件数統計 読込エラー===select * from homonkensu where kubun='No1'TOTOわいふぁい TOTOワイファイ 俳句 季語

著名な俳句の検索
著名な作者の作品集です。書籍やWEBサイトを参考にしながら整備中です。
検索条件
検索文字 すべて満足
表示順序を指定   作者順   俳句順   投稿順
   (検索ワードは 俳句 作者 説明を対象に検索します)     

  対象8255件  [1/9]     俳句メニュー

検索条件 (すべて対象
作品番号 作者  俳句説明
 1 金子兜太  豹が好きな子霧中の白い船具 
 2 金子兜太  銀行員ら朝より蛍光す烏賊のごとく 
 3 金子兜太  朝はじまる海へ突込む鷗の死 
 4 金子兜太  人生冴えて幼稚園より深夜の曲 
 5 長谷川かな女  陽の篠のゆらぐ厄日の窓格子 
 6 長谷川かな女  青柿落ちる女が堕ちるところまで 
 7 長谷川かな女  芭蕉忌の紫苑ぐさりと剪り終る 
 8 長谷川かな女  面白くて笠をさすならげんげん野 
 9 長谷川かな女  ホテルの灯掴みて出でし夏手袋 
 10 長谷川かな女  舟虫に海女が置き去る藁草履 
 11 長谷川かな女  前掛が隠す総菜柿照葉 
 12 長谷川かな女  歎異抄に二月耐へゐぬうつ伏して 
 13 長谷川かな女  草の實に佇ちし二人が喜壽の今日 
 14 長谷川かな女  カンナ立ち廃兵いまだ巷にあり 
 15 長谷川かな女  夜の雪となる焼跡を通りすぎ 
 16 長谷川かな女  膝かけの下にかくすは恋慕の手 
 17 長谷川かな女  ママと書きママと書き月見草の夕 
 18 長谷川かな女  水中花菊も牡丹も同じ色 
 19 長谷川かな女  雪女郎添寝す笹のうすみどり 
 20 長谷川かな女  湯豆腐の一と間根岸は雨か雪 
 21 長谷川かな女  頂の瘤に雲這う富士遅日 
 22 長谷川かな女  残菊や一管の笛に執着し 
 23 長谷川かな女  ちちははの役をひとりに秋袷 
 24 長谷川かな女  西鶴の女みな死ぬ夜の秋 
 25 長谷川かな女  びしびしと枯枝折って天のあり 
 26 長谷川かな女  生れたる日本橋の雨月かな 
 27 長谷川かな女  牡丹みな崩るゝ強き日あたれり 
 28 長谷川かな女  冬そうびかたくなに濃き黄色かな 
 29 長谷川かな女  冬ざれて焚く火に凹む大地かな 
 30 長谷川かな女  呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 
 31 長谷川かな女  龍膽の太根切りたり山刀 龍膽:りんどう りゅうたん
 32 長谷川かな女  願ひ事なくて手古奈の秋淋し 手古奈:てこな 葛飾(勝鹿)の真間に奈良時代以前に住んでいたとされる美しい女性の名
 33 長谷川かな女  時鳥女はものゝ文秘めて 
 34 日野草城  思ふこと多ければ咳しげく出づ 
 35 日野草城  先生はふるさとの山風薫る 
 36 日野草城  新涼やさらりと乾く足の裏 
 37 日野草城  おのれ照るごとくに照りて望の月 
 38 日野草城  高熱の鶴青空に漂へり 
 39 日野草城  わがいのちいよよさやけし露日和 
 40 日野草城  望の夜もともしび明く病みにけり 
 41 日野草城  草も樹もしづかに梅雨はじまりぬ 
 42 日野草城  新緑やかぐろき幹につらぬかれ 
 43 日野草城  春の宵妻のゆあみの音きこゆ 
 44 日野草城  山茶花やいくさに敗れたる国の 
 45 日野草城  ひと拗ねてものいはず白き薔薇となる 
 46 日野草城  毎日の景色が雨に濡れてゐる 
 47 日野草城  伊勢えびにしろがねの刃のすずしさよ 
 48 日野草城  をみなとはかかるものかも春の闇 
 49 日野草城  をさなごのひとさしゆびにかかる虹 
 50 日野草城  春眠や鍵穴つぶす鍵さして 
 51 日野草城  宝恵駕の妓のまなざしの来てゐたる 妓:こ
 52 日野草城  白魚や黒きまなこを二つづつ 
 53 日野草城  タイピストコップに薔薇をひらかしむ 
 54 日野草城  茅渟の海春の大潮みちにけり 茅渟:チヌ 黒鯛
 55 日野草城  サイダーのうすきかをりや夜の秋 
 56 日野草城  白南風や化粧にもれし耳の陰 
 57 日野草城  春の夜や檸檬に触るる鼻の先 
 58 星野立子  露の世の間に合はざりしことばかり 
 59 星野立子  芝焼いてまこと賢き月出でぬ 
 60 星野立子  月の下死に近づきて歩きけり 
 61 星野立子  秋風のそこに見えをり音立てゝ 
 62 松本たかし  恐ろしき緑の中に入りて染まらん 
 63 松本たかし  久闊や秋水となり流れゐし 久闊:きゅうかつ 久しく会わないこと
 64 星野立子  下萌えぬ人間それに従ひぬ 
 65 星野立子  考へても疲るゝばかり曼珠沙華 
 66 星野立子  娘等のうかうかあそびソーダ水 
 67 星野立子  つんつんと遠ざかりけりみちをしへ 
 68 星野立子  蝌蚪一つ鼻杭にあて休みをり 蝌蚪:かと おたまじゃくし
 69 松本たかし  撫で下す顔の荒れゐる日向ぼこ 
 70 松本たかし  白焔の緑の緑や冬日燃ゆ 白焔:はくえん 焔:ほむら
 71 松本たかし  思ふどち紫苑の晴にうち集ひ 
 72 松本たかし  春潮の底とどろきの淋しさよ 
 73 松本たかし  預けある鼓打ちたし冬の梅 
 74 松本たかし  あたたかき深き空洞の炬燵かな 
 75 松本たかし  露涼し神も朝扉を開け給ふ 
 76 松本たかし  するすると涙走りぬ籠枕 
 77 松本たかし  一円に一引く注連の茅の輪かな 
 78 松本たかし  渋柿の滅法生りし愚かさよ 
 79 松本たかし  庖丁を取りて打撫で桜鯛 
 80 松本たかし  起ち上る風の百合あり草の中 
 81 松本たかし  鴨を得て鴨雑炊の今宵かな 
 82 松本たかし  くきくきと折れ曲りけり蛍草 
 83 松本たかし  我去れば鶏頭も去りゆきにけり 
 84 松本たかし  雨音のかさむりにけり虫の宿 
 85 松本たかし  十棹とはあらぬ渡しや水の秋 
 86 松本たかし  ひく波の跡美しや桜貝 
 87 松本たかし  一つづつ田螺の影の延びてあり 
 88 水原秋櫻子  朝寝せり孟浩然を始祖として 孟浩然:もうこうねん 唐代(盛唐)の代表的な詩人
 89 水原秋櫻子  蜻蛉うまれ緑眼煌とすぎゆけり  
 90 水原秋櫻子  山櫻雪嶺天に声もなし 
 91 水原秋櫻子  薔薇の坂にきくは浦上の鐘ならずや 
 92 水原秋櫻子  べたべたに田も菜の花も照りみだる 
 93 水原秋櫻子  伊豆の海や紅梅の上に波ながれ 
 94 水原秋櫻子  門とぢて良夜の石と我は居り 
 95 水原秋櫻子  この沢やいま大瑠璃鳥のこゑひとつ 
 96 水原秋櫻子  山茱萸にけぶるや雨も黄となんぬ 茱萸:ぐみ
 97 水原秋櫻子  狂ひつつ死にし君ゆゑ絵のさむさ 
 98 水原秋櫻子  雪渓をかなしと見たり夜もひかる 
 99 水原秋櫻子  白樺を幽かに霧のゆく音か 
 100 水原秋櫻子  むさしのの空真青なる落葉かな 
 101 水原秋櫻子  梨咲くと葛飾の野はとの曇り 
 102 水原秋櫻子  馬酔木より低き門なり浄瑠璃寺 
 103 中村汀女  菊白し独りの紅茶すぐ冷ゆる 
 104 中村汀女  聞き置くと云ふ言葉あり菊膾 
 105 中村汀女  白玉や人づきあひをまた歎き 
 106 中村汀女  滴りの思ひこらせしとき光る 
 107 中村汀女  次の子も屠蘇を綺麗に干すことよ 
 108 中村汀女  母我をわれ子を思ふ石蕗の花 
 109 中村汀女  夏帯やわが娘きびしく育てつつ 
 110 中村汀女  秋暑き汽車に必死の子守歌 
 111 中村汀女  たらちねの蚊帳の吊手の低きまま 
 112 中村汀女  夫と子をふっつり忘れ懐手 
 113 中村汀女  子を守りて母うつつなき飛燕かな 
 114 中村汀女  子等のものからりと乾き草枯るる 
 115 中村汀女  遠雷や睡ればいまだいとけなく 
