如月の雲嚴めしくラヂオ塔 
 880 杉田久女  遊學の旅にゆく娘の布團とぢ 
 881 杉田久女   筆とればわれも王なり塗火鉢 
 882 杉田久女  首に捲く銀狐は愛し手を垂るゝ 
 883 杉田久女  櫻咲く廣壽の僧も住み替り 
 884 杉田久女  晩涼や釣舟並ぶ樓の前 
 885 杉田久女  玄關を入るより燈籠灯りゐし 
 886 杉田久女   朱欒咲く五月の空は瑠璃のごと 
 887 杉田久女  花朱欒こぼれ咲く戸にすむ樂し 朱欒:ざぼん
 888 杉田久女  句會にも着つゝなれにし古コート 
 889 杉田久女  銀杏をひろひ集めぬ黄葉をふみて 
 890 杉田久女  星の竹北斗へなびきかはりけり 
 891 杉田久女  大樹下の夜店明るや地蔵盆 
 892 杉田久女   踏みならす歸省の靴はハイヒール 
 893 杉田久女   月の頬をつたふ涙や祷りけり 
 894 杉田久女  花石蕗の今日の句會に缺けし君 
 895 杉田久女  秋の日や鳴き疲れ寢し縛り犬 
 896 杉田久女  秋雨や瞳にこびりつく松葉杖 
 897 杉田久女   終電車野菊震はし過ぎしかど 
 898 杉田久女   くぐり見る松が根高し春の雪 
 899 杉田久女  葺きまつる芽杉かんばし花御堂  
 900 杉田久女  砂糖黍かぢりし頃の童女髮 
 901 杉田久女  群衆も鎔爐の旗もかき時雨れ 
 902 杉田久女  傘をうつ牡丹櫻の雫かな 
 903 杉田久女  南國の五月はたのし花朱欒 
 904 杉田久女  大釜の湯鳴りたのしみ蟹うでん 
 905 杉田久女  冬ごもる簷端を雨にとはれけり 
 906 杉田久女   不知火の見えぬ芒にうづくまり 
 907 杉田久女  鳴き出でてくつわは忙し籬かげ 
 908 杉田久女   語りゆく雨月の雨の親子かな 
 909 杉田久女  新樹濃し日は午に迫る鐘の聲 
 910 杉田久女  河鹿なく大堰の水も暮れにけり 
 911 杉田久女   ミシン踏む足のかろさよ衣更 
 912 杉田久女  百合根分鍬切りし芽を惜しと思ふ 
 913 杉田久女  ぬかづいてねぎごと長し花の雨 
 914 杉田久女  水鳥に滋賀の小波よせがたし 
 915 杉田久女  花柿に簾高く捲いて部屋くらし 
 916 杉田久女  躾とる明日退院の秋袷 
 917 杉田久女  長病や足荒れて掻く羽根ぶとん 
 918 杉田久女  我ドアを過ぐ足音や秋の暮 
 919 杉田久女  我を捨て遊ぶ看護婦秋日かな 
 920 杉田久女  西日して日毎赤らむ柿の數 
 921 杉田久女  夏服や老います母に兄不幸 
 922 杉田久女  耶馬溪の岩に干しある晩稻かな 
 923 杉田久女  富家の茄子我つくる茄子に負けにけり 
 924 杉田久女  葉がくれの星に風湧く槐かな 
 925 杉田久女  熱の瞳のうるみてあはれ蜜柑吸ふ 
 926 杉田久女  木苺の寒を實れり摘みこぼす 
 927 杉田久女  梶の葉に墨濃くすりて願ふこと 
 928 杉田久女   春寒の毛布敷きやる夜汽車かな 
 929 杉田久女   いつくしむ雛とも別れ草枕 
 930 杉田久女  健やかにまします子娘等の雛祭 
 931 杉田久女  寢返りて埃の雛を見やりけり 
 932 杉田久女  杜若映れる虹をまたぎけり 
 933 杉田久女  自動車のついて賑はし紅葉狩 
 934 杉田久女  鎚とれば恩讐親し法の秋 
 935 杉田久女   松葉焚くけふ始ごと煖爐かな 
 936 杉田久女  燃え上る松葉明りの初煖爐 
 937 杉田久女  曉の田鶴啼きわたる軒端かな 
 938 杉田久女  雛鶴に親鶴何をついばめる 
 939 杉田久女   親鶴に從ふ雛のやさしけれ 
 940 杉田久女   群鶴の影舞ひ移る山田かな 
 941 杉田久女  大嶺にこだます鶴の聲すめり 
 942 杉田久女   群鶴を驚かしたるわが歩み 