 116 中村汀女  春泥に振りかへる子が兄らしや 
 117 中村汀女  春の海のかなたにつなぐ電話かな 
 118 中村汀女  咳をする母を見上げてゐる子かな 
 119 中村汀女  末の子が黴と言葉を使ふほど 
 120 中村汀女  肉皿に秋の蜂来るロッジかな 
 121 中村汀女  遠けれどそれきりなれど法師蝉 
 122 中村汀女  地階の灯春の雪ふる樹のもとに 
 123 中村草田男  旧景が闇を脱ぎゆく大旦 大旦:おおあした 元旦のこと
 124 中村草田男  厚飴割ればシクと音して雲の峰 
 125 中村草田男  いくさよあるな麦生に金貨天降るとも 
 126 中村草田男  膝に来て模様に満ちて春着の子 
 127 中村草田男  玉虫交る土塊どちは愚かさよ 
 128 中村草田男  玫瑰や今も沖には未来あり 玫瑰:はまなす
 129 富安風生  九十五齢とは後生極楽春の風 
 130 富安風生  朴枯葉枝と訣るる声耳に 訣るる:わかるる
 131 富安風生  春惜しむ心と別に命愛し 
 132 富安風生  月に執す五欲の外の慾をもて 
 133 富安風生  こときれてなほ邯鄲のうすみどり 邯鄲:かんたん 体はスズムシに似て細長く、淡黄緑色。山地の草の間に多い
 134 富安風生  狐火を信じ男を信ぜざる 
 135 富安風生  あはあはと富士容あり炎天下 
 136 富安風生  赤富士に露滂沱たる四辺かな 滂沱:坊うだ 雨が激しく降るさま
 137 富安風生  蟻地獄寂莫として飢ゑにけり 寂莫:じゃくまく ひっそりしていてさびしいこと せきばく
 138 富安風生  抱一の観たるたがごとく葛の花 
 139 富安風生  鮭あはれ老の手だれの簎を受く  簎:やす 長い柄の先に数本に分かれたとがった鉄の金具を付けた漁具
 140 富安風生  小鳥来て午後の紅茶のほしきころ 
 141 富安風生  つくらねど句は妻もすき波薐草 波薐草:ほうれんそう
 142 富安風生  虫の音も月光もふと忘るる時 
 143 富安風生  母の忌やその日のごとく春時雨 
 144 富安風生  走馬燈へだてなければ話なし 
 145 橋本多佳子  蜘蛛の囲の蝶がもがくに蝶が寄る 
 146 橋本多佳子  鵜舟に在りわが身の火の粉うちはらひ 
 147 橋本多佳子  一粒を食べて欠きたる葡萄の房 
 148 橋本多佳子  月一輪凍湖一輪光りあふ 
 149 橋本多佳子  嘆きゐて虹濃き刻を逸したり 
 150 橋本多佳子  炎天の梯子昏きにかつぎ入る 
 151 橋本多佳子  恋猫のかへる野の星沼の星 
 152 橋本多佳子  蟇をりて吾溜息を聴かれたり 
 153 橋本多佳子  夫恋へば吾に死ねよと青葉木菟 
 154 橋本多佳子  凍蝶を容れて十指をさしあはす 
 155 橋本多佳子  蛇を見し眼もて弥勒を拝しけり 
 156 橋本多佳子  泣きしあとわが白息の豊かなる 
 157 橋本多佳子  母と子のトランプ狐啼く夜なり 
 158 橋本多佳子  雪しまきわが喪の髪はみだれたり 
 159 波多野爽波  茎といふ大事なものやさくらんぼ 
 160 波多野爽波  ついて来る人はと見れば吾亦紅 
 161 波多野爽波  冬ざるるリボンかければ贈り物 
 162 波多野爽波  大根の花まで飛んでありし下駄 
 163 波多野爽波  骰子の一の目赤し春の山 骰子:さいころ
 164 波多野爽波  山吹の黄を挟みゐる障子かな  
 165 波多野爽波  あかあかと屏風の裾の忘れもの 
 166 波多野爽波  蓑虫にうすうす目鼻ありにけり 
 167 波多野爽波  沈丁の花をじろりと見て過ぐる 
 168 波多野爽波  掛稲のすぐそこにある湯飲かな 
 169 波多野爽波  箒木が箒木を押し傾けて 
 170 波多野爽波  吾を容れてはばたくごとし春の山 
 171 波多野爽波  鶏頭に手を置きて人諭すごとし 
 172 波多野爽波  芹の水照るに用心忘れた鶏 
 173 波多野爽波  白粉花吾子は淋しい子かも知れず 
 174 波多野爽波  夜の湖の暗きを流れ桐一葉 
 175 波多野爽波  美しやさくらんぼうも夜の雨も 
 176 波多野爽波  シーソーの尻が打つ地の薄暑かな 
 177 波多野爽波  本開けしほどのまぶしさ花八手 
 178 波多野爽波  誰よりも早く秋めく心かな 
 179 能村登四郎  一条のけむり入りたる夏氷 
 180 能村登四郎  霜掃きし箒しばらくして倒る 
 181 能村登四郎  夏掛けのみづいろといふ自愛かな 
 182 能村登四郎  紐すこし貰ひに来たり雛納め 
 183 能村登四郎  初あかりそのまま命あかりかな 
 184 能村登四郎  削るほど紅さす板や十二月 
 185 能村登四郎  ほたる火の冷たさをこそ火と言はめ 
 186 能村登四郎  鶏頭をあさき夢見のあと倒す 
 187 能村登四郎  くらがりに水が慄へる星まつり 慄:おののく 恐怖や興奮などで身体が震える思いをする。身体をわななかせる。戦慄する
 188 能村登四郎  一月の音にはたらく青箒 
 189 能村登四郎  今日の雲けふにて亡ぶ蟻地獄 
 190 能村登四郎  ふかく妻の腕をのめり炭俵 
 191 種田山頭火  泊まることにしてふるさとの葱坊主 
 192 種田山頭火  あるけばかっこういそげばかっこう 
 193 種田山頭火  雲がいそいでよい月にする 
 194 種田山頭火  あるけばきんぽうげすわればきんぽうげ 
 195 種田山頭火  けふもいちにち誰も来なかったほうたる 
 196 種田山頭火  やっぱり一人がよろしい雑草 
 197 種田山頭火  雪へ雪ふるしづけさにをる 
 198 種田山頭火  水音しんじつおちつきました 
 199 種田山頭火  笠へぽっとり椿だった 
 200 種田山頭火  酔うてこほろぎと寝てゐたよ 
 201 種田山頭火  しみじみ食べる飯ばっかりの飯である 
 202 種田山頭火  すべってころんで山がひっそり 
 203 種田山頭火  どうしようもないわたしが歩いてゐる 
 204 種田山頭火  まっすぐな道でさみしい 
 205 種田山頭火  けふもよく働いて人のなつかしや 
 206 竹下しづの女  梅を供す親より背より子ぞ哀し 
 207 竹下しづの女  枯葦の辺に夜の路をうしなひぬ 
 208 竹下しづの女  梅おそし子を病ましむる責ふかく 
 209 竹下しづの女  悲憤あり吐きし西瓜の種子黒く 
 210 竹下しづの女  たゝまれてあるとき妖し紅ショール 
 211 竹下しづの女  苔の香のしるき清水を化粧室にひき 化粧室:トワレ トイレ
 212 竹下しづの女  汝に告ぐ母が居は藤真盛りと 
 213 竹下しづの女  たゞならぬ世に待たれ居て卒業す 
 214 竹下しづの女  幾何を描く児と元日を籠るなり 
 215 竹下しづの女  吾がいほは豊葦原の華がくり 
 216 竹下しづの女  母の名を保護者に負ひて卒業す 
 217 竹下しづの女  ことごとく夫の遺筆や種子袋 
 218 竹下しづの女  カルタ歓声が子を守るわれの頭を撲って 歓声:どよみ
 219 竹下しづの女  今年尚其冬帽乎惜大夫 夫:づま 
 220 竹下しづの女  手袋とるや指輪の玉のうすぐもり 
 221 鷹羽狩行  秋風や寄れば柱もわれに寄り 
 222 鷹羽狩行  露の夜や星を結べば鳥けもの 
 223 鷹羽狩行  初富士の浮かび出でたるゆふべかな 
 224 鷹羽狩行  しづけさに加はる跳ねてゐし炭も 
 225 鷹羽狩行  地球またかく青からむ龍の玉 
 226 鷹羽狩行  生きすぎて忘れらるるな山椒魚 
 227 鷹羽狩行  麦踏みのまたはるかなるものめざす 
 228 鷹羽狩行  赤きもの獅子舞となる山河かな 
 229 鷹羽狩行  来世には天馬になれよ登山馬 
 230 鷹羽狩行  秋風や魚のかたちの骨のこり 
 231 鷹羽狩行  壁画とも天井画とも梅仰ぐ 
 232 鷹羽狩行  湖といふ大きな耳に閑古鳥 湖:うみ
 233 鷹羽狩行  ひとすぢの流るる汗も言葉なり 
 234 鷹羽狩行  紅梅や枝々は空奪ひあひ 
 235 鷹羽狩行  虹なにかしきりにこぼす海の上 
 236 鷹羽狩行  一対か一対一か枯野人 
 237 鷹羽狩行  天瓜粉しんじつ吾子は無一物 
 238 鷹羽狩行  花椿われならば急流へ落つ 
 239 鷹羽狩行  畦を違えて虹の根に行けざりし 
 240 高野素十  たんぽぽのサラダの話野の話 
 241 高野素十  山吹の一重の花の重なりぬ 
 242 高野素十  双鷹の次第に遠く舞ひ連るる 
 243 高野素十  燃えてゐる火のところより芒折れ 
 244 高野素十  雪片のつれ立ちてくる深空かな 
 245 高野素十  漂へる手袋のある運河かな 
 246 高野素十  まっすぐの道に出でけり秋の暮 
 247 高野素十  早乙女の夕べの水にちらばりて 
 248 高野素十  朝顔の双葉のどこか濡れゐたる 
 249 高野素十  揚雲雀時時見上げ憩ひけり 
 250 高野素十  小をんなの髪に大きな春の雪 
 251 高野素十  野に出れば人みなやさし桃の花 
 252 高野素十  探梅や枝のさきなる梅の花 
 253 鈴木真砂女  曳くよりも曳かるる船の寒さかな 
 254 鈴木真砂女  人あまた泳がせて海笑ひけり 
 255 鈴木真砂女  鍋物に火のまわり来し時雨かな 
 256 鈴木真砂女  冬に入る己励ます割烹着 
 257 鈴木真砂女  花冷や箪笥の底の男帯 
 258 鈴木真砂女  愛憎のかくて薄るる単衣かな 
 259 鈴木真砂女  鯛は美のおこぜは醜の寒さかな 
 260 鈴木真砂女  湯豆腐や男の歎ききくことも 
 261 鈴木真砂女  黴の宿いくとせ恋の宿として 
 262 鈴木真砂女  白桃に人刺すごとく刃を入れて 
 263 鈴木真砂女  冬の夜の海眠らねば眠られず 
 264 鈴木真砂女  降る雪やこゝに酒売る灯をかゝげ 
 265 鈴木真砂女  アパートがつひの棲家か木の芽和 
 266 鈴木真砂女  夏帯や運切りひらき切りひらき 
 267 鈴木真砂女  つきつめてものは思わじさくらもち 
 268 鈴木真砂女  すみれ野に罪あるごとく来て二人 
 269 鈴木真砂女  大夕焼わが家焼きたる火の色に 
 270 鈴木真砂女  罪障のふかき寒紅濃かりけり 
 271 鈴木真砂女  生簀籠波間に浮ける遅日かな 生簀籠:いけすかご
 272 鈴木真砂女  初凪やものゝこほらぬ国に住み 
 273 芝不器男  山の蚊の縞あきらかや嗽 嗽:くちすすぐ
 274 芝不器男  一片のパセリ掃かるゝ暖炉かな 
 275 芝不器男  秋の日をとづる碧玉数しらず 
 276 芝不器男  さきだてる鵞鳥踏まじと帰省かな 
 277 芝不器男  うまや路や松のはろかに狂ひ凧 
 278 芝不器男  寒鴉己が影の上におりたちぬ 
 279 芝不器男  ふるさとの幾山垣やけさの秋 
 280 芝不器男  凩や倒れざまにも三つ星座 
 281 芝不器男  ふるさとを去ぬ日来向ふ芙蓉かな 
 282 芝不器男  風鈴の空は荒星ばかりかな 荒星:木枯らしの吹く夜の星
 283 芝不器男  向日葵の蕊を見るとき海消えし 蕊:しべ
 284 芝不器男  汽車見えてやがて失せたる田打かな 
 285 芝不器男  新藁や永劫太き納屋の梁 
 286 西東三鬼  五月の海へ手垂れ足垂れ誕生日 
 287 西東三鬼  眼帯の内なる眼にも曼珠沙華 
 288 西東三鬼  くらやみに蝌蚪の手足が生えつつあり 
 289 西東三鬼  まくなぎの阿鼻叫喚をひとり聴く まくなぎ:人の顔などにまつわりつく小さな羽虫
 290 西東三鬼  中年や独言おどろく冬の坂 
 291 西東三鬼  北風はしり軽金属の街を研ぐ 北風:きた
 292 西東三鬼  不眠症魚は遠い海にゐる 
 293 西東三鬼  水枕ガバリと寒い海がある 
 294 三橋鷹女  寒満月こぶしをひらく赤ん坊 
 295 三橋鷹女  千の虫鳴く一匹の狂ひ鳴き 
 296 三橋鷹女  うつうつと一個のれもん姙れり 
 297 三橋鷹女  藤垂れてこの世のものの老婆佇つ 
 298 三橋鷹女  荒海にめしひて鯛を愛すかな 
 299 三橋鷹女  巻貝死すあまたの夢を巻きのこし 
 300 三橋鷹女  老鶯や泪たまれば啼きにけり 
 301 三橋鷹女  はるかな嘶き一本の橅を抱き 嘶き:いななき 橅:ぶな
 302 三橋鷹女  落ちてゆく炎ゆる夕日を股挟み 
 303 三橋鷹女  絶壁に月を捕へし捕虫網 
 304 三橋鷹女  青葡萄天地ぐらぐらぐらぐらす 
 305 三橋鷹女  かなしびの満ちて風船舞ひあがる 
 306 三橋鷹女  白骨の手足が戦ぐ落葉季 
 307 三橋鷹女  老いながら椿となつて踊りけり 
 308 三橋鷹女  女一人佇てり銀河を渉るべく 
 309 三橋鷹女  炎天を泣きぬれてゆく蟻のあり 
 310 三橋鷹女  月見草はらりと地球うらがへる 
 311 三橋鷹女  千万年後の恋人へダリヤ剪る 
 312 三橋鷹女  百日紅何年後は老婆たち 
 313 三橋鷹女  笹鳴に逢ひたき人のあるにはある 
 314 三橋鷹女  詩に痩せて二月渚をゆくはわたし 
 315 三橋鷹女  暖炉炊く夫よタンゴを踊ろうか 
 316 三橋鷹女  天地ふとさかしまにあり秋を病む 
 317 三橋鷹女  初嵐して人の機嫌はとれませぬ 
 318 森澄雄  古人みな詠ひつくせり秋の風 
 319 森澄雄  存へて浮世よろしも酔芙蓉 
 320 森澄雄  子が食べて母が見てゐるかき氷 
 321 山口青邨  俯向きて鳴く蟋蟀のこと思ふ 蟋蟀:こおろぎ
 322 山口青邨  月とるごと種まくごとく踊りけり 
 323 山口青邨  一樹にして森なせりけり百千鳥 
 324 山口青邨  願事のあれもこれもと日は永し 
 325 山口青邨  外套の裏は緋なりき明治の雪 
 326 山口青邨  人それぞれ書を読んでゐる良夜かな 
 327 山口青邨  をみなへし又きちかうと折りすゝむ 
 328 波多野爽波  手が冷た頬にあてれば頬冷た 
 329 黒田杏子  那須颪男体颪ちちとはは 颪:おろし
 330 一茶  心からしなのゝ雪に降られけり 
 331 阿部みどり女  いつしかに野の花の香の暖かし 
 332 阿部みどり女  咲き満ちて濃淡のある桜かな 
 333 阿部みどり女  曼珠沙華暗き太陽あるごとし 
 334 阿部みどり女  紫陽花の夕の藍に羽織りけり 
 335 阿部みどり女  群千鳥渚に下りてより見えず 
 336 阿部みどり女  その後の一句もなくて梅白し 
 337 阿部みどり女  物言わぬ独りが易し胡瓜もみ 
 338 阿部みどり女  菜の花や岩を曲れば怒濤見ゆ 
 339 阿部みどり女  すこやかな五体を没し芒折る 
 340 阿部みどり女  紫苑ゆらす風空になかりけり 紫苑:しおん キク科シオン属の多年草。別名は鬼の醜草、十五夜草、思い草
 341 阿部みどり女  菖蒲湯にうめる水白く落ちにけり 
 342 黒田杏子  涅槃図をあふるる月のひかりかな 
 343 黒田杏子  一介の老女一塊の山櫻 
 344 黒田杏子  雪を聴くきのふのわれを聴くごとく 
 345 黒田杏子  この世にて稲妻に馴れ旅に馴れ 
 346 黒田杏子  一の橋二の橋ほたるふぶきけり 
 347 黒田杏子  花に問へ奥千本の花に問へ 
 348 黒田杏子  ガンジスに身を沈めたる初日かな 
 349 黒田杏子  かよひ路のわが橋いくつ都鳥 
 350 久保田万太郎  なまじよき日当りえたる寒さかな 
 351 久保田万太郎  あはゆきのつもるつもりや砂の上 
 352 久保田万太郎  日向ぼっこ日向がいやになりにけり 
 353 久保田万太郎  パンにバタたっぷりつけて春惜む 
 354 久保田万太郎  したゝかに水を打ちたる夕ざくら 
 355 金子兜太  三日月がめそめそといる米の飯 
 356 阿部みどり女  鶯餅帰心うながす置時計 
 357 高野素十  母の忌のこの日の冬日なつかしむ 
 358 星野立子  梅見婆はしょれる裾の派手模様 
 359 渡辺水巴  我れ去れば水も寂しや谷の梅 