 943 杉田久女  學童の會釋優しく草紅葉 
 944 杉田久女   軒高く舞ひ過ぐ田鶴をふり仰ぎ 
 945 杉田久女   田鶴舞ふや日輪峰を登りくる 
 946 杉田久女   この里の野鶴はくろし群れ遊ぶ 
 947 杉田久女   菱の花咲き閉づ江沿ひ句帳手に 
 948 杉田久女  望郷の子のおきふしも花の雨 
 949 杉田久女  遠くにも歩み現はれ田鶴の群 
 950 杉田久女  菊白しピアノにうつる我起居 
 951 杉田久女  啼き過ぐる簷端の田鶴に月淡く 
 952 杉田久女  舞ひあがる翅ばたき強し田鶴百羽 
 953 杉田久女  田鶴舞ふや稻城の霜のけさ白く 
 954 杉田久女  お茶古びし花見の縁も代替り 
 955 杉田久女  嚴寒や夜の間に萎えし卓の花 
 956 杉田久女   蜜柑もぐ心動きて下りたちぬ 
 957 杉田久女  塀外へあふれ咲く枝や萩の宿 
 958 杉田久女  ヨットの帆しづかに動く秋の湖 
 959 杉田久女  籐椅子に看とり疲れや濃紫陽花 
 960 杉田久女  上つ瀬の歌劇明りや河鹿きく 
 961 杉田久女  おくれゐし窓邊の田植今さかん 
 962 杉田久女  梅莟む官舍もありて訪れぬ 
 963 杉田久女  蘆の芽のひらき初むれば初袷  
 964 杉田久女  春淺く火酒したたらす紅茶かな 
 965 杉田久女  きこえ來る添水の音もゆるやかに 
 966 杉田久女  姫著莪の花に墨する朝かな 
 967 杉田久女  藻を刈ると舳に立ちて映りをり 
 968 杉田久女  灯れば蚊のくる花柿の葉かげより 
 969 杉田久女  秋草に日日水かへて枕邊に 
 970 杉田久女  病む我に兄姉親し栗をむく 
 971 杉田久女  よべの風に柿の安否や家人來ず 
 972 杉田久女  椅子移す音手荒さよ夜半の秋 
 973 杉田久女  おいらん草こぼれ溜りし殘暑かな 
 974 杉田久女  秋宮に髮むしり泣く女かな 
 975 杉田久女  厨着ぬいでひとり汲む茶や若楓 
 976 杉田久女  松の内を淋しく籠る今年かな 
 977 杉田久女  枯枝に殘月冴ゆる炊ぎかな 
 978 杉田久女  眉根よせて文卷き返す火鉢かな 
 979 竹下しづの女  汗臭き鈍の男の群に伍す 鈍:のろ
 980 竹下しづの女  書庫の窓つぎつぎにあくさくらかな 
 981 竹下しづの女  花日々にふくらみやまず書庫の窓 
 982 竹下しづの女  子を負ふて肩の軽さよ天の川 
 983 竹下しづの女  毛虫墜ちて毛虫を知りぬ愛しけれ 
 984 竹下しづの女  松の葉を喰ふひたすらの毛虫は美し 美し:はし 一生懸命を褒める
 985 竹下しづの女  雨重し新樹のかさをかぶり寝て 
 986 竹下しづの女  今宵今年のつづれさせ虫啼き出づる つづれさせ:コオロギの一種
 987 竹下しづの女  機織星に人の操る電光がとどく 電光:ひ
 988 竹下しづの女  喬林にかこまれ蝉にみなぎらるる 
 989 竹下しづの女  どくだみに匂はれてゐて世を拗ねる 
 990 竹下しづの女  高く高く高く高くと鵙が吾が 鵙:もず
 991 竹下しづの女  青葦の青き若きは奪はれず 
 992 竹下しづの女  純白の初蝶にして快翔す 
 993 竹下しづの女  青蔦の窓の燈を恋ひ夜来しや 
 994 竹下しづの女  花ゆすら白し暮色をうべなはず ゆすらの花が暮色を承諾しない
 995 竹下しづの女  夕顔ひらく女はそそのかされ易く 
 996 竹下しづの女  凩をとらへし葦のうつろの音 
 997 竹下しづの女  憂愁は貧富を超ゆる青葉木菟 青葉木菟:あおばづく
 998 竹下しづの女  欲りて世になきもの欲れと青葉木菟 青葉木菟:あおばづく
 999 竹下しづの女  日に昏く月にましろく田植笠 
 1000 竹下しづの女  すみれ摘みバイロン・シェーレなつかしし 
 [1/8] 

   ページのトップへ戻る   俳句メニュー