 360 森澄雄  黒松の一幹迫る寒灯火 
 361 加藤楸邨  蟻の顔に口ありて声充満す 
 362 加藤楸邨  天の川わたるお多福豆一列 
 363 尾崎放哉  なんと丸い月が出たよ窓 
 364 尾崎放哉  わが顔ぶらさげてあやまりにゆく 
 365 尾崎放哉  こんなよい月を一人で見て寝る 
 366 大野林火  いのち長きより全きをねがふ寒 
 367 大野林火  風立ちて月光の坂ひらひらす 
 368 大野林火  あをあをと空を残して蝶別れ 
 369 飯田龍太  かるた切るうしろ菊の香しんと澄み 
 370 飯田龍太  父母の亡き裏口開いて枯木山 
 371 飯田龍太  雪の峯しづかに春ののぼりゆく 
 372 阿波野青畝  鮟鱇の涎出すぎてすべりけり 
 373 阿波野青畝  一点は鷹一線は隼来 
 374 阿波野青畝  舟と舟ぶつかる瓜の市場かな 
 375 阿波野青畝  狐火やまこと顔にも一くさり 
 376 阿部みどり女  陽炎の見えぬ齢に順じけり 
 377 阿部みどり女  たんぽぽや日向日陰の三角形 
 378 阿部みどり女  雲とゆく草の径は秋早く 
 379 阿部みどり女  梅林へ梅林へ私は裏山へ 
 380 阿部みどり女  菊の雨菊をうつしてたまるのみ 
 381 阿部みどり女  打ちあけしあとの淋しさ水馬 
 382 古沢大穂  本漁ればいつも青春肩さむし 
 383 小川軽舟  死ぬときは箸置くやうに草の花 
 384 田中裕明  空へゆく階段のなし稲の花 
 385 成田千空  雪よりも白き骨これおばあさん 
 386 星野立子  炬燵の間母中心に父もあり 
 387 富安風生  死を怖れざりしはむかし老の春 
 388 阿部みどり女  九十をいつか越えたりいつか夏 
 389 阿部みどり女  九十の端を忘れ春を待つ 端:はした
 390 芝不器男  あなたなる夜雨の葛のあなたかな 
 391 中村草田男  麦の道今も坂なす駈け下りる 
 392 長谷川かな女  秋風や皆子を負へる兵の妻 
 393 内藤鳴雪  元日や一系の天子不二の山 
 394 子規  天の川敵陣下に見ゆる哉 
 395 金子兜太  きょお!と喚いてこの汽車はゆく新緑の夜中 
 396 森澄雄  蛤や少し雀のこゑを出す 
 397 森澄雄  亀鳴くといへるこころをのぞきゐる 
 398 森澄雄  みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 鰲:ごう おおがめ
 399 森澄雄  西国の畦曼珠沙華曼珠沙華 
 400 森澄雄  寒鯉の雲のごとくにしづもれる 
 401 森澄雄  雪国に齢ふるぶ気も狂はずに 
 402 石田波郷  たばしるや鵙叫喚す胸形変 胸形変:きょうぎょうへん
 403 石田波郷  西日中電車のどこか摑みて居り 
 404 石田波郷  吹きおこる秋風鶴をあゆましむ 
 405 石田波郷  バスを待ち大路の春をうたがはず 
 406 石田波郷  秬焚や青き螽を火に見たり 秬焚:きびたき 螽:いなご
 407 石田波郷  秋の暮業火となりて秬は燃ゆ 秬:きび
 408 加藤楸邨  死にゆく猫に真青の薄原 
 409 加藤楸邨  農夫の葬おのがつくりし菜の花過ぎ 
 410 加藤楸邨  巻尺ひとつほぐれをどれり冬畳 
 411 加藤楸邨  野の中の何に口あき寒鴉 
 412 加藤楸邨  鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる 
 413 加藤楸邨  秋の風跫音うしろより来たる 
 414 加藤楸邨  かなしめば鵙金色の日を負ひ来 
 415 西東三鬼  恋猫と語る女は憎むべし 
 416 西東三鬼  昇降機しづかに雷の夜を昇る 
 417 西東三鬼  百舌に顔切られて今日が始まるか 
 418 西東三鬼  中年や遠くみのれる夜の桃 
 419 西東三鬼  大旱の赤牛となり声となる 大旱:おおひでり
 420 西東三鬼  枯蓮のうごく時きてみなうごく 
 421 西東三鬼  哭く女窓の寒潮縞をなし 哭く:なく
 422 西東三鬼  緑陰に三人の老婆わらへりき 
 423 久保田万太郎  東京の雁ゆく空となりにけり 
 424 久保田万太郎  古暦水はくらきを流れけり 
 425 久保田万太郎  枯野はも縁の下までつゞきをり 
 426 久保田万太郎  秋の暮汐にぎやかにあぐるなり 
 427 尾崎放哉  春の山のうしろから烟が出だした 
 428 尾崎放哉  墓のうらに廻る 
 429 尾崎放哉  障子の穴から覗いて見ても留守である 
 430 尾崎放哉  障子あけて置く海も暮れきる 
 431 尾崎放哉  足のうら洗へば白くなる 
 432 尾崎放哉  漬物桶に塩ふれと母は産んだか 
 433 尾崎放哉  自らをののしり尽きずあふむけに寝る 
 434 尾崎放哉  傘干して傘のかげある一日 
 435 尾崎放哉  一日物云わず蝶の影さす 
 436 尾崎放哉  ねそべって書いて居る手紙を鶏に覗かれる 
 437 尾崎放哉  つくづく淋しい我が影よ動かして見る 
 438 尾崎放哉  鏡屋の鏡に今朝の秋立ちぬ 
 439 尾崎放哉  提灯が向うから来る夜霧かな 
 440 尾崎放哉  木の間より釣床見ゆる青葉かな 
 441 尾崎放哉  水打って静かな家や夏やなぎ 
 442 尾崎放哉  一斉に海に吹かるる芒かな 
 443 山頭火  もりもりもりあがる雲へ歩む 
 444 山頭火  月夜、あるだけ米をとぐ 
 445 山頭火  どっかりと山の月おちた 
 446 山頭火  空も人も時化る 時化る:しける
 447 山頭火  生死の中の雪ふりしきる 生死:しょうじ
 448 虚子  鴨の中の一つの鴨を見てゐたり 
 449 金子兜太  青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 
 450 金子兜太  原爆許すまじ蟹かつかつと瓦礫あゆむ 
 451 金子兜太  白い人影はるばる田をゆく消えぬために 
 452 金子兜太  暗闇の下山くちびるをぶ厚くし 
 453 金子兜太  墓地も焼跡蝉肉片のごと樹々に 
 454 金子兜太  独楽廻る青葉の地上妻は産みに 
 455 金子兜太  朝日煙る手中の蚕妻に示す 
 456 金子兜太  死にし骨は海に捨つべし沢庵噛む 
 457 金子兜太  水脈の果て炎天の墓碑を置きて去る 
 458 金子兜太  被弾のパンの樹島民の赤児泣くあたり 
 459 金子兜太  木曽のなあ木曽の馬並び糞る 糞る:まる
 460 金子兜太  蛾のまなこ赤口なれば海を恋う 
 461 金子兜太  霧の夜の吾が身に近く馬歩む 
 462 金子兜太  曼珠沙華どれも腹出し秩父の子 
 463 金子兜太  山脈のひと隅あかし蚕のねむり 蚕:こ
 464 金子兜太  裏口に線路が見える蚕飼かな 
 465 金子兜太  白梅や老子無心の旅に住む 
 466 子規  黒キマデニ紫深キ葡萄カナ 
 467 子規  花ならば爪くれなゐやおしろいや 
 468 子規  朝皃や我に写生の心あり 朝皃:あさがお
 469 子規  桃太郎は桃金太郎は何からぞ 
 470 子規  桃の如く肥えて可愛や目口花 
 471 子規  病床の我に露ちる思ひあり 
 472 子規  土一塊牡丹いけたる其下に 
 473 子規  筍哉虞美人草の蕾哉 
 474 子規  糞つまりならば卯の花くだしませ 
 475 子規  竹の子も鳥の子も只やすやすと 
 476 子規  鳥の巣も頼むや子安観世音 
 477 子規  鳥の親に中将湯や糞づまり 
 478 子規  菜種の実はこべらの実もくはずなりぬ 
 479 子規  活きた目をつゝきに来るか蠅の声 
 480 子規  蝸牛の頭もたけしにも似たり 
 481 子規  酒を煮る男も弟子の発句よみ 
 482 子規  昼蚊帳に乞食と見れば惟然坊 惟然坊:いぜんぼう 美濃国関里の産、広瀬氏安通が舎弟
 483 子規  罌栗さくや尋ねあてたる智月庵 罌栗:ひなげし
 484 子規  義仲寺へ乙州つれて夏花摘 
 485 子規  季斯伝を風吹かへす昼寝かな 
 486 子規  青嵐去来や来ると門に立つ 
 487 子規  村と話す維駒扇子取って傍に 維駒:これこま 黒柳維駒:くろやなぎこれこま
 488 子規  俳諧の仏千句の安居哉 安居:あんご それまで個々に活動していた僧侶たちが、一定期間、1か所に集まって集団で修行すること
 489 子規  団扇二ツ角と雪とを画きけり 
 490 子規  柿の花散るや仕官の暇無き 
 491 子規  粛山のお相手探し昼一斗 粛:しゅく 静まり返っているさま
 492 子規  破団扇夏も一炉の備哉 
 493 子規  この祭いつも卯の花くだしにて 
 494 子規  風板引け鉢植の花散る程に 
 495 子規  三尺の鯛生きてあり夏氷 
 496 子規  千本が一時に落花する夜あらん 
 497 子規  雀の子忠三郎も二代かな 
 498 子規  鳥の子の飛ぶ時親はなかりけり 
 499 子規  陽炎や日本の土に殯 殯:かりもがり 日本古代の葬制。本格的に埋葬するまでの間,遺体をひつぎに納めて 喪屋内に安置または仮埋葬して近親の者が諸儀礼を尽くして幽魂を慰める習俗
 500 子規  糸瓜サヘ仏ニナルゾ後ルゝナ 
 501 子規  朝顔ノシボマヌ秋トナリニケリ 
 502 子規  朝皃ヤ絵ノ具ニジンデ絵ヲナサズ 朝皃:あさがお
 503 子規  芙蓉ヨリモ朝顔ヨリモウツクシク 
 504 子規  棚ノ糸瓜思フ処ヘブラ下ル 
 505 子規  真心ノ虫喰ヒ栗ヲモラヒケリ 
 506 子規  秋ノ蝉叩キ殺セト命ジケリ 
 507 子規  ツクヅクト我影見ルヤ虫ノ声 
 508 子規  秋海棠ニ鋏ヲアテルコト勿レ 
 509 子規  柿くふも今年ばかりと思ひけり 
 510 子規  蛇のから何を力に抜け出でし 
 511 子規  九月蝉椎伐ラバヤト思フカナ 
 512 子規  人問ハゞマダ生キテ居ル秋ノ風 
 513 子規  馬の尾に仏性ありや秋の風 
 514 子規  マハシ著ケテ子供角力ノ並ビケリ 著ケ:つけ 並ビ:ならび
 515 子規  病人の息たえだえに秋の蚊帳 
 516 子規  氷噛ンデ毛穴ニ秋ヲ覚エケリ 
 517 子規  風吹いて花びら動く牡丹かな 
 518 子規  故郷に桃咲く家や知らぬ人 
 519 子規  蛇穴を出て人間を恐れけり 
 520 子規  鯉の背に春水そゝぐ盥かな 盥:たらい
 521 子規  氷解けて水の流るゝ音すなり 
 522 子規  春深く腐りし蜜柑好みなり 
 523 子規  年玉を並べて置くや枕もと 
 524 子規  大三十日愚なり元日猶愚也 
 525 子規  六尺の緑枯れたる芭蕉哉 
 526 子規  乹鮭に目鼻つけたる御姿 乹鮭:乾鮭
 527 子規  書きなれて書きよき筆や冬籠 
 528 子規  凍筆をホヤにかざして焦しけり 
 529 子規  薔薇の香の粉々として眠られず 粉々:ぷんぷん
 530 子規  竹の子の子の子もつどふ祝哉 
 531 子規  鐘の音の輪をなして来る夜長哉 
 532 子規  春雨や裏戸明け来る傘は誰 
 533 子規  伏して念ふ雛の如き御契 念ふ:おもふ
 534 子規  長病の今年も参る雑煮哉 
 535 子規  大なるやはらかき柿を好みけり 
 536 子規  五女ありて後の男や初幟 
 537 子規  さそはれし妻を遣りけり二の替 二の替:にのかわり 京坂で、歌舞伎の陰暦正月の狂言のこと
 538 子規  初暦五月の中に死ぬ日あり 
 539 子規  門松やわがほとゝぎす発行所 
 540 子規  芭蕉忌や芭蕉に媚びる人いやし 
 541 子規  着心の古き頭巾にしくはなし 
 542 子規  兎角して佝僂となりぬ冬籠 佝僂:くる クル病
 543 子規  おしろいは妹のものよ俗な花 
 544 子規  この頃の蕣藍に定まりぬ 蕣:あさがお
 545 子規  唐辛子からき命をつなぎけり 
 546 子規  ひとり寝の紅葉に冷えし夜もあらん 
 547 子規  月さすや碁をうつ人のうしろ迠 
 548 子規  ある僧の月も待たずに帰りけり 
 549 子規  水無月の山吹の花にたとふべし 
 550 子規  紅梅の莟のやうな拳哉 莟:つぼみ
 551 子規  藍壺に泥落したる燕哉 
 552 子規  豆腐屋の来ぬ日はあれど納豆売 
 553 子規  萩芒来年逢んさりながら 
 554 子規  萩咲て家賃五円の家に住む 
 555 子規  柿くはゞや鬼の泣く詩を作らばや 
 556 子規  ごてごてと草花植し小庭哉 
 557 子規  日まわりの花心がちに大いなり 
 558 子規  御仏に供へあまりの柿十五 
 559 子規  つり鐘の帯のところが渋かりき 
 560 子規  鹿を放ち向ふの森に鳴かせばや 
 561 子規  秋の雨荷物ぬらすな風ひくな 
 562 子規  見に行くや野分のあとの百花園 
 563 子規  吉原の太鼓聞こゆる夜寒哉 
 564 子規  林檎くふて又物写す夜半哉 
 565 子規  山風や桶浅く心太動く 
 566 子規  君を送りて思ふことあり蚊帳に泣く 
 567 子規  長安の市に日永し売ト者 
 568 子規  雪の家に寝て居ると思ふ許にて 
 569 子規  雪ふるよ障子の穴を見てあらば 
 570 子規  小夜時雨上野を虚子の来つゝあらん 
 571 子規  しぐるゝや蒟蒻冷えて臍の上  蒟蒻:こんにゃく 臍:へそ
 572 子規  三十にして我老いし懐炉哉 
 573 子規  垢すりになるべく糸瓜愚也けり 
 574 子規  行く年を母すこやかに我病あり 
 575 子規  三日月の頃より肥ゆる子芋哉 
 576 子規  酒のあらたならんよりは蕎麦のあらたなれ 
 577 子規  砂の如き雲流れ行く朝の秋 
 578 子規  我心蠅一匹に狂わんとす 
 579 子規  連翹に一閑張の机かな 連翹:れんぎょう 一閑張:いっかんばり 紙漆細工のこと
 580 子規  今年又花散る四月一二日 従弟の藤野古白の命日
 581 子規  春雨のわれまぼろしに近き身ぞ 
 582 子規  春風にこぼれて赤し歯磨粉 
 583 子規  朧夜や女盗まんはかりごと 
 584 子規  なにがしの忌日ぞけふは冴え返れ 
 585 子規  今年はと思ふことなきにしもあらず 
 586 子規  元日の人通りとはなりにけり 
 587 子規  舞ひながら渦に吸はるゝ木葉哉 
 588 星野立子  遊びたる昨日は遠き二日かな 
 589 一茶  水鳥のどちにも行かず暮にけり 
 590 星野立子  この旅の思ひ出波の浮寝鳥 
 591 山口青邨  冬の田の鴉たたかふさま遠く  
 592 山口青邨  吸入の妻が口開けあほらしや 
 593 飯田蛇笏  芋喰ふや大口あいていとし妻 
 594 子規  初芝居見て来て曠著いまだ脱がず 曠著:曠着 はれぎ
 595 子規  我病みて冬の蠅にも劣りけり 
 596 子規  峠より人の下り来る吹雪哉 
 597 子規  煤払や神も仏も草の上 
 598 子規  馬の尻に行きあたりけり年の市 
 599 子規  漱石が来て虚子が来て大三十日 
 600 子規  摺小木やおおつごもりを掻き廻す 
 601 子規  ほろほろとぬかごこぼるゝ垣根哉 
 602 子規  夏の穂のこゝを叩くなこの墓を 
 603 子規  啼きながら蟻にひかるゝ秋の蝉 
 604 子規  我死なで君生きもせで秋の風 
 605 子規  戸口まで送って出れば星月夜 
 606 子規  秋風や生きてあひ見る汝と我 
 607 子規  月の座や人さまさまの影法師 
 608 子規  月ならば二日の月とあきらめよ 
 609 子規  同じ事を廻燈籠のまはりけり 
 610 子規  秋三月馬鹿を尽して別れけり 
 611 子規  行く秋の我に神無し仏無し 
 612 子規  秋立てば淋し立たねばあつくるし 
 613 子規  若竹や豆腐一丁米二合 
 614 子規  柿の花土塀の上にこぼれけり 
 615 子規  鳴きやめて飛ぶ時蝉のみゆる也 
 616 子規  夏山にもたれてあるじ何を詠む 
 617 子規  夕立ちや砂に突き立つ青松葉 
 618 子規  この二日五月雨なんど降るべからず 
 619 子規  絶えずしも白雲おこる氷室哉 
 620 子規  すゞみがてら君を送らんそこら迠 
 621 子規  夏羽織われをはなれて飛ばんとす 
 622 子規  うれしさに涼しさに須磨の恋しさに 
 623 子規  短夜を眠がる人の別れかな 
 624 子規  短夜や一寸のびる桐の苗 
 625 子規  菜の花の四角に咲きぬ麦の中 
 626 子規  行かばわれ筆の花散る処まで 
 627 子規  出陣や桜見ながら宇品迠 
 628 子規  春の月枯木の中を上りけり 
 629 子規  大国の山皆低きかすみ哉 
 630 子規  日本のぽっちり見ゆる霞哉 
 631 子規  畑打ちよこゝらあたりは打ち残せ 
 632 子規  無病なる人のいたがる二日灸 
 633 子規  春や昔古白といへる男あり 
 634 子規  石手寺へまはれば春の日暮れたり 
 635 子規  霜の夜や赤子に似たる猫の声 
 636 子規  凩の中より月の升りけり 
 637 子規  箒さはる琴のそら音や冬籠り 
 638 子規  冬の日の苅田のはてに暮れんとす 
 639 子規  鶏頭や油ぎったる花の色 
 640 子規  朝顔や入谷あたりの只の家 
 641 子規  団栗や屋根をころげて手水鉢 
 642 子規  我袖に来てはね返る螽かな 螽:いなご
 643 子規  秋の蝉子にとらるゝもあはれ也 
 644 子規  生きて帰れ露の命と言ひながら 
 645 子規  幅広き葉を流れけり朝の露 
 646 子規  砧打てばほろほろと星のこぼれける 砧:きぬた 洗濯した布を生乾きの状態で台にのせ、棒や槌でたたいて柔らかくしたり、皺をのばすための道具
 647 子規  わきかへる藪蚊の中や家一つ 
 648 子規  桜咲てお白粉売りや紅粉売や 
 649 子規  観音の大悲の桜咲きにけり 
 650 子規  行く人の霞になってしまひけり 
 651 子規  大仏に草餅あげて戻りけり 
 652 子規  鳥の声春は緑に暮れて行 
 653 子規  冬枯や大きな鳥の飛んで行く 
 654 子規  寒ければ木の葉衣を参らせん 
 655 子規  あの中に鬼やまじらん寒念仏 
 656 子規  寒さうに母の寝給ふ蒲団哉 
 657 子規  薪をわるいもうと一人冬籠 
 658 子規  一ツ目も三つ目も光る寒さ哉 百鬼夜行の図
 659 子規  蕣に今朝は朝寝の亭主あり 蕣:あさがお
 660 子規  冬の日の筆の林に暮れて行く 
 661 子規  秋の蚊や死ぬる覚期でわれを刺す 
 662 子規  秋の蠅二尺のうちを立ち去らず 
 663 子規  秋の蠅叩かれやすく成にけり 
 664 子規  秋風の吹きひろげけり川の幅 
 665 子規  稲妻をしきりにこぼす夕哉 
 666 子規  天の川高燈籠にかゝりけり 
 667 子規  笠の端に山かさなりて秋の風 
 668 子規  うれしさや七夕竹の中を行く 
 669 子規  花のあとにはや見えそむる胡瓜哉 
 670 子規  藍干や一筋あけてはいり口 
 671 子規  牡丹咲て美人の鼾聞えけり 
 672 子規  墓は皆涼しさうなり杉木立 
 673 子規  梅のみの落て黄なるあり青きあり 
 674 子規  水馬流れんとして飛び返る 水馬:あめんぼう
 675 子規  一雨にのびるや鹿のふくろ角 
 676 子規  蘆原の中に家あり行々子 行々子:ぎょうぎょうし ヨシキリのこと
 677 子規  夏川や水の中なる立ち咄し 
 678 子規  静かさは砂吹きあぐる泉哉 
 679 子規  岩つかみ方手に結ぶ清水哉 
 680 子規  其底に木葉年ふる清水哉 
 681 子規  夕立ちにうたるゝ鯉のかしらかな 
 682 子規  心太水にもならず明けにけり 
 683 子規  正宗の眼もあらん土用干 
 684 子規  幟たてゝ嵐のほしき日なりけり 
 685 子規  猶熱し骨と皮とになりてさえ 
 686 子規  雨折々あつさをなぶる山家哉 
 687 子規  犬の子の草に寝ねたる熱さ哉 
 688 子規  ぐるりからいとしがらるゝ熱さ哉 
 689 子規  ずんずんと夏を流すや最上河 
 690 子規  風吹て山吹蝶をはね返し 
 691 子規  山吹や人形かわく一むしろ 
 692 子規  野辺の草草履の裏に芳しき 
 693 子規  爼板に鱗ちりしく桜鯛 
 694 子規  白魚や惋の中にも角田川 
 695 子規  から臼に落て消たる雲雀哉 
 696 子規  鶯より鶯多き根岸哉 
 697 子規  鶯や朝寝を起こす人もなし 
 698 子規  草の戸や春ををしみに人のくる 
 699 子規  紙雛や恋したさうな顔許り 
 700 子規  万歳や黒き手を出し足を出し 
 701 子規  鶯や東よりくる庵の春 
 702 子規  菜の花や利休の像を床の上 
 703 蕪村  うづみ火や終には煮ゆる鍋のもの 終:つひ
 704 川端茅舎  漬ゆるまで柿は机上に置かれけり 漬ゆる:つゆる
 705 蕪村  茂山やさては家ある柿若葉 茂山:しげやま
 706 子規  つり鐘の蔕のところが渋かりき 蔕:へた
 707 子規  ものゝふの河豚にくはるゝ悲しさよ 
 708 子規  蓮の露ころがる度にふとりけり 
 709 子規  茗荷よりかしこさうなり茗荷の子 
 710 子規  手の内に蛍つめたき光かな 
 711 子規  金時も熊も来てのむ清水哉 
 712 子規  白無垢の一竿すゞし土用干 
 713 子規  大仏にはらわたのなき涼しさよ 
 714 子規  蛍狩袋の中の闇夜かな 
 715 子規  鹿の角ふりむく時に落にけり 
 716 子規  秋に形あらば糸瓜に似たるべし 
 717 子規  秋風やはりこの亀のぶらんぶらん 
 718 子規  白魚や氷の中に生れけむ 
 719 子規  我宿にはいりさう也昇る月  
 720 子規  菜の花やはつとあかるき町はつれ 
 721 子規  柿くふや道灌山の婆が茶屋 
 722 虚子  野に遊ぶ金米糖をおてのくぼ 
 723 夏目漱石  秋風のひとりを吹くや海の上 
 724 原石鼎  夜のかなた甘酒売りの声あはれ 
 725 虚子  つぷしたる苺流るる乳の中 
 726 河東碧梧桐  乳鉢に紅すりつぶすいちごかな 
 727 子規  いちごとる手もとを群山走りけり 
 728 子規  まだ青きいちごや花の咲き残り 
 729 子規  葉かくれに小さし夏の桜餅 
 730 原石鼎  蝶の影二つとなりし土筆かな 
 731 子規  病床を三里離れて土筆取 
 732 子規  看病や土筆摘むのも何年目 
 733 渡辺水巴  どれもどれも淋しう光る小蕪かな 
 734 子規  たんほゝをちらしに青む春野哉 
 735 子規  長閑さや障子の穴に海見えて 
 736 子規  蜩や椎の實ひろふ日は長き 
 737 子規  草も木も竹も動くやけさの秋 
 738 子規  山々は萌黄淺黄やほとゝきす 
 739 子規  一日の旅路しるきや蝸牛 
 740 子規  春の月一重の雲にかくれけり 
 741 子規  山の花下より見れば花の山 
 742 山口青邨  柊を挿すひびも古り軒柱 
 743 水原秋櫻子  古りし宿柊挿すをわすれざり 
 744 水原秋櫻子  俄か寒おでん煮えつつゆるびけり 
 745 水原秋櫻子  落ち葉焚くけむりまとひて人きたる 
 746 石原八束  橇去りてより鈴きこゆ木魂とも 
 747 水原秋櫻子  柴漬や古利根今日の日を沈む 
 748 蕪村  葱買うて枯木の中を帰りけり 
 749 高野素十  枯れ果てし真菰の水や日い短か 
 750 久保田万太郎  波白き海の極月来りけり 
 751 鷹羽狩行  枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 
 752 子規  吹きたまる落葉や町の行き止り 
 753 鷹羽狩行  鉄橋を一塊として虎落笛 
 754 鈴木真砂女  東京をふるさととして菊膾 
 755 蕪村  村百戸菊なき門も見えぬかな 
 756 松本たかし  沈丁の香を吐きつくしありしかな 
 757 蕪村  ひつぢ田の案山子もあちらこちらむき 
 758 富安風生  今日も見る昨日の道の穴惑 
 759 中村汀女  秋雨の瓦斯が飛びつく燐寸かな 
 760 森澄雄  弥彦より尾を引きて飛ぶ夜這星 夜這星:流れ星のこと
 761 子規  中天に並ぶ巌あり霧の奥 
 762 原石鼎  かんなづき月は軒端にありながら 
 763 山口青邨  藁の栓してみちのくの濁酒 
 764 加藤楸邨  秋刀魚焼く匂ひの底へ日は落ちぬ 
 765 河東碧梧桐  燕去んで部屋部屋ともす夜となりぬ 
 766 虚子  力なく毛見のすみたる田を眺め 毛見:けみ 検見 けんみ 田畑の立毛(たちげ)(農作物)を見分・坪刈りし,作柄に応じて租税を決定すること。
 767 一茶  吾木香さし出て花のつもりかな 吾木香:われもこう
 768 鷹羽狩行  爽やかや風のことばを波が継ぎ 
 769 芭蕉  白露もこぼさぬ萩のうねりかな 
 770 鷹羽狩行  昼は日を夜は月をあげ大花野 
 771 渡辺水巴  望の月雨を尽くして雲去りし 
 772 星野立子  下萌えて土中に楽のおこりたる 
 773 高野素十  端居してただ居る父の怖ろしき 
 774 一茶  栖より四五寸高きしをにかな 栖:ねぐら。鳥の巣  しをに:紫苑 草の名。秋、長い茎の上部に薄紫色の花が密集して咲く 花を見ると心に思ったことを忘れないという。思い草。鬼の醜草(しこぐさ)
 775 阿波野青畝  手触れなば裂けむ桔梗の蕾かな 
 776 向井去来  稲妻のかきまぜて行く闇夜かな 
 777 大野林火  足許にゆふぐれながら韮の花 
 778 星野立子  年の瀬の忙しといひつ遊ぶなり 
 779 石田八束  一振りのあと鈴虫のしぐれ啼き 
 780 原石鼎  霍乱のさめたる父や蚊帳の中 霍乱:日射病のこと。ふだんきわめて健康な人が珍しく病気になることのたとえ。
 781 石原八束  夕凪ぎて原子禍の町音絶えし 
 782 蕪村  静けさや清水ふみわる武者草鞋 草鞋:わらじ
 783 蕪村  静けさに堪へて水澄む田にしかな 
 784 石原八束  人去りしほほづき市のさびれ雨 
 785 向井去来  こけざまにほうと抱ゆる西瓜かな 
 786 飯田蛇笏  形代やたもとかはして浮き沈み 
 787 加藤楸邨  青き胡瓜ひとり噛みたり酔さめて 
 788 鷹羽狩行  空蝉のなほ苦しみを負ふかたち 
 789 子規  紫陽花やはなだにかはるきのふけふ 
 790 久保田万太郎  どぜう汁神輿待つ間にすゝりけり 
 791 能村登四郎  ごきぶりを打ち損じたる余力かな 
 792 芭蕉  掬ふよりはや歯にひびく泉かな 
 793 富安風生  書淫の目あげて卯の花腐しかな 書淫:しょいん 読書にふけること。非常に書物が好きなこと  腐し:くだし くたし
 794 子規  美服して牡丹に媚びる心あり 
 795 蕪村  燭の火を燭にうつすや春の夕 
 796 渡辺水巴  海苔掻は他を見ず岩を見て去りぬ 
 797 子規  裏溝やお玉杓子の水ぬるむ 
 798 富安風生  かげろふと字にかくやうにかげろへる 
 799 虚子  日に酔ひて死にたる如し日向ぼこ 
 800 蕪村  梅咲きぬどれがむめやらうめぢゃやら 
 801 夏目漱石  落ちざまに虻を伏せたる椿かな 
 802 虚子  海女とても陸こそよけれ桃の花 
 803 子規  海松刈る君が姿ぞなつかしき 海松:みるめ
 804 森澄雄  天女より人女がよけれ吾亦紅 
 805 渡辺水巴  新月の光めく鮎寂しけれ 
 806 中村汀女  風鈴のもつるるほどに涼しけれ 
 807 虚子  ががんぽの脚の一つが悲しけれ 
 808 鷹羽狩行  大寒といふ一枚の落し蓋 
 809 蕪村  宿かせと刀投げ出す雪吹かな 
 810 竹下しづの女  書初やおさなおぼえの万葉歌 
 811 山口青邨  ほんだはらなのりそといふ名はいとし 
 812 中村汀女  年重ねきていやまさる初景色 
 813 山口青邨  春雨に鳥の古巣の濡るゝさま 
 814 山口青邨  草庵の塵掃き落す馬酔木かな 
 815 山口青邨  摘草や土筆全くのびにけり 
 816 山口青邨  初凪や波に戯れ二少年 
 817 星野立子  すぐあとに日のさしてくる時雨かな 
 818 星野立子  戸を繰れば欅落葉の一しきり 
 819 星野立子  烈風に花一房の落花かな 
 820 星野立子  軒下に雨よけて見る牡丹かな 
 821 星野立子  水引にひつかゝりたる芙蓉かな 
 822 星野立子  椋鳥の群落しゆく木の実かな 
 823 星野立子  今落ちしばかりの葛は赤きかな 
 824 星野立子  古家の屋根より高き大芭蕉 
 825 星野立子  遙かなる新樹の中に塔二つ 
 826 星野立子  おほばこの花の影あり草の上 
 827 星野立子  睡蓮の泥まみれなる浮葉かな 
 828 星野立子  吹き立ちし睡蓮の葉しづまりぬ 
 829 山口青邨  野分繚乱美しきもの疲れたり 
 830 山口青邨  ドラム罐くづるる如し野分濤濤 
 831 山口青邨  わが庭の猪も出づべく野分吹く 
 832 山口青邨  こんぶてふ駅に野分の残りをり 
 833 子規  星飛んであとは淋しき野分哉 
 834 子規  押しつける大竹原の野分哉 
 835 子規  峠より眞下におろす野分哉 
 836 子規  山鳥の尾を吹かれたる野分哉 
 837 子規  大鳴門野分のあとの靜かなり 
 838 子規  大道の人吹きちらす野分かな 
 839 子規  大石の山道ふさぐ野分かな  
 840 子規  大木の道に倒るゝ野分哉 
 841 子規  大佛を一夜寐させぬ野分哉 
 842 子規  傘一ツあつかひかぬる野分哉 
 843 子規  はねかえす野分のあとの薄哉 
 844 子規  すさましや野分の塔のきしる音 
 845 子規  すごすごと月さし上る野分哉 
 846 子規  しづしづと野分のあとの旭かな 
 847 子規  さりげなき野分の跡やふしの山 
 848 子規  くたびれて野分のあとの草木哉 
 849 子規  あら鷲の吹きかへさるゝ野分哉 
 850 子規  せんつばや野分のあとの花白し 
 851 蕪村  不尽一つ埋み残して若葉かな 不尽:ふじ
 852 蕪村  絶頂の城たのもしき若葉かな 
 853 子規  夏帽の対なるをかぶり二三人 
 854 子規  潮あびる裸の上の藁帽子 
 855 子規  夏帽の白きをかぶり八字髯 
 856 蕪村  さみだれや田ごとの闇と成にけり 成:なり
 857 子規  書に倦みて燈下に柿をむく半夜 
 858 子規  夜を寒み背骨のいたき机かな 
 859 子規  夜を寒み俳書の山の中に座す 
 860 子規  歌書俳書紛然として昼寝哉 
 861 子規  柿落ちて犬吠ゆる奈良の横町かな 
 862 河東碧梧桐  乳あらはに女房の単衣襟浅き 
 863 河東碧梧桐  葉鶏頭と鶏頭とある垣根かな 
 864 子規  朧夜や悪い宿屋を立ち出づる 
 865 子規  柿赤く稲田みのれり塀の内 
 866 子規  渋柿やあら壁つゞく奈良の町 
 867 山口青邨  矢桶よりとつてたまはる破魔矢かな 
 868 原石鼎  咲きのこる薔薇の花壇に夕立かな 
 869 山口青邨  縁台を濡らして過ぎし夕立かな 
 870 山口青邨  病葉をおとしおとして梅古木 
 871 山口青邨  草を焼く煙流れて梅白し 
 872 山口青邨  天高く畑打つ人や奥吉野 
 873 山口青邨  大木の一枝垂れて芽ぐみたる 
 874 山口青邨  雑炊もみちのくぶりにあはれなり 
 875 山口青邨  牡丹の芽に雪が降る雨が降る 
 876 山口青邨  雪の野のふたりの人のつひにあふ 
 877 山口青邨  一面の露一面の野菊かな 
 878 山口青邨  白き花一枚敷ける新樹かな 
 879 山口青邨  餅花を飾れば書屋山家めき 
 880 山口青邨  福笹をかつげば肩に小判かな 
 881 山口青邨  餅花や夕月はやも軒の端に 
 882 鈴木真砂女  なりはいや鰺を叩くに七五調 
 883 鈴木真砂女  来てみれば花野の果ては海なりし 
 884 能村登四郎  子にみやげなき秋の夜の肩車 
 885 虚子  やり羽子や油のやうな京言葉 
 886 村上鬼城  痩馬にあはれ灸や小六月 灸:やいと
 887 松本たかし  外の面より煙這入り来秋の風 這入り:はいり
 888 星野立子  一山をおほへる葛に秋の風 
 889 虚子  せはしなく暮れ行く老の短き日 
 890 鈴木真砂女  鰯雲鰯いよいよ旬に入る 
 891 渡辺水巴  うそ寒の身をおしつける机かな 
 892 秋元不死男  やや寒の頬突いて出す紫煙の輪 
 893 星野立子  水澄みて水澄みて人新たなり 
 894 長谷川素逝  いちまいの刈田となりてただ日なた 
 895 夏目漱石  日あたりや熟柿の如き心地あり 
 896 能村登四郎  何も言はず妻倚り坐る夜の秋 
 897 能村登四郎  寡作なる人の二月の畑仕事 
 898 能村登四郎  咳了へてほのかに来る人の息 
 899 能村登四郎  鳥食に似てひとりなる夜食かな 
 900 森澄雄  寒鯉を雲のごとくに食はず飼ふ 
 901 森澄雄  向日葵や起きて妻すぐ母の声 
 902 森澄雄  水平ら安曇は空に田を植うる 
 903 森澄雄  白梅に昔むかしの月夜かな 
 904 森澄雄  さるすべり美しかりし与謝郡 
 905 能村登四郎  暁紅に露の藁屋根合掌す 
 906 星野立子  緑陰を流れ出て来る水迅し 
 907 松本たかし  金粉をこぼして火蛾やすさまじき 
 908 加藤楸邨  雉子の眸のかうかうとして売られけり 
 909 日野草城  春の灯や女は持たぬのどぽとけ 
 910 阿波野青畝  葛城の山懐に寝釈迦かな 
 911 山口誓子  ピストルがプールの硬き面にひびき  
 912 虚子  夏行とは句を作ること選むこと 
 913 虚子  夜話遂に句会となりぬリラの花 
 914 鷹羽狩行  春雷や岬はひしと湾を抱き 
 915 加藤楸邨  落葉松はいつめざめても雪降りをり 
 916 藤田湘子  あめんぼと雨とあめんぼと雨と 
 917 一茶  亡母や海見る度に見る度に 亡母:なきはは
 918 芭蕉  世にふるもさらに宗祇のやどり哉 宗祇:そうぎ 室町時代の連歌師
 919 富安風生  赤富士を終へし枕を返しけり 
 920 富安風生  赤富士を見よともろ鳥告げわたる 
 921 富安風生  赤富士に針葉の露団々と 
 922 富安風生  赤富士に万籟を絶つ露の天 万籟:ばんらい 種々のものが風に吹かれて立てる音。すべての物音。
 923 飯田蛇笏  万緑になじむ風鈴昼も夜も 
 924 橋本多佳子  万緑やおどろきやすき仔鹿ゐて 
 925 山口青邨  万緑の中さやさやと楓あり 
 926 加藤楸邨  寂として万緑の中紙魚は食ふ 
 927 石田波郷  万緑を顧みるべし山毛欅峠 山毛欅:ぶな
 928 石田波郷  万物に女の浴身さんらんと 
 929 虚子  万緑の万物の中大仏 
 930 加藤楸邨  天の川鷹は飼はれて眠りおり 
 931 芭蕉  数ならぬ身となおおもひそ玉祭 
 932 石田波郷  七夕竹借命の文字隠れなし 
 933 虚子  路のべに阿波の遍路の墓あはれ 
 934 星野立子  雛飾りつゝふと命惜しきかな 
 935 橋本多佳子  月光にいのち死にゆくひとと寝る 
 936 虚子  東山静かに羽子の舞ひ落ちぬ 
 937 阿波野青畝  葛飾の山懐に寝釈迦かな 
 938 水原秋櫻子  葛飾や桃の籬も水田べり 籬:まがき 竹や柴などで目を粗く編んだ垣根
 939 原石鼎  蔓踏んで一山の露動きけり 
 940 村上鬼城  治聾酒の酔ふほどもなくさめにけり 治聾酒:じろうしゅ 春の社日(立春から第五の戌の日)に飲む酒。この日に酒を飲むと聾が治るといわれている。
 941 渡辺水巴  白日は我が霊なりし落葉かな 
 942 虚子  この池の生々流転蝌蚪の紐 
 943 虚子  茎右左往菓子器のさくらんぼ 
 944 虚子  而して蠅叩さへ新しき 而して:しこうして それにしても 新婚家庭の様子
 945 一茶  雪とけて村一ぱいの子どもかな 
 946 各務支考  馬の耳すぼめて寒し梨の花  
 947 宝井其角  小傾城行きてなぶらん年の暮 
 948 一茶  花の陰寝まじ未来が恐しき 
 949 一茶  瓜西瓜ねんねんころりころり哉 
 950 一茶  ふらんどや桜の花をもちながら ふらんど:ぶらんこ
 951 蕪村  しら梅や誰むかしより垣の外 誰;たが
 952 蕪村  夏河を越すうれしさよ手に草履 
 953 芭蕉  櫓の声波をうって腸氷る夜や涙 腸:はらわた
 954 蕪村  凧きのふの空のありどころ 凧:いかのぼり
 955 向井去来  凩の地にも落さぬしぐれ哉 
 956 芥川龍之介  蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな 
 957 鷹羽狩行  寸鉄のヘアピンを挿し炎天へ 
 958 子規  咲き満ちてこぼるゝ花もなかりけり 
 959 鷹羽狩行  怒るとき生あざやかに白絣 
 960 川端茅舎  芋腹をたゝいて歓喜童子かな 
 961 石田波郷  よろめきて孤絶の蚊帳をつらんとす 
 962 富安風生  街の雨鶯餅がもう出たか 
 963 高野素十  雁の声のしばらく空に満ち 
 964 野沢凡兆  時雨るるや黒木つむ屋の窓明り 
 965 阿部みどり女  リラに鼻つけて踝をかへしけり 踝:きびす
 966 阿部みどり女  物言はぬ独りが易し胡瓜もみ 
 967 阿部みどり女  春夜の子起しておけばいつまでも 春夜:しゅんや
 968 阿部みどり女  ざらざらと櫛にありけり花ぼこり 
 969 各務支考  はぜ釣や角前髪の上手がほ 
 970 各務支考  一は闇二は月かけの華表かな 
 971 各務支考  柿ぬしの野分かゝえて旅ねかな 
 972 阿部みどり女  光陰は竹の一節蝸牛 一節:ひとふし
 973 阿部みどり女  黄を尽したんぽぽ絮となりにけり 絮:わた
 974 阿部みどり女  幻のまぶたにかへる春の闇 
 975 阿部みどり女  まなうらは火の海となる日向ぼこ 
 976 阿部みどり女  月下美人あしたに伏して命あり 
 977 阿部みどり女  夢に見し人遂に来ず六月尽く 
 978 秋元不死男  口中へ涙こつんと冷やかに 
 979 秋元不死男  卒業や楊枝で渡すチーズの旗 
 980 秋元不死男  瀬の岩へ跳んで錢鳴る二月盡 
 981 秋元不死男  煌々と夏場所終りまた老ゆる 
 982 秋元不死男  礁打つ浪に八月傷むかな 
 983 秋元不死男  鳥渡るこきこきこきと罐切れば 
 984 秋元不死男  七夕やまだ指折つて句をつくる 
 985 秋元不死男  蝿生れ早や遁走の翅使ふ 
 986 秋元不死男  縛されて念力光る兜虫 
 987 秋元不死男  靴裏に都会は固し啄木忌 
 988 秋元不死男  ちらと笑む赤子の昼寝通り雨 
 989 秋元不死男  終戦日妻子入れむと風呂洗ふ 
 990 高野素十  年酒酌むふるさと遠き二人かな 
 991 阿波野青畝  汝の年酒一升一升又一升 
 992 阿波野青畝  土用鰻店ぢゆう水を流しをり 
 993 阿波野青畝  折りかへすマラソンに散る柳かな 
 994 阿波野青畝  畑打つや土よろこんでくだけけり 
 995 阿波野青畝  我老いて柿の葉鮓の物語 
 996 阿波野青畝  息白き子のひらめかす叡智かな 
 997 阿波野青畝  ゐのししの鍋のせ炎おさへつけ 
 998 阿波野青畝  爪に火をともす育ちの老の春 
 999 阿波野青畝  襖除り杜鵑花あかりに圧されけり ふすまとりさつきあかりにおされけり
 1000 阿波野青畝  居酒屋の灯に佇める雪だるま 
 [1/9] 

   ページのトップへ戻る   俳句メニュー